台北の鼎泰豊(ディンタイフォン)混雑、行列を避け賢く味わう方法


台北といえば小籠包、そして小籠包といえば鼎泰豊というくらい有名なお店ですが、やはり気になるのは混雑状況ですよね。

スポンサーリンク

旅行の限られた時間を有効に使うにあたって混雑や、行列、待ち時間はなるべく避けたいところ。
ここではそんな鼎泰豊(ディンタイフォン)の混雑を避ける方法、観光のスケジュールの中にうまく織り込むオススメワザを紹介していこうと思います。

鼎泰豊(ディンタイフォン)はどこにあるの?

現在台北市に鼎泰豊は店舗が

  • 信義店 (本店)              東門駅 からお店まで約2分
  • 101店  (台北101地下1階)            世貿駅 からお店まで約2分
  • 復興店 (SOGO復興館地下2階)         忠孝復興駅からお店まで約2分
  • 南西店  (新光三越南西店地下2階)       中山駅 からお店まで約2分
  • A4店  (新光三越信義新天地A4館地下2階)     市政府駅 からお店まで約5分
  • 天母店  (天母店地下1階)         芝山駅  からお店まで約7分

6つあります。(天母店は地図上のほうにあります!ちょっと遠い・・・)

駅からお店までの時間は駅を出てからお店まで歩いたときのおおよその時間です。

鼎泰豊は台北No1小籠包レストランとして有名でミシュランでも星を獲得しているお店ですが基本的に予約ができません
お店に直接行って待つしかないんです!!

信義店(本店)はやはり”本店”ということもあって行列が凄いのでオススメできません。

本店がある東門駅付近にはグルメ街として有名な「永康街」があります。
小籠包を食べてその後にデザートにかき氷で有名な「思慕昔(スムージー) 本館」「芒果皇帝 (マンゴーキング」も食べたい!
のような他にも特別な目的がない限り、近くにめぼしい観光スポットもなくお店での待ち時間も長いので時間がもったいないかなと思います。
「せっかく鼎泰豊にいくならやっぱり本店!」という声もありますが、正直どこの店舗でもしっかりと作り方、味、サービスが管理されていて本店にコダワル理由はないかな!?
というのがいままで色々なお店で食べた筆者の印象です。

101店も凄い行列だけど・・・

そして101店ですが、こちらも連日かなり混雑しています。
こちらに訪れる多くの方は台北101の展望台からの景色を楽しんでそれから訪れる方が多いようです。
そうです、それは混雑しますよね。
だからといって先に整理券をもらってから展望台へ行って、戻った頃に・・・というのは展望台までも行列が凄く時間調整がしづらいのでちょうど良い時間に戻れる可能性は低く鼎泰豊にちょうど良く戻るのはほぼ不可能と思われます。

ですからこちらで食事をする場合はこの

  • なるべく食事時を外す
  • 台北101内1、3、4、5階にあるショッピングモールでショッピングするなどして待ち時間を調節していく

というのがよいかと思います。

台北101展望台を楽しんでから鼎泰豊で食べたい方に時短の裏ワザ!

展望台で市内の光景を楽しんだ後せっかく地下に鼎泰豊101店があるし食べたいなぁと思う方も多いはず!
しかし混雑しているし、かといってコスメやブランド品などのショッピングも別に・・・という方へ。
じつはこの台北101から鼎泰豊A4店まで距離にして600m程、歩いて8分位で着いてしまいます

この鼎泰豊A4店、数ある鼎泰豊のなかでも行列が少なく、穴場なんです!
例えばある日曜のお昼時、11;00~14:00位の時間101店は70分待ちだったのに対しA4店は20=25分待ちでした。

IMG_6715
台北101からA4店のある新光三越信義新天地A4館まで歩く時間を考えてもA4店の方が早く食べ始める事が出来るのです!
このワザは土曜、日曜、祝日の食事時に有効です。
食事時を外すと101店も早くお店に入れる場合があるので、混雑及び待ち時間を確認してみてからお試しください(笑)

待ちがそこそこあるが周辺が賑やかな2店

南西店

南西店の最寄り駅である中山駅の周りには地下書店街雑貨屋、駅からもう少し足をのばせば寧夏路夜市(グルメ屋台が多めでスイーツも豊富)や迪化街(レトロな町並みの老街、乾物や布問屋がある)のでそちらの観光が予定にある際スケジュールに加えるのが良いかと思います。

 

復興店

こちらのお店も結構な混雑です。
最寄りの忠孝復興駅周辺は鼎泰豊が入っている太平洋SOGO復興館をはじめショッピング施設が多いエリアです。
観光という意味ではめぼしいスポットはありませんが、利用するにあたってのポイントといえば”台北〜九份間のバス停が近い!” というところになります。

オススメは九份の夜景を望むのにバスで向かう前に鼎泰豊で食事!というプラン

九份までのバスの移動時間は約90分、九份の夜景を見られる時間に到着するのに16〜17頃に向け忠孝復興駅付近のバス停から発車するとして、お昼過ぎの少し混雑の落ち着いた時間に鼎泰豊へ行くとちょうど良いスケジュールになるという訳です!
しかも九份は美味しいスイーツが沢山!!小籠包を沢山食べた後バスに乗り、お腹がこなれた頃に九份に到着して「芋圓(ユーユェン、タロイモのスイーツ)」を景色を望みながら味わうといい感じですね。

一番行列が少ない鼎泰豊天母店、しかしっ。

台北市にある鼎泰豊で一番行列が少ないのが市内の中心から少し離れた天母店です。

じゃあ最初から天母店に行けばいいじゃん!

と思うかもしれませんがなかなかそうもいきません。
芝山駅は台北駅からだとMRTで20分以上かかる上、駅からも少し離れているので待ちが少ないからといって”鼎泰豊の為に行く!”というのは懸命ではありません

ですが台北観光に織り込むのにとっておきの方法があります。
それは故宮博物院とのセットでたのしむプランにするということ!

故宮博物院の最寄り駅の士林駅と天母店のある芝山駅はお隣!
どちらも駅からも近くはないですが、せっかくなのでこの2つ同時に楽しんでみませんか。

例えば先に故宮博物院を参観しそこからタクシーで約15分、鼎泰豊天母店に直行!
なんていうのはいかがでしょう。
順番が逆のプランもアリだと思います。その前後の予定に合わせて調整すれば貴重な旅の時間を効率よく使えますよ。

まとめ

IMG_1947

せっかく台北を訪れたなら是非ともたべておきたい鼎泰豊の小籠包!
ですが他にも行きたいところがいっぱいあると思います。

上手くスケジュールを調整したりと小ワザを駆使して目一杯台北観光を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク