桃園国際空港と台北を結ぶMRTががとうとう開通しました!

桃園国際空港と台北を結ぶMRT(桃園機場捷運)がとうとう開通しました。
こちらの記事は2016年に書かれたのもです。
最新関連記事はこちら↓

スポンサーリンク

とうとう開通しました。(最新)

桃園空港MRTが開通。時刻表、料金、停車駅、乗り方!

2017.03.06

これまで桃園国際空港から台北市内への移動はやはりバスが多かったと思います。
ゆったりとはいきませんが乗心地も悪くなく値段も安いので(125元)台北市内へ、そして市内から空港へのアクセスには私も毎回バスを利用してきました。
ですがハイシーズン時にはバス待ちにかなり時間がかかる事も多く、いざ乗り込んでも昼間から夕方にかけては市内の渋滞のため予定した時間の通りに着かないこともしばしば。。

そんな中待ち望まれていた桃園国際空港〜台北間のMRTが12月にとうとう開通します。

バスより速く、時間もより見えやすいMRTはギリギリいっぱい時間を活用して遊びたい弾丸旅行客や分刻みのスケジュール&時間厳守のビジネスマンにとってはうれしい限りですよね。

ここではそんな桃園国際空港〜台北間のMRTの詳細情報を随時更新していきます!

2017年3月とうとう開通

63z-01101    出典:台湾の鉄道トピックス

当初は2010年に開通と言われてから度重なる延期・・・
路線および設備はすでに完成しているのですが、試験運転おいてシステムの異常、脱線、ブレーキの動作以上などで不具合が発生したため延期になっていました。

台湾交通部の発表では現在安全上の問題は基準をクリアしており、あとは速度、時間等の調整段階で今年12月には開通できる可能性が高いそう。

スポンサーリンク

空港MRT調査委員会は2016年8月27日、記者会見を開き、設備やシステムの異常について、十分に把握、安全と安定的な運行に関する課題を解決したことを確認したとして、開通を推し進めるよう提案しました。
速度及び所要時間は契約で定められた基準には達せず、10分間隔での運行は不可能であることから、開通当初は、ラッシュ時は12分間隔、閑散時は15分間隔となるということです。

日にちの詳細はわかり次第お伝えしますね。

そして開業後1カ月程試乗期間を設ける予定も

現在検討されているのが、開業後1カ月程度の試乗期間です。

2013年、台北信義線で1カ月間実施された試乗期間際はもちろん運賃が無料でした。
ですのでこの桃園機場捷運においても試乗期間際中は運賃が無料になる事が予想されます!!
ですがしばらくは混雑が予想されそう・・・本数や車両内部の余裕に期待したいところですね。

桃園国際空港〜台北間が35分

63z-01113    出典:台湾の鉄道トピックス

桃園国際空港〜台北間51kmの区間を35分の予定、バスでは桃園国際空港と台北が55分でしたからかなり早いですね。

 

開業時は空港第二ターミナル駅から台北駅まで各駅で12駅、快速で4駅です。

その料金は160元

料金は各駅・快速どちらでも160元の予定です。

そして運行時間は、6:00~24:00頃の予定です。

 

桃園国際空港と台北のアクセスがうんっと便利になるMRT桃園機場捷運、詳しい情報が入り次第随時更新していきます!

スポンサーリンク