日焼けした当日にすぐにやるべき正しいケア!

強い日差しに肌がさらされる夏。気を付けていてもいつの間にか日焼けをしてしまうこともありますよね。
日焼けした肌は、そのままにしておくと痛みが引かず、シミやそばかすの原因にもなってしまいます。その日の夜に正しいケアを行いましょう。

スポンサーリンク

日焼けをしてしまった日の夜にやる必須ケア!

 

とにかく冷やす。

日焼けは肌が軽いやけどになっている状態です。水やタオルにくるんだアイスノンなどでヒリヒリするところを冷やしましょう。冷たいシャワーを浴びたり、水風呂に入るなどして身体を冷やしてください。
このとき、日焼け止めを塗っている場合は洗い落としましょう
そのままにしておくとますます肌がダメージを受けてしまいます。泡でやさしく洗ってください。暖かいお風呂は痛みがひどくなるので避けましょう。

しっかり保湿。

十分に冷やしたら化粧水でしっかり保湿しましょう。日焼けの肌はとてもデリケートです。

使う化粧水は肌に優しい低刺激のものを。化粧水は冷蔵庫で冷やしておくと火照った肌の冷却にもなっておススメです。美白化粧水は刺激が強いので使用はやめましょう。パッティングやフェイスパックなどのスキンケアは避け、化粧水は手のひらで包み込むように優しくつけてください。
最後は乳液で優し肌をととのえて終わりにしましょう。

水分をこまめに飲む

日焼けしたなと感じたら、いつもよりこまめに水分を取りましょう

日焼けはやけどと同じく、肌の細胞の水分が失われています。脱水症状になりやすい状態なので。ポカリなどスポーツ飲料を飲むのがいいですよ。
また、水分を取ることで新陳代謝を促し、肌を内側から修復する手助けをします。
一気飲みすると尿になって出てしまうので少しずつ飲みましょう。

早めに寝る

実は日焼けは肌だけでなく体の内部も炎症状態でダメージを受けています。
身体の炎症反応を鎮めるためにも夜更かしせずにケアを終えたらすぐ寝ましょう

日焼けに良いクリームやオイル

IMG_0277

日焼けの肌の保湿には、低刺激・高保湿のものを選びましょう。
ノンアルコールや添加物の少ないものが低刺激でおススメ。

 

保湿力の高いものにはアロエベラヒアルロン酸セラミドなどがあります。
これらを含むジェルや化粧水を選ぶといいでしょう。
また、消炎作用のある酸化亜鉛が配合されたローションが効果的です。
ずばり「日焼け後のローション」として販売されています。

スポンサーリンク

ひどい日焼けで、どうしてもヒリヒリする時は純度の高い白色ワセリンを患部にそっとぬり、ラップでふたをしておくと痛みが和らぎますよ。これは湿潤療法のやりかたです。
他にも馬油ホホバオイルなども肌の保護に役立ちます。

重曹を使って日焼けを軽減することもできます。腫れている患部に重曹をぬると、腫れが早く引きます。
また、水風呂に大匙2~3杯の重曹を入れて入浴すると、きれいな肌の状態に戻してくれる力が。風呂から上がった後は拭き取らず、自然乾燥が効果的。ただし、長風呂にすると肌が乾燥してしまうので20分ほどの入浴にとどめましょう。

日焼けが落ち着いたら

痛みが引き、いったん落ち着いても油断は禁物。お肌のケアは引き続き行っていきましょう。

新たな日焼けを作らないようにしましょう。

IMG_8447

日焼けで弱った肌をますます痛めつけてしまいます。日焼け止めや日傘などを活用し、肌を守りましょう。

 

肌に良い栄養を取りましょう。

IMG_3204

ビタミンA・C・E、たんぱく質、亜鉛などが肌を回復させるのに重要な栄養素です。意識して食事に取り入れ、肌の回復を助けましょう。
以下、それぞれの成分を多く含む食材です。

 

  • ビタミンA→ニンジン、カボチャ、しそ、モロヘイヤ、ほうれん草、レバー、卵黄など
  • ビタミンC→ピーマン、ユズ、アセロラ、レモン、ミカン、キウイ、のりなど
  • ビタミンE→すじこ、いくら、あゆ、いわし、アーモンド、抹茶、モロヘイヤなど
  • たんぱく質→肉類、魚類、卵、納豆や豆腐など大豆製品、牛乳などの乳製品
  • 亜鉛→カキ、ブタレバー、牛肉、カニ、たらこ、パルメザンチーズ、ゴマなど

 

 

 

翌日になっても以下の症状がある場合は、もはやひどいやけど状態ですので速やかに病院に行きましょう。

  • ひどい痛みがあり腫れが引かないとき
  • 発熱、身体が熱いなど炎症反応がひどいとき
  • ひきつりがあるとき
  • 日焼けした部分から体液が出て濡れたようになっているとき
日焼けをしてしまっても、適切なケアで肌は綺麗な状態に戻ります。
跡を残さず治すために、慌てず冷静に対処してくださいね。

スポンサーリンク