ブルーライトとうまく付き合う。無視できない人体への影響!

長時間のパソコン作業で目が痛くなったり、疲れ目になったりしたことはありませんか?
布団の中でスマホを見ていて、頭が冴えて眠れなくなったことはありませんか?
誰しも経験のあるこれらは、パソコンやスマホの発するブルーライトの影響であるといわれています。
急激に普及したパソコンやスマホなどのLEDディスプレイの画面や、省エネで増えているLED照明などには、ブルーライトと呼ばれる光が多く含まれています
ブルーライトは、人間が見ることの出来る光の中で最も強い光です。このためディスプレイ画面を長時間みつめていると、目や身体に様々な影響があるといわれています。

スポンサーリンク

 

ブルーライト、目への影響

ブルーライトとは波長が300nm~500nmの光の事で、紫外線の次に強いエネルギーを持っています。そのため私たちの目の角膜や水晶体を通り抜け、眼球の奥の網膜まで達してしまいます。

網膜はブルーライトの照射でダメージを追い、活性酸素を生み出してしまいます。活性酸素は網膜の老化を早め、これは「加齢黄斑変性症」という目の病気につながることが多くの研究からわかってきています。
また、波長の短いブルーライトは空気中の水分やほこりによって散乱してしまい、ディスプレイ画面は常にチラチラぶれて見えている状態になっています。

私たちの目はちらつきやぶれにピントを合わせようと目の筋肉を一生懸命働かせ、そのため非常に目が疲れるのです。目だけでなく、ピントを合わせるのに脳も働かせるので脳もとても疲れてしまいます。

ブルーライト、体への影響

ブルーライトの影響は、目だけではありません。目の疲れが肩こり、頭痛を引き起こします。

そして

睡眠への悪影響

good-night-sleep

人は、太陽を浴びると目が覚め、太陽が沈み暗くなると眠くなります。

私たちは朝、太陽の光を浴び体内時計をリセットさせることで、生活リズムを整えているのですがこれをサーカディアンリズムといいます。

私たちの目が太陽に含まれる自然のブルーライトを認識すると、眠気を導く脳内物質である「メラトニン」が減少し、脳と体を覚醒させます。
これがサーカディアンリズムの乱れをリセットしたりするために作用しています。
しかしそれとは逆に夜中にスマホやパソコンを見続けることは、発せられるブルーライトによって「メラトニン」を減少させ、眠りに向かっていた脳と身体を覚醒させて睡眠の質を下げる結果になってしまいます。
このため身体は疲れているのに目は冴えてしまう「不眠症」や「中途覚醒」になったり、体のリズムを崩して慢性的な疲れを感じるようになってしまいます。
睡眠について

夜中に目が覚める原因は?すぐに始められる対策でしっかり改善

2016.06.16
スポンサーリンク

サーカディアンリズムの乱れは肥満や精神などへも影響を及ぼしかねないと言われています。

ブルーライトの影響への予防と対処

ブルーライトの影響を出来るだけ予防し、対処することが、健康な生活のために重要になっています。そのためにできること。

ブルーライトをカットする眼鏡を使う。

現在様々な眼鏡メーカーからブルーライトをカットするPC用メガネが発売されています。
こういったメガネは「ブルーライト」をカットした分、視界が黄色くなります。色味を変えずに「ブルーライト」だけをカットすることは物理的に不可能です。
視界があまり黄色くならないレンズは、「ブルーライト」をカットする能力が低いということになります。

PCの液晶ディスプレイの設定を調整する

  1. ディスプレイの輝度とコントラストを下げる。
  2. 青色光を下げる。(RGB値のBの値を下げる、色温度を下げる)

グラフィク作業などでは色設定を変えることは難しいかもしれませんが、事務作業であれば問題ないはずです。
こちらと先のメガネを組み合わせることでより効果が期待できますよ。

そして長時間のパソコン作業の場合、1時間につき15分ほど画面から目を離し、目を休めることを推奨します。しかし仕事でパソコンを扱っている人などはそうはいきませんよね。
そんな人でも1分ほど目を閉じるなど、たまに目を休ませることを心がけましょう。

 

目に良いものを食べる。

目の網膜や黄斑部へのダメージを軽減するために目に良いものを食べましょう。
ほうれん草やニンジン、ブロッコリーなど色の濃い野菜や、柿、卵の黄身、パプリカなどのオレンジ色の食べ物は目の成分であるルテインやゼアキサンチンが多く含まれています。
また、チェリーには体内時計を整える成分が多く含まれています。

そしてブルーベリーに含まれるルテインもよいとされています。

目によいとされているゼアキサンチン」と「ルテイン」、この2つの成分はブルーライト遮光による黄斑部の傷害予防の効果が期待できます。

 

 

就寝前のスマホはやめましょう。

TAN_blackkigyou_TP_V

寝る前にスマホやタブレットを見て楽しむ人は少なくありません。
しかしこれは眠りを遠ざけ、体内リズムを狂わせる原因になってしまいます。就寝の2時間前にはスマホの使用はなるべく止めましょう。

 

 

 

現代において、人工的なブルーライトを全く浴びずに生活することは困難です。
健康にそして快適な生活を送るために、ブルーライトと上手に付き合っていくことがとても重要ですね!

スポンサーリンク