梅雨時期の湿気とうまくつき合って布団やベッドのダニとはもうおさらば!

じめじめした梅雨時期、湿気が上がりダニやカビが繁殖しやすくなてしまいます。布団やベッドをしっかりダニ・カビ対策することによって眠りを快適にしましょう。

スポンサーリンク

どうして湿気でダニやカビが?

ダニ・カビは湿気ももちろんのこと湿気と気温も上がる事によってより発生しやすくなります。

・ダニは気温20~25℃、湿度60%以上
・カビは気温20~25℃、湿度65%以上

で発生しやすくなります。
まさに梅雨時期なんですね。

そして更に雨などで窓を閉め切った状態が続くことによってホコリがたまりそこにダニやカビ菌の胞子がくっついてさらに繁殖してしまうんです。
それに加え布団やベッドはダニの栄養分になる垢や皮脂、フケや髪の毛等が豊富なので更にキケンという訳ですね。

近頃では高性能な空気清浄機やエアコンでも調節できますが「そんなのうちにはない!!」
といった方々でも出来る対策を紹介していきます。

梅雨時期のお部屋のダニ・カビ対策方法

お部屋をまめに掃除することは季節にかかわらずもちろんするべきですが・・・

窓を開けて換気すること

雨の日が多く閉め切ってしまいがちですが、晴れの日は窓をあけて室内の換気をしましょう。
これは基本中の基本ですね。
合わせて夏時期に使う扇風機をいち早く使って空気を循環させること、換気扇をまわすことでより効率よく換気できます。

エアコン、除湿器を活用

エアコンの除湿機能は有効です。最近では空気清浄機に除湿機能がついたものが多くこちらも有効ですね。

部屋干しはしない

部屋に干すことによって湿度が上がります、その量5kgの洗濯物で3リットルもの水分。
雨の日にどうしても洗濯しなければならない時は上記のようにエアコンの除湿機能や除湿器を使うか、浴室で換気扇をまわして干しましょう。

では布団やベッドの除湿はどうしたらいい?

布団の場合万年床は絶対ダメ!

毎日動かすことが大事なんです、これキホン。

イチバンいいのは布団乾燥機と布団クリーナー!

スポンサーリンク

まずは布団乾燥機でしっかり除湿。
次に布団クリーナーでダニやハウスダストを徹底的に取り除きます。合わせて使うと効果的です。

そして布団専用の除湿シートを活用するとさらに安心です。

晴れた日には天日干し

PPS_2kaidatenominka-thumb-autox1500-13014

ただこれは前日雨が降っていた場合は要注意。地面に溜まった湿気が上がって布団が吸ってしまう恐れがあります。
地面が乾いていることを確認してくださいね。

シーツや枕カバーも清潔に!

シーツは1週間に1回、枕カバーは出来れば毎日でも替えるとダニの繁殖はかなり防げます。

ベッドのマットレスはどうすればいい?

hotel-203368_1280

まずはベッド下に収納をしないこと。
ベッドをカベにピッタリくっつけてかつベッド下に収納するとほんと危険、通気性が悪くなりカビが発生しやすくなるので注意してください。

ベッド下には除湿剤を置いておくといいですよ。

できれば定期的にマットレスを上げて壁に立てかけて干しましょう。
梅雨時期の湿気やカビに備えて、お部屋や生活スタイルに合わせてベストな対策をしてゆっくり・しっかり休むための空間づくりをしていきましょう。

 

スポンサーリンク