「笑点」の名物「大喜利」座布団10枚での豪華賞品って??

♪チャッチャラ ンチャララ チャッチャッ♪と聴いて知らない人はいないくらい、日本の看板番組である「笑点」は2016年で放送開始から50年を迎えた大長寿番組です。
いつも必ず見てる方、時々見る方、あまり見ない方などなど、様々かと思いますが番組後半の「大喜利」での座布団は特に有名ですよね。この座布団、10枚達成の場面、リアルタイムで見ていた方は、意外と少ないかと・・・。

スポンサーリンク

そこでここでは座布団10枚達成の歴史とその時に貰える豪華賞品について、紐解いてみたいと思います。

大喜利・座布団の歴史

1966年(昭和41年)5月からスタートした笑点。
大喜利では司会者が3問出題し、挙手制で、指名された方がトンチや世相を反映した答えを返し、良い答えには座布団を1枚(2枚やそれ以上の場も!!)貰う事ができ、悪い答えだと座布団を没収されます。
全ては司会者の独断と気分と腕の中。1見事座布団10枚獲得すると、その時々のキーワードやことわざに因んだ「ものすごい豪華賞品」が贈呈されます。
しかし、そこは一流の落語家さんの舞台、座布団9枚になり、あと1枚!という時に、しょうもない回答をして、全部没収されることも多々あり、これがまた観ている私たちを離さない理由の一つになっているような気がします。

座布団10枚達成した歴代の落語家さんと贈呈された賞品

text_warai

そんなで一番最初の商品は、なんと1966年「香港に行って餃子が食べられる」という権利で桂歌丸さんと柳亭小痴楽(りゅうてい こちらく)さんが獲得しました。

しかしながら当時の番組には香港に行く予算などなかったのですが、たまたまその話を聞いた船会社から香港までの船のチケット2名分を番組に提供していただき(50年前ですのでかなり高額だったと思われます。)

そのおかげで、晴れてお二人は10日間の香港の船旅を楽しんだそうです。
当時の映像の記録は無く写真のみ翌年(1967年)の笑点で紹介されたそうです(笑)

座布団10枚達成者が出るのは年に2~3回と、決して多くはありません。
50年間数々の名だたる落語家さん達が豪華賞品を獲得しています。
その中でもとてもユニークな賞品だった回をいくつかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

いままでの面白かった賞品!!

座布団10枚達成者が出るのは年に2~3回と、決して多くはありません。
50年間数々の名だたる落語家さん達が豪華賞品を獲得しています。
その中でもとてもユニークな賞品だった回をいくつかご紹介したいと思います。

2003年 桂歌丸さん「似たもの夫婦」を獲得

賞品は「煮込みうどん」、煮たものをフーフーして食べることからこの賞品になりました。

2003年 再び桂歌丸さんが「三顧の礼」を獲得

賞品は1000円札三枚の合計3000円、三個の0(レイ)が付いているとのことから この賞品になりました。

2006年 林家たい平さんが「少年よ、大志を抱け」を獲得

賞品は「タイの石」でした。大志とたい平さんとタイを掛け合わせた見事な賞品ですね。

2006年 三遊亭好楽さんが「芸は身を助く」を獲得

この年大ブレイクのレイザーラモンHGの衣装に着替えさせられるという賞品でした。
ゲイは身を助ける、からきたようですね。

2008年 春風亭昇太さんが「耳をすませば」を獲得

ジブリの名作の一つの耳をすませばに因んで、この回の商品は三遊亭圓楽師匠の笑い声が聞こえてくる“お守り袋”でした。

2013年 三遊亭小遊三さんが「日本テレビ開局60周年に因んだものすごい賞品」

獲得したものすごい賞品とは・・・同年行われていた「汐博」のアトラクション「幸せを呼ぶ歌丸スライダー」の一部分である桂歌丸師匠の巨大な人形でした。

2014年 三遊亭好楽さんが「銀の匙(さじ)」を獲得

この時の商品はスケールが大きいです。日本テレビの社員食堂のメニューが“死ぬまで無料”で食べられるというカードを贈呈されました。
しかもこのカードは家族や一門を同行させてもOKという、実に太っ腹なものでした。
しかしここにもちゃんとオチはありまして、このカードが横幅1メートルという巨大サイズのカード!とても持ち歩ける代物ではなかったのです。利用しているかどうかは定かではありません・・・。

と、このように、全ては「ダジャレ」からきている賞品です。実は豪華賞品でないことは、メンバーもお客様も昔から百も承知です。

まとめ

それでも座布団10枚目指して、毎週奮闘する落語家さん、面白さを引き出し続けている歴代のそうそうたる司会者の方々。
観ていて飽きない秘訣は「真面目さ」と観ている人たちを心から喜ばせたい、笑わせたい、という気持ちからなのではないでしょうか。

これからも長く、永く続けていってほしい、日本の誇りでもある番組ですね。
さてさて、次は誰が、どんな商品を獲得するのか、楽しみですね♪♪

笑点を観覧してみたい。応募の方法とまさかの秘策を公開!

2016.04.26
生でこの瞬間を目撃するには観覧するしかないでしょ!

スポンサーリンク