小田急のCM女優は誰?下北沢で涙の下車する綺麗なお姉さん!

今回ご紹介するのは小田急電鉄 世界に一つの日々と「1人の寄り道」篇 です。

スポンサーリンク

小田急線に乗って涙を流す女性が下北沢で降りて街をぶらつく姿が印象的なCMですね。
この涙していた女優さんは一体誰なのか?
名前、そして気になるプロフィールを紹介していきたいと思います!
+α弾き語りをしているストリートミュージシャンも気になったので調べてみました!

小田急電鉄 世界に一つの日々と「1人の寄り道」篇がこちら!

電車の中で窓の外を見ながら涙を流す女性がこらえきれずに下北沢で途中下車しました。
スマホをチェックするも・・・・
下北沢駅を出て歩きます。

街には飲食店の前で騒ぐ若者、ストリートミュージシャン、中の良さそうな老夫婦達。

ある劇場の前で

「当日券 あります よかったらいかがですか?」

と声をかけられて舞台を見ると。
ちょっぴり元気が出てきたような。

「涙でにじんだ下北はなんだかちょっときれいだった」

というCMです。

この涙していた女優さんは一体誰なのか気になりました。

下北沢涙をこらえていたで清楚な雰囲気の女優さんは誰?

このCMに出演されているロングヘアの女優さんは

阿部純子(あべ じゅんこ)さんと言います!

それではプロフィールを見ていきましょう。

阿部純子プロフィールをチェック!

阿部純子(あべ じゅんこ)

生年月日  :1993年5月7日 (24歳)
出身    :大阪府
星座    :おうし座
血液型   :A型
最終学歴  :慶応大学在籍中
身長    :161m
スリーサイズ:B74cm、W57cm、H82cm
足のサイズ :24.5cm
趣味    :ピアノ、フルート
特技    :スキューバダイビング、英会話
所属事務所 :アミューズ

小学生の時にスカウトされ、阪急百貨店の広告モデルとしてお仕事をスタートしました。

2010年には「リアル鬼ごっこ2」でヒロインに大抜擢、しかも映画初出演。

オーディションで柴田監督が「いずれ日本を代表する女優になる」と見込んで、ヒロインに抜擢した。

だそうです。すでにこの頃から光るものが溢れ出ていたんでしょうね。
凄いです。

2014年、映画「2つ目の窓」では主役を演じて第4回サハリン国際映画祭主演女優賞、第29回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞しました。
ですが・・・

2014年8月からはそれまでの所属事務所を辞め芸能活動を一時停止させて、アメリカに渡り芝居の勉強をするためニューヨーク大学演劇科へ1年間留学しました。

スポンサーリンク

それは映画「2つ目の窓」受賞式で自分の英語力が足りないと感じたこと、そして演技において世界との壁をとてつもなく感じたことで留学を考えたんだそうです。

留学するまで阿部さんは「吉永淳」という芸名で活動していました。

 

帰国後、現在の事務所に入り新たに”阿部純子”という芸名で女優として活動をしています。

ちなみに現在の芸名”阿部純子”が本名なんだそうですよ!

 

阿部さんの代表的なお仕事は!?

留学から帰国後に出演した連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で皆さんも阿部さんを見た事があるかも。
常子(高畑充希)の友人・村野綾役といえば
「あぁ!」
とおわかりになるかもしれませんね。

国民的ドラマ作品に出演されている阿部さん、その後はテレビドラマに出演する機会が多かったようです。
やはり演技の評価はもちろん知名度も着実に上がってきている証拠ではないでしょうか!?

 

弾き語りをしていたストリートミュージシャンは誰?

今回の小田急のCMでもう一人気になったのがこの方。
さっそく誰なのか調べてみました。

このストリートミュージシャン役の女性は

柴田聡子(しばた さとこ)さん

という本物のミュージシャンなんです♪

柴田聡子プロフィール!

生年月日  :1986年12月11日(30歳)
星座    :いて座
出身    :北海道札幌市
最終学歴  :東京藝術大学大学院映像学研究科修士課程修了

2010年から都内を中心に語り弾きで活動を始めました。
現在まで4枚のアルバムを発表しています。

個性的で雰囲気がある歌声が特徴的ですね。

最新作は2017年5月17日に発売されたアルバム『愛の休日』!

 

まとめ

小田急電鉄 世界に一つの日々と「1人の寄り道」篇で涙しながら下北沢を歩いていた女優さんは阿部純子さんである事がわかりました。

朝ドラ女優で、頭脳明晰、今後女優として更なる飛躍が期待されますね。

 

そして個人的に期待なのが引き語りをしていた柴田聡子さん。
最近こんな感じのシンプルなサウンドは久々で新鮮で気に入っちゃいました!

他の曲のMVも面白いので気になった方はチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク