簡単な炭の起こし方のコツ。バーベキューはこれで大丈夫!

暖かくなりお出かけしやすくなりました。公園でお弁当を食べたり、水遊びなど近場で満喫するのもいいですが、海や川でバーベキュー。
キャンプなどに行きたいと考えているかたも多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

夏休みも子供に楽しい思い出をと考えながらも、バーベキューやキャンプは準備も片づけも大変です。ましてや旦那様なしでは荷物も多いし、火おこしなんてもってのほか!!
でもコテージや設備の整ったところへ旅行気分で行ってバーベキューできたら良いですよね!旦那様がお仕事でも子供やお友達と一緒に行けたら・・・または会社の皆さんでバーベキュー。

 

なかなか火がつかず悪戦苦闘。
上司や女子からの視線・・・・コツをつかめば簡単!できないと思っていた火おこしがあなたにもできるはずです!

準備するもの

    1. 新聞紙
    2. 炭もしくは薪(まき)
    3. ライター
    4. アルミホイル(BBQコンロの場合)
    5. 小枝、もしくは割り箸

以上です。

 

先ずは

アルミホイルはコンロの一番下に敷いておきます。
そして新聞紙は1枚ずつ丸めておきます。そして一つだけ細長く丸めて筒状にして少しねじっておきます。

この時ぎゅっと強く丸めすぎないのがコツ!中に空気を少しだけ残しておく感じですね

 

コンロに敷いたアルミホイルの上にこの新聞紙ボールを置いて下さい。

aid8941-900px-Create-a-Strong-Burning-Charcoal-Fire-Without-Lighter-Fluid-Step-8-Version-2

敷きつめて下さい。そしてその新聞紙ボールの上に小枝(割り箸でも可)を一方向に向け並べて置きます。

aid8941-900px-Create-a-Strong-Burning-Charcoal-Fire-Without-Lighter-Fluid-Step-9

 

その小枝の上、中央付近にに炭を置きます。

aid8941-900px-Create-a-Strong-Burning-Charcoal-Fire-Without-Lighter-Fluid-Step-10
スポンサーリンク

これでセッティング完了です!次は着火です。

筒状にねじっておいた新聞紙の先に火を着け(ここで着かないはナシで笑)、新聞紙ボールの中心部へ差し込みます。
そうすると周りの新聞紙ボールに燃え移る→小枝&その上の炭に火が着く、というふうになる訳です。

Create-a-Strong-Burning-Charcoal-Fire-Without-Lighter-Fluid-Step-12

火が炭へ移るまで触らずに我慢です。

全部の炭に火が回ったら崩して広げます。
炭の煙突の中で自然と上昇気流が発生し空気を送らなくても火が回ります。

一番下にアルミホイルを敷いておくと片づけが楽になり、BBQコンロが痛みにくくなるのでおすすめです。

着火剤を使用して効率よく

新聞紙と炭では不安!着火剤があれば簡単に・・・
ですがしかし、意外と火はついても炭に回らなかったりと簡単ではない様子。

基本的には同じ流れで火を起こす!ということ
そしてそこに着火剤を補助的に使うといいですよ!

はじめに紹介した火を着ける前までセッティングしたら、新聞紙ボールの中に紛れ込ませる&小枝の上の炭に紛れ込ませます
そこからは先程と同じく火を着けるだけです。

aid8941-900px-Create-a-Strong-Burning-Charcoal-Fire-Without-Lighter-Fluid-Step-14

着火剤の代わりとして身の回りにあるもので代用もできそうです

牛乳パックやガムテープが使えるんです!
牛乳パックはしっかり洗って、しっかり乾かしたものを用意してください。1cm~2cm幅くらいに輪切りにしておきます。

ガムテープは適当にちぎって細長くねじっておきます。

この二つはろうそくのようなワックスがついているのでしっかりと燃えてくれるんです。
ガムテープはキャンプやBBQで色々使う場面があるかと思うので”とりあえず”持っていくといいかもしれませんね。

まさかの火おこしグッズ

 

 

他にも大変な火おこしを簡単にしてくれるグッズが様々販売されています。

火おこし器や火おこし様バーナーなど・・・etc。炭に着火剤を塗ってバーナーで炙るだけ!!これを使用すれば一番失敗なく簡単に着火できそうですね!

しかし1度しか使わなかったら・・・なんて方には先ほどの方法で試してみてください!
火おこしがスムーズだとBBQもスムーズに始まりより一層楽しめますね!!

 

安全に注意しながら難関の火おこしをマスターしてアウトドアデビュー目指しましょう!!

スポンサーリンク