行列の台湾ラーメン店、味仙・東京神田店へ行ってきた!

今東京でも人気の台湾ラーメンですが、名古屋発祥の元祖『台湾ラーメン』を提供することで有名な『味仙』。
お店の地元、名古屋&辛いもの好きでは知らない人はいない程有名ですよね。

スポンサーリンク

「『味仙』は5人のご兄弟が暖簾分けをし、それぞれぞが店舗を経営しています。東京初進出となる神田店は、末っ子の郭政良さんのお店。」とのこと。

その『郭 政良 味仙 東京神田店』に行ってきました。その時の様子をちょっぴり辛口レポートしちゃいます!

神田駅北口から出て徒歩3分、行列は?

神田駅北口を出てからほど近く、3〜4分ほどで見えてきました。
さすがに日曜日、ということで見事に行列が出来ていました・・・
わりとコッテリ系のメニューが多い『味仙』、男性が多いかな?と想像していたのですが列の前の方を見てみると意外と女性も多かったです。

IMG_5955

その際、行列の整列にあたっていた警備員さんに渡された整理券!

コレ↓番号がめちゃくちゃで並んでる人数じゃなかったみたいです。

IMG_5954

 

行列に接続し、しばらくするとメニューを渡されました!

値段が名古屋とは違う・・・

IMG_5953

ここで衝撃の事実が発覚!

台湾ラーメンの値段が名古屋よりも高いのです。これがいわゆる東京価格ということなのでしょうか・・・(今池本店では台湾ラーメンが¥630
ですが、調べてみるとチャーハンや餃子は名古屋の店舗とは同価格。
もうこれは実際食べてみるしかありませんね。
そんな価格にびっくり事件なんかもありながらもうしばらく待つ事トータル50分程、やっと入店できました。

 

券売機で食券を買います!
この時は混んでいたため追加オーダー不可だったのでイッキに買いました。
台湾ラーメン(塩)という未知のメニューにココロを揺さぶられたものの、まずは基本から!
と思い直し

  • 青菜炒め
  • 餃子
  • チャーハン
  • 台湾ラーメン
  • ビール(笑)

を購入!(二人です)

店内は20席程、名古屋のだだっ広い店内を想像するとかなり拍子抜けしますね。着席し料理を待ちます。

〜実食〜レポート

そしてやってきました。
やはり『味仙』は提供が超早いですね(笑)

青菜炒め ¥750

IMG_5956

 

よくある空芯菜炒めのようにニンニクと中華ダシがピシッと効いた味
とても美味しいのですがこの値段でこの量はちょっと・・・ って思いませんか?

スポンサーリンク

台湾餃子 ¥450

IMG_5958
ぶっちゃけ良くも悪くも”ふつーに”美味しい餃子。ビールに合います!

 

しかし正直このお皿にこの量、盛り方は雑なのでは?と思わずにいられませんでした。
けっして餃子としては安くもありませんので”餃子好き”の方にはよいかも。

チャーハン ¥680

IMG_5959

 

一度に数人前分ずつ作っているようで少し時間差できました。

具はネギ、卵、チャーシューと一見めちゃくちゃシンプルなチャーハン。
しかし味は絶品でした!

そして最後は

台湾ラーメン ¥800

IMG_5961

提供されてまず思った事、

「名古屋で見たのと器の大きさが全然違う・・・」

ということ、なんか大きかったです。
やはり¥800ということで大きいのかもしれませんね。何となく納得!!
具は台湾ミンチ、ニラ、白ネギ(ほんのチョッピリ、間違って入れたのかな?)、鷹の爪にたっぷりとニンニクが入っていました。
麺は中太の微ちぢれタイプ。

味の全体像はなかなか辛く(名古屋のよりは若干優しいかな??って位)これまで名古屋で食べた事のあるソレと似ているものの、スープのコクが足りない感じで足腰が少し弱いかな?と思いました。
もうちょっとダシが強ければ、という感じ!
良く言うとすっきりして食べやすい上品なピリ辛ラーメンでした!

 

厳しめのレポートになってしまいました(汗)
メニューが少ない!狭っ!とか色々思いますが、この味を東京で食べられるのはココだけなので”あの”『台湾ラーメン』が好きなあなたにも是非一度食べてみることをオススメします!

ちなみにこちら以前矢場店で食べた『台湾ラーメン』辛さ2倍!

IMG_4878

もの凄い辛さ&パンチ力でしたがとても美味しく汗びしょびしょになりながら食べました!

 

店舗情報

店名 郭政良 味仙 東京神田店
住所 東京都千代田区神田鍛冶町3-3-21 1F
営業時間 昼 11:00~15:30(L.O.15:00)
夜 17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日 日曜日・祝日
最寄駅 神田駅

ちなみに電話での予約等はできないそうです!お店に直接うかがってみてくださいね。

 

スポンサーリンク