かゆ~い!夏の大敵「あせも(汗疹)」の予防と対策!

じっとしていてもじっとり汗をかいてしまう高温多湿な日本の夏。
汗をかいた後そのままにしていたら、いつの間にかぶつぶつかゆ~いあせもが出来ちゃった・・・。

スポンサーリンク

そんな誰にでもある「夏の風物詩」のあせもですが、そもそもあせもはどうして出来てしまうのでしょう!?
大人より子供に多いあせもですが、その訳は?大人のあせもにも注意が必要?
あせもになる原因を知り、上手に対処して、かゆい夏を快適な夏に変えてゆきましょう♪

あせもはどうして出てくるの?

普段、私たちの身体の体温調節に必要な汗。汗は皮膚の奥にある「汗腺」で作られ、そこから「汗管」という汗の道を通って外に出てきます。

あせもはこの汗をたくさんかいた時、「汗管」からの排出がうまくいかず汗が表皮の中に溜まってしまうことから起きます。「汗管」に溜まった汗は周りの組織にしみ出し、炎症をおこしてしまいます。
これがぷっくり膨らんだ皮膚とかゆみの原因なのです。

あせもは汗が溜まり、乾きにくい部分にできやすくなります。

首やひじの内側、膝の裏、おしり、足の付け根など。オムツの赤ちゃんはオムツの中も要注意ゾーンです。また、女性だと胸の下やブラジャーの当たる脇の下、男性だとYシャツの襟部分もあせもになりやすい部分です。

一般的にあせもは子供に多いとされますが、これは汗腺の数が子供と大人ではほとんどかわらない為です。
つまり小さい子供の方が汗腺の密集度が高く、それだけ多くの汗をかくという訳ですね。
子供は大人のように自分で対策をとることが困難です。子供のあせもは、まわりの大人が注意を払ってあげることが大切です。
最近は、大人のあせもも増加傾向にあるといわれています。
近年の猛暑と節電によって、身体を動かす仕事の人だけでなく、座り仕事の人もあせもに悩まされることが増えています。

あせもにならない為にはどうすればいいの?

move-779696_1280

あせもにならない為には出来るだけ肌を清潔に、汗をためないようにする対策が必要です。

スポンサーリンク
  1. 汗をかいたらタオルやハンカチでこまめに拭きとりましょう。
    タオルは乾いたものより固く絞った濡れタオルで拭くと、肌の汚れも取れるのでおススメです。
  2. 汗をかいたあとは、帰宅後早めにシャワーなどで汗を流しましょう。
  3. レジャーなど、汗をかく外出では着替えを用意しておきましょう。
    汗で濡れた衣類は、そのままにせず早めに着替えましょう。
  4. 子供の場合は遊んだあとは足や腕などを洗い、首、おでこなども清潔なタオルでやさしくふいてあげましょう。
    子供は汗をかきやすいのでこまめに着替えるとよいでしょう。
  5. 手軽な方法としては背中に手ぬぐい等を入れておき、汗をかいたらそれを引き抜くというやり方もあります。

 

あせもが出来てしまったら

skin
あせもが出来てしまったとき、”たかがあせも”とそのままにしていませんか?
あせもを放っておくと、かゆみで掻き壊してしまい雑菌等で炎症がひどくなる場合があります
大人のあせもの場合、掻き壊して化膿すると色素沈着の原因に、子供の場合は掻傷が化膿すると、「とびひ(伝染性膿痂疹)」になるおそれがあります。

あせもが出来てしまったら、皮膚を清潔に保ち出来るだけ掻かない対策が必要です!

体温が上がるとかゆみも増します
辛いものやアルコールなど身体が熱くなるものは避けましょう。
最近はエコ思想でエアコンの温度も高く設定する方が増えていますが、エアコンで室温を下げてかゆみが収まるまでは汗をかかないようにしましょう。

赤く炎症を起こしているときは市販の抗炎症作用のあるステロイド外用薬をやさしくぬりましょう。
抗炎症作用で炎症を抑えると、かゆみも減り、無意識に掻き壊してしまうのを防ぎます。
かゆいのに掻いちゃいけないのは大きなストレスになりますよね。かゆみそのものを減らすのはとても重要です。
子供の、掻き壊したひどいあせもの場合、「とびひ」の原因になりますので、抗生物質の含まれるステロイド外用薬を使用すると良いでしょう。
ステロイド外用薬は強いものから弱いものまで様々な種類があります。薬局の薬剤師さんなどに子供の年齢や患部の状態を伝え、適切な塗り薬を選んでもらうと良いでしょう。

 

 

「夏の風物詩」あせもは、スキンケアで予防対策し、あせもになってしまったらできるだけ掻かないようにし、上手に薬を使って治しましょう。かゆみのない快適な夏を過ごしましょう♪

スポンサーリンク