足の皮がカサカサ、ぽろぽろ剥けるのはかゆくない水虫、その症状は?

足の皮がぽろぽろ剥けてしまうのはかゆくない水虫かもしれません。
「水虫」というと、ジュクジュク化膿して赤く腫れたり、水泡ができたり。なにより猛烈にかゆい!というのが特徴ですが、かゆみやジュクジュクがなくても水虫に感染している場合があります。

スポンサーリンク

水虫は、日本人の5人に1人はかかっていると言われています。特に「かゆくない水虫」は、女性の感染者が増えているとのこと。
症状がわかりにくく本人の自覚がないため知らないうちに感染して悪化しているケースも多いようです。

そんなかゆくない水虫の症状と原因、治療法についてまとめました!

かゆくない水虫は「角質増殖型」といいます。その症状とは!?

普通のジュクジュクした水虫を「趾間(しかん)型水泡から赤みが広がるタイプの水虫を「小水疱(しょうすいほう)型」と言いますが、かゆみがなくジュクジュクしないタイプは「角質増殖型」と言います

どのタイプも原因は白癬菌の感染によるもので根本治療が必要になります。

「角質増殖型」水虫の特徴

chucks-1275903_960_720

角質増殖型に感染すると足の裏の角質が分厚くなりゴワゴワになります
足の裏全体がガサガサと乾燥して、特にかかとは粉をふいたように白くなります。そのままにしておくとそのまま皮が剥けたり、ヒビ割れたり。

かゆみを感じないので、ただの乾燥と勘違いして放置してしまう人が多いです。
特に女性は水虫のイメージが薄いので、ブーツやパンプスなど蒸れやすい環境で悪化しても危機感もなく放置されがちです。

症状は足がこもりやすい冬場に強く表れひどくなるとかかとがひび割れてあかぎれ状態に
かかとをつけて普通に歩くと激痛が走るようになってしまいます。

このような場合で

  • 保湿クリームを塗っても改善しない。
  • 片方だけ非常に荒れる。
  • 足の裏全体が厚ぼったい。

などの症状があれば水虫を疑ってみましょう。

「角質増殖型」の水虫になる原因

じつは「角質増殖型」は結構厄介な水虫です。
通常足の表面で白癬菌が増殖すると激しいかゆみが起こります。これは体の免疫反応がちゃんと機能している証拠。
でも角質増殖型はかゆくありません。それってまさか・・。そう、なんと白癬菌と免疫が仲良くなって白癬菌を攻撃していないのです。

「オイオイ免疫ちゃんと働いてよ・・。」って感じですが、ともあれこのせいで本人は自覚なく水虫と暮らす羽目になるわけです。

スポンサーリンク

この「角質増殖型」水虫になる方はそれまでに典型的な”かゆい”水虫に悩まされていたもののそれが慢性化することによってそもそもの水虫の原因である「足カビ」が身体の免疫機能と仲良くなってしまい、かゆみを感じないまま足の角質の中で増殖してしまうことで起こっています。

要するに

それまでのかゆみがある趾間型水虫や水疱型水虫の段階でしっかり治療をして完治してしまう前に放置してしまったことで進行した場合が多いというわけなんです。

 

白癬菌は角質の奥でひそかに増殖し続け、皮膚はボロボロになってしまいます。
剥がれ落ちた皮膚にも白癬菌は潜んでいるので、カーペットやスリッパを介して感染は広がってしまいますので一緒に生活しているご家族も気をつけなければいけません。

足だけではなく爪にも

toe-221397_960_720

そして白癬菌は角質だけじゃなく爪や手、頭にも感染します。じわじわ爪の中に入り込み

  1. 爪がぼろぼろになる
  2. 爪が白く濁る
  3. 爪が今までより厚くなる
  4. 爪に筋が出来る

などの症状があらわれます。特に爪は感染すると非常に治りにくくやっかいです
元々水虫を持っている人でかゆみがなくなったからと中途半端に治療をやめると、実は角質に入り込んでかゆみがなくなっただけなんです。
症状的には悪化していることもありますのでしっかり完治するまで治療をしましょう!

「角質増殖型」水虫の治し方・ケアの仕方は?

 

「角質増殖型」は、角質の奥深くにまで白癬菌が潜んでいます
市販の塗り薬だけでは、奥にいる白癬菌を根絶させるのはなかなか難しいようです。
まずは皮膚科にいって、内服薬と塗り薬の両方を使って治療しましょう。

皮膚のターンオーバー(新陳代謝)は約一か月です。
薬で白癬菌を抑え込み、白癬菌のついた皮膚が完全になくなるのには1~4か月ほどかかります
症状が治まったように見えても、再発防止のため医者からOKが出るまではキチンと治療を続けましょう

悪化させないために足は指の間まで泡を立ててしっかり洗いましょう。蒸れ防止のため出来るだけ素足で過ごしましょう。
家族とスリッパは分けてくださいね。

ちなみに水虫は白癬菌が足についても24時間以内に洗い流せば感染は避けられます
水虫の人が家族にいる方は、毎日しっかり足を洗うことをおススメします!

まとめ

じつは侮れない、かゆくない「角質増殖型」の水虫。

このような症状に至るまでには段階があったはずです。
もし「おかしいな?」「だいじょうぶかな?」と思ったらなるべく早い段階で診療を受け、しっかりと完治するまで辛抱強く治療をしましょう。

スポンサーリンク