山本大貴の進路と現在は?これまでの経歴を調査!

今回気になる人は山本大貴さんです。
現在早稲田実業3年の清宮幸太郎内野手の高校生ホームラン記録の更新の話題で持ち切りですが、これまで(現在も)ホームラン記録1位だったのが山本大貴(やまもと だいき)さんです。

スポンサーリンク

ここでは山本大貴さんの高校卒業後の進路と現在野球はしてないのか?を調査してみました。
早速ご覧ください。

山本大貴プロフィールをチェック!

それではまず山本大貴さんのプロフィールをチェックしてみましょう。

生年月日    :1994年6月27日(23歳)
身長      :180cm
体重      :92kg
出身地     :兵庫県淡路市
ポジション   :一塁手
投打      :右投げ左打ち
高校通算本塁打 :107本

野球を始めたのは小学校2年生の時でした。
地元の兵庫県淡路市立東浦中学では軟式野球をプレイしていましたがそのころからすでに世間から注目を集めていたようです。
2年の夏に県大会のベスト8まで進んでいます。
中学校時代には高校数校から誘いを受けていて、
最終的に、当時、甲子園通算8度の出場を果たしている神戸にある神港学園高等学校」(しんこうがくえんこうとうがっこい)への進学を決めました。

神港学園時代

入学当初は体重110キロだったのですが厳しい練習とトレーニングによって、
夏までの3か月で15、16キロ痩せたんだそう。

高校1年の夏からレギュラーとして活躍していたものの甲子園出場はしていないんです。

1年の時には県大会ベスト4の成績を残しました。3年生が引退した1年生の秋からは4番になりました。

2年の秋大会でも県でベスト4に進出しています。
3年春の練習試合では推定160m弾も記録するなど当時かなり注目されていたようですよ。
身長180センチの90キロ代前半という体格を活かしたスイングスピードは158キロだったそうです。

ちなみに松井秀喜さんの現役時代が159キロということでめちゃくちゃすごいです。

山本大貴さんの進路、そして現在は?

山本さんは高校卒業後した後は社会人の強豪JR西日本に進みました。
高校歴代本塁打数の記録を引っさげ期待の中試合に出場しましたが3年間で本塁打が4本と伸び悩んでしまいました。

 

本人は以前から140km以上の投手の球に対しての対応ができないと感じていたようで、高校野球より球速の早い社会人の世界では思うように活躍することができませんでした。
結果を出せないことから2016年で引退してしまいました。

引退後の現在はそのままJR西日本にそのまま勤務し、今は広島県東広島市の西条駅の駅職員として働く毎日を送っています。

スポンサーリンク

正直意外でした。
それだけの記録を作れるポテンシャルがあるなら絶対野球を続けていると思いましたね。

なぜプロに進まなかったの?

先述したように山本さんは自分の打法では速い球、高めの球になると対応が難しく球速140キロ以上の球には対応できないという事を高校時代から感じていたのだとか。

しかも甲子園にも出場したことがなかったので、全国の舞台で活躍する投手からは打てる自信がなかったということでその更に上のレベルでは・・・と自分を冷静に見ていたんだそうです。
そしてさらに守備が苦手だった、ということもあったのだそうです。

そこでプロ志望届は出さずに高校時代の恩師である北原コーチが以前プレーしていたJR西日本への就職を決めました。
社会人野球時代のコメントでは

プロ志望届を出そうと思ったこともありました。でも、もしプロの球に対応できず、首を切られたらそこで終わり。社会人なら、もし(野球で)ダメでも仕事はある。高校では無理言って私立に行かせてもらった。ボーナスは毎週応援に駆けつけてくれる母に、全額送っています

と語っていました。

それでも社会人野球に進んだということは、いきなり”プロ”ではなく、それまでよりもレベルの少し高いところで自分を試してみたかったのかもしれませんね。
それまで全てを注ぎ込んだ野球を本当は続けたかったんだろうと思います。

自身の記録に対しては

107本中、公式戦での本塁打は「10本ちょっと」。「そんなに強い高校とも(練習試合を)やらなかった。
(清宮選手は)自分とは本当に比べものにならない。抜いて活躍してもらった方が僕もうれしい

と至って冷静な分析な山本さん。

しかも母校である神港学園のグラウンドは右翼90メートル、中堅105メートル、左翼100メートル。
山本さんは左の強打者に有利な自校グラウンドでのホームランが多かったということも自覚していました。

それでも十分凄いと思いますけどね。

まとめ

高校通算本塁打107本の記録を持つ山本大貴さんの現在を調査してきました。
現在は社会人野球も引退し普通に暮らしているんですんね。

自分の記録に酔わず、驕らず、冷静に自分の生きる道をしっかり選択していった山本さんでした。

ちなみに山本さんは清宮選手のホームラン108本目を

「108本目はみんなが見られるから甲子園で打ってもらいたい。仕事の兼ね合いもあるけど、そうなったら見に行きたい」

と語っていた大人な方です。

それと同時に清宮選手の記録がどこまで伸びるのか今年の夏は楽しみですね。

スポンサーリンク