台北駅→桃園国際空港のバス停は?移動した場所を分かりやすく解説!

スポンサーリンク

 

楽しかった台北旅行。
台北から桃園国際空港までのMRTがまだ開通しない現在その足といえばやはり「バス移動」になるかと思います。

そのバス停、これまでも度々場所が変わっていて今はどこにあるのかも分かりづらい・・・
さらに台北駅の周りはバス停だらけで「一体どこにバス停はあるの!?」なんてことにならないように実際筆者が駅の表示に惑わされ発見するのに苦労した経験から(笑)地図と写真で分かりやすくバス停の場所を説明します!

桃園国際空港行きのバス停の場所

早速ですが現在のバス停の場所を地図でご覧下さい!

現在の「1819 台北→桃園国際空港行き」バス停の位置が赤のバスマーク
そして以前に乗り場があった場所が黄色のバスマーク
そして現在駅内の表示等で「taipei bus station」と表示されている場所が紫のバスマークで記してあります。
これが紛らわしいので注意しなくてはなりません!!!

この3色の場所以外にも駅北側、南側にもバス停がありほんとに周りはバス停だらけ。

現在の空港行きバス乗り場の場所は?

現在の桃園国際空港行きのバス停は台北駅の東側、空港から台北駅のバスが到着する場所になっています。

img_6932

台北駅の東側、列車の展示物の横にチケット売り場があり、その先が乗り場になっています。

ここが分かればもう大丈夫!あとはチケットを買ってその先の乗り場からあとは空港に向かうだけです。

なのですが広大な台北駅周辺。

「ここはどこ?」なんてことになることも・・・

迷ったときのために

 

台湾は台北市のど真ん中、台北駅の周りにはバス停だらけ
地上から行く場合は位置感覚も掴みやすいので先に説明した場所にたどり着きやすいかと思うのですが、MRTやローカル電車で台北駅にアクセスした際、地下に到着しそこから地上に出るわけですがその際紛らわしいのがこれ!!

img_6924

駅の地下を歩いているとこの「TAIPEI BUS STATION]という方向を示す矢印つきの表示がいくつもあります。
ですがこれに向かって進んでいくとはじめの地図の紫の場所にたどり着いてしまいます!

 

筆者は帰り便に乗るため空港へ行くバスにのるためにMRT台北駅に着き、改札をでてバス停に向かうため駅内の表示を見ると”「TAIPEI BUS STATION」→”のように書かれている表示が地下に多数ありました。

その表示に従い地上に上がると

img_6925

「おっバス停だ!よしよし。」

そのまま中に入ると

img_6927

このような感じで多くのバス会社のカウンターがありいかにもここでチケットを買い、そのまま出発できそうですがここは×間違いでした

カウンターをひととおり見回したものの「桃園機場(桃園国際空港)行き」のチケット売り場が見つからずかなり焦りました。

地図を開いて場所を確認したところこの場所は青●

img_6926

ここでやっとおかしいなと気づきました。

そこからもう一度地下に降りて南下、地上に出てバス停を見つけ乗り場を確認しに行くも・・・これまた「桃園国際空港」行きのバス停が見つかりません・・・。

img_6929
(でたトコロにもバス乗り場が数カ所がありました↑)

またまた地図を開くと写真の場所は台北駅北側にあるバス乗り場だったのです。

img_BUS

 

ここから地図を頼りに正しい乗り場の方へ地上を歩いて(青い線)向かいやっとたどり着いたのでした。

はじめに空港から台北駅までをバスで移動した方は、その時に場所を確認できるかと思いますが、初めての人だとちょっと迷う可能性もあるのであらかじめ確認しておいた方がいいです!

バスの運行時間は?

ちなみに運行は24時間、深夜帯になると頻度は減りますが深夜便もあります。
LCC等は深夜や早朝の便が多いのでとても助かりますね。
バスの時刻表はこちら

空港までは昼間だとだいたい1時間程、夜はもう少し早く着きます。

 

帰りのバスに乗り遅れて・・・なんて事になったらシャレにならないので余裕をもって移動して下さいね!
素敵な台北旅行になるといいですね♪

スポンサーリンク