秋にも花粉?その症状の風邪との決定的な違いはココ

一般的に春に花粉症で悩まれる方が多くいらっしゃいますが、実は秋にも花粉症になる人がいるのです。
春の花粉症の原因は杉などの花粉を吸い込むことで体が反応して花粉症の症状を引き起こすのですがそれだけではなく、秋の花粉は稲穂など、秋に収穫される穀物などの花粉によって引き起こされる場合も。
そこで、秋の花粉について知るとともに適切な対策をしましょう。

スポンサーリンク

花粉症は何故なるのか?

春でも秋でも、花粉症は一体どうしてなるのでしょうか?
実は、体の防衛の反応として起こるのです。人間の体には免疫があります。
この免疫が病気になりにくくさせているのですが、外部から異物(ここでは花粉)が入り込むと体は異物とみなし、抗体を作り出すのです。所謂、アレルギー反応です。
異物と体が認識すると、抗体を作り出し、花粉に反応してヒスタミンなどの物質が体内から排出されます。これにより、かゆみなどが発生したりします。
花粉に反応しやすい人、なりやすい人は体質的にありますが、免疫力が一時的に低下した人が体内にアレルゲンが入り込むことで、同じような現象が起こり、花粉症を発症する場合もあります。
花粉症という症状は体の防衛反応として現れるのです。

秋の花粉って?

夏から、秋に変わり花粉症に似た症状が現れる人が多くいらっしゃいます。ただの夏の疲れか来る風邪なのか、と思われがちですが秋花粉なのです。
春の花粉の代表的な物といえば、「杉」ですが秋の花粉はどういった種類があるのか見ていきます。8月から9月にかけてガマという植物のよるものや、稲刈りのシーズンでもあるので、イネが原因で花粉症の症状が現れることもありますが

秋の花粉症の主な原因といわれるのは・・・

  • ブタクサ
    ragweed-219747_960_720
    野原、道ばたなど我々の生活圏内に多く生えていています。
  • ヨモギ
    imgstyle.info_2548S
    関東以南に生えています。都市部にも多く見られるので注意!
  • カナムグラ
    img_1
    つる植物でとげがあります。日当りが良い場所で生育しやすく、電柱などに絡まっています。

 

 

これらが原因の多くだと言われています。

スポンサーリンク

上記植物の花粉はどれも大体8月の中頃から10月頃まで飛散します。
特徴としてこれらは春の花粉より花粉の粒子が比較的小さいので、肺に入りやすく、喘息の原因になる場合もあると言われています。

 

 

また意外と知られていないアレルゲンの元になるのが「昆虫」です。
ちょうどこの季節、乾燥がはじまり蛾やゴキブリ、ユスリカなどの死骸が粉末になったものを吸引することで、アレルギー性鼻炎を引き起こすとされています。年間通してそうですが、秋の衣替え時期、たんすのダニなどもアレルゲンになりやすいので注意が必要です。

 

秋花粉の症状は、春の花粉とほぼ同様です

のどが痛くなったり、咳、鼻水が出たり、目がかゆくなったりと風邪に似た症状が出ます。

鼻水の粘度や発熱などに違いが出ますが一番分かりやすい違いは

目のかゆみ

です。風邪で目がかゆくなる事はありません!

もちろん花粉症でも症状はひとそれぞれで目がかゆくならない場合もありますが鼻水や発熱と 併発した場合は花粉症である可能性が高いです。

そしてのどの痛みが花粉症ではほぼないのも特徴です。

秋花粉の対策

秋にも春と同様に花粉症になる原因物質があると説明しましたが、一体、秋の花粉ではどのように対処したらいいのでしょうか?

 

IMG_0856

一般的に秋の花粉症は、春の花粉よりなりにくいとされています
その理由の一つとして、春花粉の主な原因は杉によるものですが、杉は木で高いところにあるため、風に乗りやすく飛散範囲が広大になるのに対して
秋花粉の場合は、杉と違い稲、ヨモギ、ブタグサなどの草の花粉なので、飛散範囲が狭く、飛散量も少ないためです。
しかし、春の花粉症で悩んでいる方は特に秋の花粉にも注意をする必要があります。

 花粉を寄せ付けないようにするために

一番は、原因の元になる草花に近づかないということが大事です。

・秋はハイキングや運動会など、過ごしやすい気温になり外に出る機会も多くなるかと思いますが、
外出する時、花粉を寄せ付けないようにするために帽子やマスク、メガネなどを着用すると共に、外出先から帰宅したら手洗いうがいをすることが重要です。

・ニットやフリースなどは花粉が付着しやすいので、市販の「花粉ガードスプレー」をうまく活用してみてください。

・そして花粉に限らずアレルギー対策として室内では空気清浄器を使うことはとても有効です。
また、上記で述べた通り、昆虫の死骸やダニなどもアレリギーを引き起こす原因となりますので、こまめに掃除をしたりすることも重要です。
実は意外と多い秋の花粉症。
症状が現れたら、まずは花粉症を疑い、症状が重い場合は薬を服用し、症状の改善が見られない場合は、医療機関で詳しく検査を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク