切り傷は素早い止血と応急処置できれいに治す。

料理の最中、指を怪我した!アウトドアの最中にナイフで怪我をしてしまった!小さい擦り傷であれば放っておいても自然に治るのでそんなに気にすることはありません。
しかし切り傷で出血が多く、すぐに病院にいけない場合は応急処置で対処しなくてはいけません。
その後の傷の治りにも影響するとっさの応急処置。
医療の発達とともに、処置のしかたも変わってきています。正しい方法を覚えてすばやく対処しましょう。

スポンサーリンク

まず最初にするべきことは「止血」

傷を負ってしまった場合、最初にすべきことは「止血」です。
ぱっくり傷が開いている場合、傷を布やテープで固定し、心臓より上に持っていきましょう

止血帯や輪ゴムで心臓に近い血管を絞めて血を止める方法がありますが、これは必要な血液の循環も止めてしまい、絞めた先の細胞の壊死を招くおそれがありおススメできません。
止血は患部を上から抑える直接圧迫で行うのが一般的です。

手の傷なら腕をあげ、腕を細かく振動させると血が早く止まります。
ぶるんぶるん!ではなく、ふるふるふるっという感じでふり幅を小さくして腕全体を振りましょう。
小さい傷なら2~5分ほどで血は止まります。血が止まっても腕をさげた時また出血するようであれば、再び腕をあげて完全に止血するまで振りましょう。

消毒液は必要ない?傷口はきれいに洗浄しましょう。

washing-64803_1280

小さい傷の場合、水で流しているうちに血も止まりますが、大きい切り傷は傷口が汚れている場合でも、完全に止血が終わってから洗浄しましょう。止血が完全でない場合、水を流すことで再び出血するおそれがあります。
感染症予防のためにも洗浄はしっかりと行いましょう
大きな破片がある時は手で取り除き、細かい泥や砂の汚れは、水やぬるま湯で綺麗に洗い流しましょう。刺激の弱い石鹸をつかってきれいに洗うのもいいです。

スポンサーリンク

 

 

この時、殺菌のための強い消毒液は必要ありません。
i002_812
消毒液は、雑菌だけでなく傷の修復に必要な自然治癒能力まで弱めてしまうのです。そのため消毒するとかえって傷の治りが遅くなるとされています。

 

 

現在の主流は湿潤療法!

OMG151018450I9A2065_TP_V

現在では傷は乾かしてかさぶたを作るのではなく、乾かさずに治す「湿潤療法」が主流になりつつあります。これは傷口から出る滲出液で自然治癒をうながす方法です。

かさぶたを作るより傷の治りがはやく、跡になりにくいとされています。

 

 

キズパワーパッドなどの湿潤療法用の絆創膏を使う場合、上からさらに包帯は必要ありません。

湿潤療法を行うとき、とっさに絆創膏等が無い場合はラップでも代用できます。
患部にワセリン等をぬり、そのうえからラップを巻きます。ワセリンがない場合はオリーブオイルや馬油でも代用可能です。
ラップは毎日変え、傷の様子を確認しケアしてゆきましょう。

大きな切り傷は傷が開かないように固定することが大切です。包帯等で固定し、なかなか傷がくっつかない場合は縫合の必要がありますので後からでも病院に行きましょう。

病院に行くべき場合!

とっさの応急処置の後、時間がたっても病院に行くべき場合もあります。

  • 血がいつまでも止まらない場合や、顔や腹など止血しにくい場所の傷の場合
  • しびれや感覚麻痺など、神経の損傷が疑われる場合
  • 翌日になっても患部が痛み、熱を持っている場合
  • 破傷風などの感染症が疑われる場合

持病に糖尿病など傷が治りにくい病気をもっている場合応急処置だけでやり過ごしても、傷が治る数日間は注意が必要です。特に感染症の疑いのある場合は出来るだけ早く医師の診断を受けましょう。
傷の程度や状態を見て正しい処置で傷を上手に治してゆきましょう!

スポンサーリンク