歓迎会!女性新入社員の服装はどんなのがいいの?NGポイントは?

会社に入ってようやく馴染んできたころ、行われる「新入社員歓迎会」。
スーツなら迷うことはありませんが、私服でいいよと言われると、かえってどんな服装にしようか困ってしまいますよね。

スポンサーリンク

普段お世話になっている先輩たちだけでなく、初めて顔を合わせる上司や先輩もいる会社の歓迎会。服装で失敗したくありませんね。

新入社員歓迎会で好印象を与える服装やマナーについてご紹介します。

新入社員は「清潔」「カジュアル」をキーワードに

 

0143_05_01491

出典:http://www.niau.jp/codesearch/nomikai/kansougei/23201703034167.php

新入社員が好感をもたれる服装のキーワードは「清潔感」と「オフィスカジュアル」。
私服といえども、あくまで社会人としての一定の基準は外さないように気を付けましょう。

ジャケット…カーディガンよりジャケットのほうがきちんと感がでます。

トップス…ブラウスやシャツは色の薄い無地のものがいいでしょう。きれいめのカットソーでも可。

ワンピース…大人っぽいもの。膝下丈のものを選びましょう。

スカート…タイトスカート・フレアスカートとも膝下丈のもので。シンプルでカジュアルなものが好印象です。足はストッキングを着用しましょう。生足はNG。

パンツ…七分丈以上の無地のもの。

0136_02_01383
出典:http://www.niau.jp/codesearch/nomikai/kaisya/14201611032956.php

アクセサリー…派手すぎないネックレスやブレスレットなど、全然ないと堅苦しいので、多少華やかさを出すためにも必要でしょう。

パンプス…ヒールの低いものにしましょう。ブーツはやめましょう

服装だけでなく、髪型やカバン、服のしわ、靴下に穴があいてないかなどにも気を配りましょう。
大切なのは「清潔感」です。新入社員らしくフレッシュな印象を持ってもらえるよう気を配りましょう。

NGな服装とは?

image3

「私服でいいよ」と言われても歓迎会は仕事の一環。場にそぐわない服装は上司や先輩に悪印象を与えかねません。

NGな服装は以下のようなものです。

スポンサーリンク
  • 胸元の空いたシャツ、ミニスカートなど露出の多いもの→下品な印象を与えるためNG!
  • ジャージやスウェットなど、「部屋着」みたいな恰好→だらしのない印象になる
  • ジーンズ、パンク系のジャケット→ラフすぎ、ハードすぎて場にそぐわない
  • ヒールの高いもの、厚底の靴→新入社員のフレッシュ感がない。派手。
  • 大きく派手なアクセサリー→近寄りがたい印象になる
  • 変な柄の服、派手な色の服→近寄りがたく、場にそぐわない

服装でその人の印象は大きく変わります。
清潔感にかける格好や、派手で個性の強すぎる服装は避けて好印象を目指しましょう。

歓迎会で気を付けること

image4

できるだけ参加する

新しい仲間との親睦を深めるために開催される歓迎会。
普段、あまり話すことのない上司や先輩の話を聞けるチャンスでもあります。

それに、むやみに欠席すると「協調性に欠ける」と思われるかも。できるだけ参加しましょう。
もし、どうしても参加できない場合は、早めに幹事に伝えましょう

遅刻は厳禁!

社会人として遅刻は絶対NGです。
いきなり「時間にだらしないやつ」と思われますよ。15分前には待ち合わせ場所につくようにしましょう。
お店での待ち合わせであれば、先輩や上司が来るまでお店の前で待ちましょう。

上座に座らない

基本的に部屋の入り口から一番遠い席が「上座」で、入り口近くが「下座」になります。
会社の飲み会の場合、一般的に役職の高い人が上座に座ります。
いきなり上座に座らないように気を付けましょう。
新入社員は下座が基本ですが、歓迎会だとあえて上座近くに席を用意されているケースもあります。

乾杯は上司や先輩から

グラスを持つのは、上司や先輩が持ち始めてからにしましょう。

また、グラスを掲げる時も上司や先輩より高く上げないようにしましょう。あくまで目上を立てて行動することが大切です。

乾杯をしたら一口でも飲むのがマナーです。お酒が苦手でも口をつけるしぐさはしましょう。

はめを外しすぎない

いくら無礼講と言われても、学生のノリで飲みすぎてはめを外しすぎないように気を付けましょう。あくまで「会社の」飲み会ですからね。
またお酒を勧められると思いますが、断れなくて注がれるまま飲んでいると酔いつぶれたり、次の日の仕事に支障が出たりといいことがありません。
もう飲めないと思ったら素直に言ってセーブしましょう。

翌日は御礼も忘れずに。

歓迎会の翌日は、上司や幹事をして頂いた先輩に「昨日はありがとうございました。」をお礼の気持ちを伝えることも大切です。

しっかりと御礼を言えることは、周りにとても好印象を与えます。

まとめ

新入社員の歓迎会は自分を会社のみんなに知ってもらう大切な場でもあります。
今後、職場での仕事のしやすさにも大きく関わってくると思いますので、楽しみつつも先輩や上司に失礼がないように上記を参考にしつつ、服装だけでなく、立ち振る舞いや気遣いも忘れずに歓迎会を楽しんでくださいね♪

スポンサーリンク