敬老の日に贈る花は?定番の花+オススメ8選

9月の第3日曜日敬老の日
日頃の感謝と長寿を願って、おじいちゃん、おばあちゃんをお祝いする日です。
母の日にはカーネーション、父の日にはバラ、というように敬老の日にも定番の花があるんです。今回はそんな定番の花とその由来、日ごろの感謝の気持ちを伝えるのにふさわしい、おススメの花の種類をご紹介します。

スポンサーリンク

敬老の日の送り花といえば「りんどう」

rindou

フラワーギフトで、敬老の日によく送られる定番としては「りんどう」があります。
りんどうの花言葉は「正義」「誠実」「貞節」
これはりんどうのもつ美しい深紫色からイメージされたものです。良い言葉ですが、あまり「敬老」とは関係ない印象ですね。

実はりんどうであるのには別の理由があります。

それは「紫色」の持つ高貴な意味。聖徳太子が「冠位十二階」を定めたときに最も位の高い人の色を紫色としたように、日本では古来より「紫色」を高貴な色として扱っていました。
このことから目上の存在であるおじいちゃん、おばあちゃんへの尊敬と敬愛の意味を込めて、りんどうが贈られるようになりました。
また、りんどうの根は昔、胃薬として重宝されたことから「健康」を願う意味も込められています

花言葉から選ぶ、おススメの花

おじいちゃん、おばあちゃんへの気持ちを込めて、花言葉から贈る花を選ぶのもいいかもしれません。
敬老の日にふさわしい「感謝」「尊敬」「不老長寿」などの花言葉を持つ、「敬老の日」に送るのにぴったりな花を紹介します。

ダリア

dahlia-422022_1280

花言葉は「感謝、威厳、豊かな愛情」


色も形も様々な種類のある美しい花です。
幾重にも重なった花びらが華麗でボリュームもあることから、フラワーギフトの定番となっています。
美しい赤紫やオレンジ色が人気です!

ホワイトレース

white_01

花言葉は「感謝」


白くて小さな可憐な花です。
レースのようにたくさん咲くことからこの名がつきました。花束の名わき役として親しまれています。

カスミソウ

gypsophila-350135_1280

花言葉は「親切」「感謝」「幸福」など

その名の通り、小さな花がたくさん咲く様子が春がすみのように見える花です。
こちらも、花束をふんわり包み込む名わき役として愛されています。

スポンサーリンク

釣りがね草

201107251701454f0

花言葉は「感謝」「誠実」
キキョウ科で青や白、ピンクなどがあり、釣鐘のような形をしています。美しく可憐な花で見る人を優しい気持ちにさせてくれます。

別名「カンパチュラ」とも言います。

バラ

pink-rose-14798_640

花言葉は「暖かい心」「幸福」「尊敬」「情熱」「美」など
王道中の王道です。
色も形も大きさも多数あり、贈る花として老若男女に愛されている花です。
花束だけではなく、ボックスに綺麗に飾られたものや、陶器の器に飾られたものなど様々なアレンジがあり多種多様なフラワーギフトから好みのものを探す事ができます。

ユリ

gft0029-026

花言葉は「威厳」「貴重」「飾らない愛」
大きくゴージャスな花を咲かせるユリ。
こちらも様々な種類があり、ギフトの定番として長く愛されています。
香りが強く、年配の方にも人気の花です。尊敬と、素直な感謝の気持ちを伝えたいときにピッタリの花。

センニチコウ

90E793FA8Dg7

花言葉は「変わらぬ愛情」「不老長寿」
丸くて赤い可愛らしい花が特徴です。
いつまでも健康で長生きをしてほしい気持ちを込めて贈りたいですね。

アマランサス

fd0563e72cbd649a12df529c70aed2e2
出典:東京里山農業日誌
花言葉は「粘り強さ」「不老長寿」「不死」「不滅」

鮮やかな赤色が美しい、個性的な形の花です。インパクトのある贈り物になるかも!?
別名「ヒモゲイトウ」、(紐鶏頭)

贈り方色々。もらって嬉しいフラワーギフトとは?

今は生花だけでなく、さまざまなフラワーギフトが用意されています。
美しい花の姿を長く楽しめる「ブリザードフラワー」。
フランス発祥のギフトアイテムです。
水やりなどの世話の必要がなく、いつまでもみずみずしい姿で楽しませてくれます。
贈ったひとに手間をかけないで楽しんでもらえる嬉しいギフトです。
切り花を様々な形に飾り付けた「アレンジメント」。
リボンや小物で装飾した人気のフラワーギフトです。贈る人の好みに合わせて可愛らしいものからアーティスティックなものまでさまざま。中には風船やぬいぐるみなどもあり、選ぶ楽しさもひとしおです。

大好きなおじいちゃん、おばあちゃんにはいつまでも元気で長生きしてほしいものですね。
ぜひ、素敵なお花にメッセージカードを添えてとっておきの贈り物をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク