コワキモで癖になる!2017最新ゾンビ映画オススメランキング

2010年から公開されているアメリカのゾンビドラマ「ウォーキング・デッド」から、じわじわ~っとブームになっている「ゾンビ映画」
ホラー映画の中でもゾンビ映画はただ怖いだけじゃない、独特の魅力がありますよね。

スポンサーリンク

グロな要素でキモイけど、どこか愛嬌のあるゾンビたち。不死身の体でも結構すぐ戦闘不能になる強いのか弱いのかよくわからないゾンビたち。

数多く存在するゾンビ映画のおすすめ最新作と歴代名作をご紹介。これであなたもゾンビ通!

ゾンビ映画近年のおすすめランキング

zombie-research-facility-1784653_960_720

近年公開されたゾンビ映画の中でのおすすめランキングがこちら!

3位
ゾンビスクール

監督:ジョナサン・ミロ
公開2016年
パニックコメディ系。給食のゾンビチキンナゲットを食べた子供たちが次々ゾンビ化!先生を食べようと襲ってきます。
学校内でキッズゾンビと学校の道具で武装した先生たちの「再教育」が始まります。
バッコンバッコンぶっ飛ばす子供相手に容赦ない先生たちが面白い!学校で昼間だからか、あまり怖くはない(笑)
笑いたい人におすすめです。

2位
ゾンビ―ワールドへようこそ

監督:クリストファー・ランドン
公開2015年
冴えないボーイスカウトの3人が、ゾンビだらけになった街を救うため立ち上がる!!
男気あふれる美尻のねーちゃんと、青春のずっこけ3人組。そして愛すべきゾンビたち。
テンポがよく、所々にはさまる小ネタのスパイスがたまらんです。ゾンビ好きにお勧めしたい最高のB級映画です。

1位
アイアムアヒーロー

監督:佐藤信介
公開2016年
漫画原作の日本初ゾンビ映画。初演は安定の大泉洋です。
さえない漫画アシスタントである主人公英雄が、日本に溢れかえったZQN(ゾキュン)と呼ばれるゾンビたちと生き残りをかけて逃げつつ戦うサバイバル映画。
現在の日本が舞台なので、妙~にリアリティのある設定と、どこかに居そうな登場人物たちです。
ゾンビ映画ならではのグロさや不気味さも堪能できるし、映像にスピード感がありテンポがすごく良いので、見てて爽快ですよ!
ちなみに原作の漫画も怖くて面白いのでオススメ

歴代名作ゾンビ映画

ゾンビ映画好きならぜひ押さえておきたいゾンビ映画、名作と呼ばれるものをご紹介します!
これだけ見ればちょっぴり偉そうにゾンビを語れます!

巨匠”ジョージ・A・ロメロ監督”はやはり偉大です!!
では早速

ドーン・オブ・ザ・デッド

監督:ザック・スナイダー
公開2004年
ゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロ作「ゾンビ」のリメイク作品
ゾンビは元来「あ゛―」とか「ゔ―」とか言ってゆっくり歩くものでしたが、「ドーン・オブ・ザ・デッド」のゾンビはめっちゃ走ってくるし、ドアもぶち破るし、なかなかパワフルで恐ろしいです。そしてしょっぱなから大量のゾンビ祭り!!ゾンビを見るために見る映画でございます。

スポンサーリンク

死霊のはらわた

監督:サム・ライミ
公開:1981
古い映画なので今見ると色々粗さもありますが、やっぱり名作や!!と叫びたい一作。
森の中の小屋で楽しく過ごすためにやってきた若者たち。偶然見つけた「死者の書」というテープレコーダを再生したところ、死霊を呼び寄せてしまい次々と取りつかれます。
シリーズものとして「死霊のはらわたⅡ」「キャプテン・スーパーマーケット(死霊のはらわたⅢ)」と続きますが、個人的なおすすめはⅡです
主人公アッシュの「取りつかれた手」の動きがすばらしい。

ナイト・オブ・リビングデッド

監督:ジョージ・A・ロメロ
公開1968
まさに歴史的な作品
「ロメロのゾンビ映画三部作」第1作です。(第2作は1978「ゾンビ」、第3作は1985「死霊のえじき」)
ゾンビはここから始まった!!と言いたい。

カニバリズム、感染、理性の喪失、頭部の破壊以外は不死身など現在のゾンビ映画の基本的なルールをつくった作品

と言われた「ロメロのゾンビ映画三部作」第1作
今ではゾンビの定義である「人間を襲って食べる」事は当時のアメリカで物議を醸しだしました。
笑いなしの立てこもり系恐怖映画ですが、登場人物たちの人間模様にはヒューマンドラマの魅力があります。

番外編おすすめゾンビ映画

あなたはハマる?それとも・・・。見る人を選ぶかもしれないゾンビ映画。いやっでもゾンビ愛にあふれた人ならきっと楽しめます(笑)

ゾンビーノ

監督:アンドリュー・カリュー
公開2007
ゾンビが完全に飼いならされてる・・・!
宇宙から降り注いだ放射線によってゾンビが大量発生しますが、何のかんのあってゾンビはおとなしく人間に飼われます。そんなゾンビと飼い主である主人公ティミーとのハートフルなストーリー。でもゾンビ映画だからやっぱりそれなりにグロイです。

ゾンビ革命-ファン・オブ・ザ・デッド

監督:アレハンドロ・ブルゲス
公開2011
キューバ社会を強烈に皮肉った作品
ラテン系らしい能天気で適当な感じで見てて楽しめます。もとは無職、でも無敵の主人公がばっさばっさとゾンビをやっつけます。つ・・強い!
ゾンビ映画なので画像は結構血ドバドバなんですが、なぜか漂う爽快感。ラストもいい感じです。

ブレインデッド

監督:ピータージャクソン
公開1992
「伝説の芝刈り機!!」と名高い芝刈り機(扇風機状)でゾンビの群れに突っ込んでいくシーンが有名です。
すっごく強い牧師の戦闘シーンや、赤ちゃんゾンビの公園デビューなど全シーンにあふれるどうしようもないアフォな感じと恐ろしいゾンビを力技で覆す勢いの良さが大変よろしいです。

 

いかがでしたか?
怖いけどゾンビって愛嬌ありますよね。
2017年も気になるゾンビ映画の公開が期待できそうですよ。暖かくなってきたら劇場に足を運びたくなりますね♪

スポンサーリンク