mineoにMNP!移行・開通までの期間と料金はどれくらい?

AUでiPhoneを使っていましたが、契約から2年経ち機種代金と払い終わると同時に「毎月割」がなくなってしまい、そんなに使ってもいないのに月¥8000以上。

スポンサーリンク

なんだか高いな・・・月々の料金がもっと安くならないかな!?
と思い一念発起mineoにMNPしました。

その際、申し込みからmineoに移行するのにかかった期間はどれくらいか、そして結局違約金や事務手数料などいくらかかったかを記していこうと思います!

申し込みのおおまかな流れ

mineoにMNPするにあたって今回はサポート店での設定してもらうのではなく、自分でしました。
その流れがこちらです。
簡単に流れを説明します。

  1. 現在使っているキャリアからMNPにの予約番号をもらう。
  2. エントリーパッケージを購入。
  3. mineoホームページにアクセスし申し込み。
    〜ここから数日〜
  4. 送られてきたmineoのsimカードに差し替える。
  5. mineoホームページで手続き。開始!

と、こんな感じでした。

移行期間はどれくらいかかった?

それで一番気になるポイント、実際MNPの予約を申し込む瞬間から、mineoのsimを差し込み、設定そして利用開始までどのくらい期間・時間がかかったかと言うと

2日と3時間(51時間)程でした。

 

日曜の朝9:00にauに電話してから火曜のお昼12:00前に設定を終え開通
それではその流れをもう少し詳しく見てみましょう!

開通までを時間とともに追っていく!

auに電話しMNP予約番号を受け取る

日曜日の朝、この日は朝一でauに電話しようと前日は遊びににもいかず、家で映画を見たり・・・なんて夜更かしもせずに早めに(笑)寝ました。

朝9時頃起きてMNPの予約申し込みを行って、「MNP予約番号」を受け取るためにauに電話

◆お電話(au携帯電話・一般電話共通):0077-75470(無料)
[受付時間]9:00-20:00

日は日曜、同じ事を考えてる人が多かったのでしょうか?電話口で10分以上待たされました。
オペレーターに繋がり、MNPの予約の趣旨をつげるとあっさり番号を発行してくれました。

巷ではユーザー離れを防ぐ為に引き止めポイントをくれることもある!
などと聞いていましたが、そんな様子は全くなく、あっさり10ケタの番号を発行してくれて拍子抜け。
”引き止めポイント”を貰っても移行は揺るがなかったですけどね。

エントリーパッケージを買いにいく

そして次はエントリーパッケージを買いに新宿西口のヨドバシカメラへ!
これはあらかじめかっておいても良かったのですが、なんとなく流れを掴むため順におってみました(笑)

マルチメディア館北館の一階入り口付近にsimフリー携帯電話やsimカードが売っているコーナーがありました。
店員さんに

「mineoのエントリーパッケージが欲しいんですけど!」

と言うともってきてくれます!
購入し帰宅。

mineoに申し込み

家に帰ってパソコンを開いてmineoのホームページを開いて

スクリーンショット 2017-03-24 22.24.50

ココから申し込み!
途中身分証明書を写真に取りUPしたり、入力を間違えたりしたので15分くらいかかりました。

ちなみにmineoのホームページには

スクリーンショット 2017-03-24 22.27.38
スポンサーリンク

赤丸の部分をご覧下さい!
手際のいい方なら10分で完了するようです(笑)

そして・・・

もうなにもすることがなくこの日はこれで終了。
後はmineoのsimが届いてからです。
ここからsimがいつ届くのかワクワクでした。

届いたsimカードを設定

そして届いたのが火曜日の午前中!
ちなみに筆者の住まいは都区内。

クロネコで届きました。
不在の場合はポストに投函されたりされず、不在表が残されてsimの封筒は持ち帰られてしまいます!

受け取ってから中を開けsimを差し込み設定します!

この時間内でなればできませんので注意してください!

MNP受付時間は9:00~21:00

送られてきたsimには設定の仕方の冊子が同梱されてきます。
mineoのホームページにログインし冊子を見ながら格闘すること約2時間程。

やっと開通し、電話とデータ通信する事ができました!!!

2時間も設定にかかるの?

と思った方、それは正しいツッコミです(笑)
というのも

mineoにMNPしてみた!開通したはずが繋がらない原因はコレだった。

2017.03.17
ここに詳細を書き残してあります。

これが火曜日のお昼位だったので開通までに約51時間かかったと言うわけです。

ちなみにこの時間は開通、メールアドレスの取得とその設定までも含めた時間です!

もっと早くできる方法!

今回はあくまで自分で全てやったのでこれくらい時間がかかったわけですが、もっと早く切り替えるには、

  • 平日に全て行う
  • mineoショップ、取扱店へ行って移行する。

このどちらかが早いかと思います。

mineoショップ、取扱店はこちらからどうぞ。

ですがせっかくの機会なので自分で!という方は平日にやるとsimの発送が早いのではないかと思います。

この移行にいくらかかったのか?

こんな流れで、ぐずでのろまな筆者でもmineoに自分で移行できたのですが、この移行に際して結果的にいくらかかったのか改めて確認してみたいと思います。

契約解除料 ¥9,500
MNP転出手数料 ¥3,000
mineoエントリーパッケージ ¥1,000

計¥13,500かかりました。

なんといっても大きいのが契約解除料¥9,500です。
更新月がちょっと前にあったのですが、この時はmineoのような格安simなんて全く知らなかったんですよね・・・
早く気づいていればと思うと本当にもったいない事をしましたね。

 

逆にエントリーパッケージの存在に気づいたのは良かったです!
これを買わなければ、契約事務手数料3,240円がかかっていたのです。

エントリーパッケージの購入によって3,240−1,000で約¥2000程お得になりました。

デメリット?

¥13,500って結局結構かかってるじゃん!?

とお思いかもしれませんが、この先の月々の料金が通話ありのデュアルタイプで通信容量が3Gのプランにしたので月々¥1,510

2ヶ月で違約金の分まで相殺できてしまう計算になります。
この先1年間分を計算すると¥60,000以上安くなる計算になります。

auのときはデータ容量が7Gだったということもありますが、月々3Gも使っていなかったので問題ありませんし。
そして巷でいわれる、回線が遅い問題ですが、実際使ってみて体感的に遅いな・・・と感じたこともまだありません。

メールアドレスが変わってしまう、という点ですが、現在はよくやり取りする相手とはLINEで連絡していますし、逆にメールでやりとりする相手に伝えるのも件数が多くないのでそんな手間でもありませんでした。

 

まとめ

結果的には変えてよかったなと思います。

なんせ月々の通信費が安いというのが大きいですよね、

自分でやっても簡単ですし、すぐ出来るので皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク