自宅でのニットのお洗濯!そのコツとやってはいけないことを覚えておきましょう!

サマーニットに定番の冬物ニット、クリーニング代もバカになりません。
かと言って自宅で洗濯するには心なしか不安もありますよね。
ちょっとしたコツと注意点さえ守れば自分でも安心してお手入れができますよ!

スポンサーリンク

まずは表示を確認しましょう!

 

衣類の裏地等に必ず洗濯表示が付いています。品質表示といってJIS(日本工業規格)で定められた
表示が家庭用品品質表示法で義務付けられているのです。
まずは、この表示を守ることが大前提となります。また日本と海外では表示の仕方に若干違いがありま
すので、くれぐれもお間違えのないように。

wash

稀に洗濯表示が全て×の製品もあります。つまりこの衣類は洗うことが不可能です。という表示です。
クリーニングにも出すことができず、一体どうしたら・・・とお困りの方もいるかと思います。
このような時は技術力の高いプロのクリーニング店(ここを捜すのもまた大変です。)に相談するか、製造元に問い合わせをするかの方法しかありません。
ですので、まずは購入する際、気に入った!これだ!と思っても必ず、家で洗濯、手洗いできるものであるか否か、クリーニングに出すことができる製品か否かを確認することが最低限必要かと思います。
せっかく気に入って買ったニットは大切に、できるだけ永く着続けたいものです。

洗濯機で洗う際のコツ

洗濯機マークと手洗いマークが表示してあるニットは水洗い可能な製品です。
下手にお湯を使うと色落ちしてしまうこともあるので水で洗いましょう
袖口や襟、肘など汚れやすい部分が外側にくるようにきちんとたたみ、洗濯ネットに入れます
洗濯ネットも小さめの方が型崩れしなくて済みます

また、表の風合いをできるだけ損なわない為にも裏返してからたたんでネットに入れた方が無難です。
しみなどがある場合はその部分にまえもって、おしゃれ着洗剤を浸み込ませておくのが良いです。(くれぐれも長時間放置してはいけません。また揉みこむのも型崩れの原因になるので避けてください)
そして洗濯機のドライコースで洗濯してください。
初めて洗う時は、表示を過信せず色落ちテストをしましょう。
目立たない所におしゃれ着用液体洗剤の原液を少量つけて数分置き、白い布で押さえてみて、もしも色がついた場合は単独で洗ってくださいね。

スポンサーリンク

手洗いをするときのコツ

fashion-1283863_960_720

洗濯機同様、たたんで洗濯ネットに入れて、優しく押し洗いをします

できれば洗い専用とすすぎ専用の洗濯桶が二つあればいいのですが、なかなかないと思いますので、洗面器でも代用できます。
ちなみに筆者は洗面所が少し広めなので、水栓をして、そこで手押し洗いをしています。
30度以下のぬるめのお湯がいいかと思います。
すすぎの際は柔軟剤をいれると、香りもよく、ふんわりとした仕上がりになりますよ。
そして洗濯機で脱水を30秒!目を離してはいけませんよ!
干すときは100円ショップで売っているワイヤーネットを使うと簡単に平干しすることができます。
ハンガーにかけてしまうと、袖口や裾が確実に伸びてしまいますのでご注意ください。

手洗いする際に絶対にしてはいけないこと!!

第一に

熱湯厳禁!
熱湯は繊維を傷め縮みの原因になってしまいます。
ぬるめのお湯で優しく押し洗いましょう。

第二に

長時間洗ってはいけません!
洗う時間が長ければ長い程、汚れが落ちるような気がしますが、ニットにおいては、そうではありません。繊維が傷む、つまり素材が傷んでしまいます。長くても10分以内におさめましょう。

第三に

手で絞ってはいけません!
捩ることにより素材が傷み型崩れの原因になりますので、洗濯機にて30秒の脱水!これを頭に入れておくと、いいですね。

ニットの気持ちになってみましょう

洗濯するタイミングですが、ニットは着用した度に洗う必要はありません
余程の事がない限り(例えば一日中パチンコ店にいてたばこの煙まみれになっていた等)ワンシーズンに一回から二回で十分です。
ただ、脱いですぐにクローゼットやタンスにしまうのはやめましょう。
ニットは臭いを吸収しやすいですし多少なりとも汚れは付着していますので、消臭スプレーを噴霧し、風当たりの良い日陰に一日干して繊維全体に風通しをしてから、しまうのがベストです。
また、皮脂汚れを防ぐためにも地肌に直接着ることは避け、中にインナーを一枚着ることでかなりの汚れ防止になるかと思います。

最後に、特上のお気に入りや高級なニットは、表示確認で大丈夫!と思っても、購入時の風合いを末永く保つ為の、
投資だと考えて専門のクリーニング店に出すのが一番安心ですね。

スポンサーリンク