平慶翔が自民党から都民ファーストの会へ寝返ったその裏切りの理由とは?

 

女優の平愛梨の弟である平慶翔(たいらけいしょう)さんが都議選の候補者として板橋区から立候補を予定している事が明らかになりました。

スポンサーリンク

これまで秘書などをしながら実力を蓄えてきてとうとう政治家として表舞台にでるチャンスが訪れた平慶翔氏の芸能界引退後からこれまでの経歴、そして自民党員の秘書だったはずが都民ファーストの会からの候補になった理由について探っていきたいと思います。

 

平慶翔さんの経歴

DSC_6615

生年月日 :1987年8月6日(29歳)
出生地   :兵庫県神戸市
血液型   :O型

中学の頃に上京し、芸能活動を始めました。

雑誌モデルなどをしながら映画やドラマ「金八先生」にも出演していました。

その「金八先生」第七シーズンでは姉の平愛梨と共演!
兄弟揃って出演って凄いですよね。

そんな平慶翔ですが、大学進学を機に芸能界を引退したそうです。

年齢的に大学進学したと思われるのが2006年辺りでしょうか。ちょうどその頃から芸能界での活動が見られなくなったのでその辺りかと思われます。

スポンサーリンク

進学のタイミングということで将来について考えてのことでしょう。

その後の経歴は?

その後は政治の世界での活動をされています。

自由民主党所属の、下村博文衆議院議員の公設第一秘書をされていました。

下村博文衆議院議員は

文部科学大臣(第18・19代)、内閣官房副長官、文部科学大臣政務官、法務大臣政務官などを歴任。自由民主党では総裁特別補佐、副幹事長、国会対策副委員長、広報局次長、新聞局次長、国会では、衆議院法務委員長、議院運営委員会理事などを歴任。あしなが育英会の副会長を務める

数々の要職を歴任してきた大物政治家です。

裏切りではないか?という声

しかし今回7月の都議選では「都民ファーストの会」の公認候補者となりました。

ですがこれまで秘書をしてきたのは自由民主党所属の、下村博文衆議院議員ということで様々な憶測を呼んでいます。
下村博文議員といえば都議会自民党を離脱した都議を自民党本部に呼んで“事情聴取”したことでも有名な”小池百合子都知事”嫌いで知られています。

そんな中、平慶翔は

小池百合子都知事へ寝返るのか?

はたまた下村氏への裏切りか?

といわれていますがそこには何があったのでしょうか?

 

 

 

 

スポンサーリンク