ホセ・アルグメド対京口紘人の試合速報!両者のプロフィールを比較

ここでは2017年7月23日(日)に開催されるボクシングの試合『ホセ・アルグメド対京口紘人』の試合結果速報をお伝えしていこう思います。

スポンサーリンク

『ダブル世界戦SP/スター候補・京口&強かわいい王者・田口』が放送されていて気になっているボクシングファンもとても多いと思います。
“ザ・ダイナマイト・ボーイ”こと京口紘人選手は世界初挑戦
アマチュア国体王者を経て去年、プロデビューした京口は、これまで7戦全勝ということで期待されていますが結果はいかに。

そんなホセ・アルグメド対京口紘人の試合結果速報や両選手のプロフィールなどについてご紹介したいと思います。

・試合速報はリアルタイムで更新していきます。

ホセ・アルグメド対京口紘人の試合詳細は?

ダブル世界戦SP/スター候補・京口&強かわいい王者・田口

IBF世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦

時間     :19時54分~
会場     :大田区総合体育館(東京都)
ナビゲーター :鷲見玲奈(テレビ東京アナウンサー)
解説     :長谷川穂積(元3階級制覇王者)
実況     :増田和也(テレビ東京アナウンサー)
ゲスト    :内山高志(元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者)

ホセ・アルグメド対京口紘人の試合詳細はこのようになっています。

実況の増田和也アナは以前からボクシング実況において確かな目と冷静な状況説明で聞いていて試合の運びが分かりやすいので個人的に良いかなと。

解説、ゲストの2人も元実力派の選手、少し前まで現役であったこともあり選手の立場からの見解、意見等も聞けるとあって試合への期待がよりいっそう高まります。

京口紘人のプロフィールをチェック

名前     :京口紘人(きょうぐち ひろと)
ニックネーム :ザ・ダイナマイト・ボーイ
生年月日   :1993年4月10日(24歳)
血液型    :O型
階級     :ミニマム級
身長     :160cm
リーチ    :cm
出身地    :大阪府和泉市
戦績     :7戦7勝(6KO)
趣味     :お好み焼き、たこ焼き、ラーメン、温泉
特技     : ブレイクダンス
所属     :ワタナベジム

スポンサーリンク

大阪商業大時代にはボクシング部主将をしていました。
2014年には国体で優勝しています。

アマチュア時代の戦績は66戦52勝(8KO)14敗。

鳴り物入りでプロに入りここまで7連勝中、今回は挑戦者としての気合いをおもいっきりぶつけていくことでしょう。
軽量級ではパンチに体重がのりにくく、重量級より平均的にKO率がガクッと下がるのですが、京口選手は”倒す”スタイルのボクシング。
この最軽量級で7勝6KOはかなり凄い事なんです。

アマ時代を含めると豊富な試合経験をバックボーンにパンチ力でKOを狙いに行くと思われます!

ガードの隙に打ち込むボディーブローが見どころになるでしょう!

ホセ・アルグメドのプロフィールをチェック

名前     :ホセ・アルグメド
ニックネーム :Monster(怪物)
生年月日   :1988年10月14日(29歳)
血液型    :O型
階級     :ミニマム級
身長     :160cm
リーチ    :163cm
出身地    :メキシコ、ナヤリット州テピク
戦績     :23戦19勝(11KO)3敗1分け

フックをぶん回す事が多い、ブルファイタースタイル。
ガードが得意ではないようなのでスキを見つけパンチをまとめていけば勝機はありそうです。

日本の高山勝成選手から僅差の判定で奪った王座を現在2度防衛をしているホセ・アルグメド選手、
このベルトを日本に戻して欲しいですね!

ホセ・アルグメド対京口紘人の試合結果速報!

9Rには京口紘人がチャンピオンからノックダウンを奪いました。

12Rを戦いきり京口紘人選手が判定勝ち!
新チャンピオンになりました。

まとめ

ホセ・アルグメド対京口紘人の試合結果速報やプロフィールについて詳しくご紹介しました。

京口紘人選手はミニマム級に収まらないハードパンチの持ち主。
大振りが多いホセ選手にはスキがあるのでそこを突けば必ずや勝利出来るでしょう!

スポンサーリンク