桃園空港MRTが開通。時刻表、料金、停車駅、乗り方!

 

台湾最大の空港であり玄関口である桃園国際空港の各ターミナルから台北駅を繋ぐ桃園空港MRTが度重なる延期を経て2017年3月2日、とうとう正式開業しました!

スポンサーリンク

実際に乗ってきたレポートはこちら
空港内の地図も記載。ここを見れば迷わず行けます!!

桃園空港MRTに台北駅まで乗ってみた。各駅と快速の車両の違いにビックリ!

2017.04.25

ここではその乗り方、料金、停車駅を紹介していきたいと思います。

 

桃園MRTの時刻表

空港および、台北駅からの始発と終電はこちらになります。

間隔はと言うと各駅停車と快速が交互に一時間に8本でています。(22時代からは減っています、詳しくは時刻表をご覧下さい)

始発

桃園空港第二ターミナル→台北

  • 6時6分(各駅停車、所要時間45分)
  • 6時12分(快速、所要時間35分)

桃園空港第一ターミナル→台北

  • 6時9分(各駅停車、所要時間45分)
  • 6時14分(快速、所要時間35分)

台北駅→桃園空港第一、二ターミナル

  • 6時00分(快速、所要時間35分)

終電

桃園空港第二ターミナル→台北

  • 23時35分(各駅停車、所要時間45分)

桃園空港第一ターミナル→台北

  • 23時37分(各駅停車、所要時間45分)

台北駅→桃園空港第一、二ターミナル

  • 23時5分(各駅停車、所要時間45分)

 

第二ターミナルからの時刻表

右側の『往台北』が台北方面への時刻です。

2017-03-02_112204

第一ターミナルからの時刻表

右側の『往台北』が台北方面への時刻です。

2017-03-02_112233

台北駅からの時刻表

『往機場・中壢』が空港方面への時刻です。

2017-03-02_112305

空港ターミナル間の移動は悠遊カードで無料で移動ができます。
トランジットなどのための配慮ですね。

停車駅

pic3102-e1487218821749
スポンサーリンク

現在、台北駅〜環北駅まで21駅、その先に書いてあるある老街渓流駅、中壢駅への線は現在まだ開通していません。

桃園空港第二ターミナルからMRTへの乗り方、料金!

空の便を経て桃園国際空港にやっと着きました。
到着ロビーをでてすぐのところに

00airport

このエレベーターに乗り、地下二階へ。ほんと真下に駅がある感じなんですね。

地下へ降りエレベーターを出て進むとあるのがチケット売り場。

空港第一、第二ターミナル〜台北駅は160元です。

00mrt1
ここで目的地までのチケットを購入してからそのまままっすぐ進むと改札がありますので入場してください!

便利に利用するコツ

これから旅の間台湾及び台北内をMRTで移動する機会の多い方は、到着ロビーがあるフロアで悠々カードを購入&チャージしておくのがオススメです。

到着ロービーを出て地下のホームへ行くエレベーターに乗る前に悠々カードを販売しているカウンターがあるのでそこで購入出来ます!
ちなみにこのフロアには両替カウンターもあるのではじめにチェンジしておくのがいいかもしれませんね。

その際、いくらチャージするかは旅のスタイルによって変わってくると思うのですが、例えば空港〜台北間の往復、市内で2〜3日移動する!
というのであればまずデポジット100元とチャージで500元の計600元位買うのがいいかと思います。

空港〜台北間が160元×2で320元、残り180元あれば交通費の安い台北ではしばらく大丈夫じゃないかと。
2017年4月1日までは開通キャンペーンで半額80元で乗車できます。

なお、桃園空港MRTは4月1日まで運賃が半額となる。4月2日より10人以上の団体なら20%引き。
ほかに▽1カ月、30%引き相当▽2カ月、35%引き相当▽3カ月、40%引き相当──の定期券や、300人以上で100日間なら50%引き相当となる「通勤135団体優待」がある。

という団体割引、通勤定期割も登場。

 

まとめ

桃園国際空港〜台北の移動がグッと便利になった桃園空港MRT。

バスよりもお値段はすこしUPしますが何と言っても空港〜台北駅間の時間が快速で35分というのはもの凄く助かりますよね。
時間が読みやすく計画を立てやすくなるので弾丸旅行や、ビジネスで役に立つのではないでしょうか。

スポンサーリンク