フレンチトースト、パンケーキの気になるカロリー!ヘルシーに食べるコツ!

もうブームを越え、完全に定番人気スイーツといっていいパンケーキやフレンチトースト。

スポンサーリンク

お洒落なカフェやレストランなどでもメニューに載っているスイーツで、手作りで作る女性も多いですよね。カフェや作り手によってはアレンジされたものもあり人気を集めていますが、気になるのはやはりカロリーではないでしょうか。

特に、若い女性はダイエットをしていたりするので、ここではヘルシーな作り方やカロリーなどについて説明していきます。

パンケーキ、フレンチトーストの特徴

パンケーキもフレンチトースともお洒落なスイーツで、カフェのスイーツメニューの中でも上位の人気を集めています。
カフェだけでなくコンビニの店頭に並んだり、書店では作り方の本なども多数販売されていたりととにかく人気ですよね。
先ずパンケーキ&ホットケーキ、フレンチトースト、お互いの特徴を整理!!

パンケーキ

IMG_3963

パンケーキとホットケーキと混同されがちですが・・・
ホットケーキはメープルシロップやマーガリンなどで召し上がるスイーツ系ですが、パンケーキはスクランブルエッグやベーコンなどを載せていただいたりする食事系もありますよね。

1つの分け方として

パンケーキにはいろいろな食材を挟んだりするので薄い生地であるということ。(今では様々なタイプがあってもはやそんなイメージじゃありませんよね。)
そしてホットケーキの場合は、厚みのある生地が特徴的、
という風に区別される場合もあります。

ちなみに「ホットケーキ」は和製英語で海外では通じないのでご注意!

フレンチトースト

フレンチトーストとは海外などで朝食、軽食・デザートなどに召されるもので日本でも人気を博しています。
卵や牛乳などの混合液をパンに染み込ませ焼き込んだものでしっとりとした食感です。
アイスなどを添えて店頭では出されたり、チョコレートソースなどをかけている場合もあり若い女性たちの間で人気のスイーツです。

材料説明が違えばそりゃぁ・・・

フレンチトースト、パンケーキの特徴を大まかにつかんでいただけたと思います。ここでは、フレンチトースト、パンケーキの作り方について見ていくことにします。

近年では、家庭でパンケーキを作ったり、フレンチトーストを作って自分なりにアレンジを加える人もいます。ここでは大まかな簡単な材料を説明していきます。

パンケーキ

薄力粉、卵、牛乳、砂糖、バニラエッセンス、バターなどが基本の原料となります。パンケーキのパウダーはホットケーキミックスとしても売られているのでその使用がオススメです!

パンケーキは厚みをつける事で、朝食や軽食としても満足いただけるスイーツです。薄めに生地を焼いて中にフルーツやソースを挟み込んでも美味しくいただけると思います。

フレンチトースト

french-toast-738829_1280

食パンやフランスパンをスライスしたもの、鶏卵か牛乳、オレンジジュース、ナツメグ、シナモンなどのスパイス。時にはバニラエッセンスを使用することもあります。
生クリーム、アイス、チョコソース、ベリーソースなどお好みでトッピングを用意しても面白いですし、いろいろな味のオリジナルなフレンチトーストを味わうことができます。

スポンサーリンク

両者のカロリー比較

フレンチトーストもパンケーキもカロリーが気になるところです。作り方や主要な材料など上記で説明したので、大まかなカロリー予想はつくと思います。
まず、両者ともに、フレンチトースト、パンケーキ単体で召し上がる分には高カロリーになることはないと思いますが、トッピングやアレンジを加えて、生地に練り込んだり、ソースを加えたりすることでカロリーは高くなってきます。
おおよそのカロリーは、フレンチトーストが229キロカロリーパンケーキが261キロカロリーとなっています。
実際このふたつには大きなカロリー差はありません。

ですがトッピングされるフルーツやソース、トッピングの材料でカロリーは高くなっていきます

 

家庭でヘルシーに食べる方法!!

パンケーキ編

green-juice-769129_640

パンケーキの生地と混ぜる水を青汁に置き換えて焼き上げることで、青汁の栄養素を同時に摂取できるとともに、青汁に含まれる食物繊維で、余分な塩分、糖分、脂分を絡めとってくれる働きがあります。
若干色は・・・ですが(笑)

tofu-597228_1920

もう一つ、ホットケーキミックスとお豆腐と約1:1に混ぜ合わせ、牛乳をお豆腐の1/3量(お豆腐と150gの場合牛乳は50g)と玉子を混ぜて焼き上げたパンケーキ、お豆腐ハンバーグと同じくかさ増し効果で少ない量で満腹感が得られる効果と大豆の健康成分でヘルシーです!

 

そしてさらにかさ増し&ふんわり作るコツにメレンゲを加えて焼くという方法があります!
先ず通常通り生地を混ぜ合わせた後、メレンゲを混ぜ込み焼きます。

メレンゲの量ですが、重さにして生地が5に対し卵白が3の割合、メレンゲでかなりかさ増しされるので生地量はいつもより少なめで作るといいですよ!

フレンチトースト編

フレンチトーストでは生地の基本が「食パン」、そこは変えずに、
使う牛乳を豆乳に、パターをオリーブオイルにするという方法です!若干味は淡白になりますが味はまぎれもなくフレンチトースト(笑)

動画では糖分をてん菜糖にしています。甘みの他ナトリウム、カルシウム、カリウム等のミネラルが含まれていますがカロリー自体は上白糖、いわゆるお砂糖とほぼ変わりません。

フレンチトーストに添えるアイスも、カロリーの低いものを選んでトッピングすしたり、生クリームも脂分の少ない甘さ控えめのクリームを使用してカロリーを抑えたりすることで美味しくヘルシーに召し上がれると思います。

 

どっちも美味しいのでカフェでも迷ってしまうこの2つ。
イッキに両方とも食べたい・・・(笑)

スポンサーリンク