グラハン女子の仕事がつらい?実は体力的な理由ではなく金銭的な〜という声の方が多かった!

グランドハンドリング業務に従事する女子、略して「グラハン女子」にとってその仕事が重労働でなかなかつらい?と言われているようです。

スポンサーリンク

実際その具体的にはどのようなことをするのか?実際にグランドハンドリングに従事する方々の声も交えながらその本当の理由を探っていきたいと思います。

グランドハンドリングとは?

グランドハンドリングとは航空機の到着・出発に伴う地上作業のことをいいます。

  • 飛行機を誘導する
  • 手荷物の貨物を飛行機内に積み込む
  • 機内の清掃や備品の保全

などが主な仕事になります。

これだけ見るとそんなに大変そうに思えないかもしれませんが、

飛行機の誘導といっても

飛行機を駐機場まで誘導したりボーディングブリッジの脱着・操作機体機体を車で移動させるなど、専門的で精密な仕事が要求されます。

手荷物の貨物を飛行機内に積み込む だけではない

手荷物と貨物の積み降ろしと搬送、そして手荷物の仕分けケータリング(機内食や飲み物などの積み込み)、機内の清掃やトイレなどの汚水処理や水の供給から燃料給油まで

と乗客に見えない部分で実に大事な仕事が沢山あるのです。

同時に見て頂いた内容のように力仕事も多いので体力的も必要になってくる仕事です。

好きでなければ続けていけない・・・

スクリーンショット 2017-04-05 3.08.58

そんなグランドハンドリングに従事する女子が増えている!と言われる現在ですが、実は”つらい”ことが多いので退職率が高く、3年続く方は中々いないと言われているほどなんです。

実際にグランドハンドリングに従事されている方の”ネガティブ”な声を集めてみました。

グラハンスタッフAさん(男性)
仕事が忙しい割りに給料が安い。

いきなり直球できましたね笑

スポンサーリンク
グラハンスタッフBさん(男性)
航空業界全般に言えるのですが、グランドハンドリングも含めて航空系地上職は正確性や安全面、スピードを求められるシビアな業務内容の割に薄給ですね。
グラハンスタッフCさん(女性)
やはり給料面が悪過ぎますね。
ハンドリング会社では多めに求人を出し募集しますが、仕事を始め3年後残っているのは1〜2人くらいでしょうか。
辞める理由の大半が給料面です。給料は何年たっても専卒も大卒も上がり方は同じです。

また、一つひとつの作業にとても責任があり、ミスの許されない職場になっています。正直割に合わないかなと

意外と『体力的に・・・』という意見はあまりありませんでした。

皆さん口々に言うのが『給料』について。
好きな航空機に携わる仕事であっても忙しさに見合わない給与と感じる方が多いようですね。

給与以外では

  •  勤務シフトが朝から真夜中までバラバラで特に繁忙期は徹夜になる事も多くサービス残業も多い。
  • 屋外ということで猛暑日、極寒日に辛い。
  • 年末年始や大型連休の前後が特に忙くなる
  • 空港は住宅地から遠いため長時間通勤になる

等の声もありました。

もちろん「よかった」と思える瞬間も

photo0000-1539

もちろんそんな不満ばかりではなく、「やってよかった」と思える事もあるはず。

グラハンスタッフDさん(女性)
空港・飛行機が好きな自分にとってやりがいがとても感じられるので、低給料は気になるがなんだかんだ働いている。

 

グラハンスタッフEさん(男性)
体を動かす仕事なので健康に良い。色々な飛行機を間近で見て触る事が出来るので飛行機好きには楽しいと思う。大きな空港だとチャーター機も来たりするので楽しいのでは?

と、やはり航空機好きには堪らない部分もあるようです。
『好きこそものの・・・』というように航空機に対する情熱がある方にとってはとてもやりがいのある仕事なのだと思います。

まとめ

「グラハン」の仕事ですが、女性にとって肉体的に辛いという訳ばかりではなく、男女関わらずに”忙しさ”と”給料”のバランスに不満を感じている方が多い、という事が分かりました。

そして我々が安全で快適に空の旅を楽しむ裏でこのように頑張っている方々がいる事に感謝しなければなりませんね。

スポンサーリンク