いよいよ始まる「都市ガス自由化」の仕組みやメリット・デメリットを解説!

電力自由化に続いて、2017年4月からは都市ガスの自由化も始まります。
電力自由化の時は、テレビでもたくさん取り上げられていましたが、ガス自由化はもしかしたら知らない人もいるのでは?

スポンサーリンク

都市ガス自由化とはどういうことなのか、自由化のメリット・デメリットはなにか、自由化によって今後どう変わるのか。
日本より一足先にガス自由化が始まった海外を例にしながらご紹介します。

都市ガスの自由化とは?

これまで引っ越しなどで新たにガス契約を結ぶとき、東京なら東京ガス、愛知なら東邦ガス。
といった具合に契約するガス会社は決まっていました。このように決まったガス会社がその地域の都市ガスを独占供給していました。

都市ガスの自由化が始まると携帯電話会社や、石油会社、鉄道会社、電力会社など多くの企業がガス会社として新規参入してきます。
そして都市ガスを使うすべての家で、自由にガス会社を選ぶことができるようになります。

都市ガスは、ガス管を通って各家庭にガスを供給していますよね。
このガス管は、今まで独占供給していたガス会社のものです。
自由化になると、このガス管が共同利用できるようになります。
新規参入したガス会社は、ガス管を持つ地域のガス会社に「託送料金」を払ってガス管を使います。

ですので、新たなガス管の工事もありません
また、ガス漏れなどガス管のトラブル時には、(新規参入したガス会社と新たに契約していても)地域のガス会社に連絡すると対処してもらえます。

自由化のメリット・デメリット

image2

都市ガスの自由化によって、独占供給で平穏だったガス業界には価格やサービスなどで激しい競争が起こります。これは私たちにどのようなメリット・デメリットをもたらすのでしょうか。

自由化のメリット

”絶対”そうなる!とは言えませんが自由化によって起こりうるメリットはこちら
ガス料金が安くなる

自由化で価格競争が起きると、他社より低価格でガスが提供できるよう企業はコスト削減に力を入れるようになります。実際自由化に向けて大阪ガスなどではすでに値下げが始まっています。

ガス料金プランが充実する

各ガス会社では、ガスの使用量に応じての定額プランや設備による割引、電気・通信とのまとめ割など様々な料金プランが用意されます。
ライフスタイルに合わせて、よりよいサービスを選べるようになります。

ガス供給が安定する

ガスの自由化に伴ってガス管の整備も進められます。都市ガスがまだ来ていない地域への供給も加速することでしょう。
また、ガス管同士の連結が進めば、災害時でのガス管のバックアップ機能も充実していきます。

 

しかし”絶対”とは言えない理由は欧米各国での様々な例があるためです。

自由化のデメリット

起こりうる可能性のあるデメリットは

ガス料金の価格が不安定に?

ガスの自由化はガス料金の値下げが期待できますが、価格の不安定化を招く恐れがあります。
ガスの原料である液化天然ガスの価格は日々変動します。

ガス料金も原料価格によって変動するようになるかもしれません

スポンサーリンク

ガス料金に対する自己責任も増える

選択肢がたくさんあるということは、それだけ選ばなくてはならないということです。
契約を変更するときには料金プランをよく調べてからにしないと、逆に損してしまうかもしれません。

都市部以外では受けられない料金プランなど、地域の差別化も増える

これから新規参入する多くの企業ではサービスの提供を、東京ガス・東邦ガス・大阪ガス・西部ガスのエリア内のみにとどめるようです。
せっかく自由化しても、主要エリア外では選択肢も少ない状況になりそうです。

自由化するとどう変わる?

image3

欧州では日本より早くガスの自由化がなされています。
自由化の先輩として自由化した後の変化を参考にしてみましょう!

安くなると思ったら高くなった!

イギリス・ドイツでは1998年に、イタリア・スペインでは2003年に都市ガスの全面自由化がされました。
これで家庭のガス料金も下がるかと思いきや、逆に軒並み上昇してしまいました。
今では、欧州のほとんどの国では上限価格を決めることで消費者が安心できる料金に収まりましたが、価格低下とまではなっていないのが現状です。

多様なプランの出現

イギリスでは「電気料金同時契約割引」や「再生エネルギープラン」。たくさん使う人向けに「定額プラン」や「上限付きプラン」。提携会社のサービスを使うとたまる「ポイント制」。お年寄り用に「高齢者向け割引プラン」などが登場しました。なんだか携帯電話の「○○割」みたいですね。

有料の比較サイトも出現

ドイツではガスの料金比較サイトが100以上存在します。
その中でも人気なのが「有料」の比較サイト「VERIVOX.de」です。
「VERIVOX.de」は公平かつ中立にユーザーにぴったりのガス会社を選んでくれて、契約の切り替えも行ってくれます。ユーザーにとって「乗り換え」がより気軽にできるようになりました。

小売り会社のシェアはどのくらい進んだ?

イギリスでは

自由化後の価格規制撤廃などを経て、ガス小売り市場のシェアは54%が占めるようになりました。現在も毎年10%の家庭が電気ガス会社を変更します。
フランスでは

自由化後も相変わらず国営会社GDFが市場を独占しているのが現状のようです。年間の契約変更も2%とイギリスと比べるとずっと少ないです。これはフランス国内にもともと競合相手となるようなエネルギーの企業が少なかったことも影響しているようです。

 

まとめ

どうやら自由化になるからとにかく料金が安くなる!というわけでもなさそうですね。
市場が活性化している国は、サービスやプランを沢山提供したり、比較サイトで契約変更が簡単にできるようになっていたりと消費者への工夫が沢山なされています。
また消費者も、積極的に行動してより良いサービスが受けられるよう行動しています。

ガスの自由化で低価格を実現させるためには、企業の努力はもちろん、私たちも積極的にガス会社を比較して料金プランを吟味することが大切なんですね♪

スポンサーリンク