【結果速報】歴代最多連勝記録29勝!藤井四段対増田四段、プロフィールや対戦成績は?

6月26日午前10時から第30期竜王戦の決勝トーナメント1回戦が行われますが、その試合には藤井聡太4段は連勝新記録となる29連勝がかかっています。
今回の藤井聡太四段対増田康宏四段ですがここまで藤井四段は28連勝中と勢いは申し分なし!このまま日本新記録を期待したいところですね。

スポンサーリンク

そんな第30期竜王戦の決勝トーナメント1回戦の試合結果速報や両棋士のプロフィール、対戦成績について詳しくご紹介したいと思います。
それではさっそくご覧ください。

第30期竜王戦の決勝トーナメント1回戦の詳細

ランキング戦1~6組まである中から勝ち残った棋士が集まる決勝トーナメント戦

藤井聡太4段はランキング戦6組スタートでした。

ランキング戦6組
1組から5組以外の棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名が参加するトーナメント戦です。定員はありません。
優勝賞金は93万円、準優勝賞金は20万円です。
6組優勝者1名は決勝トーナメントの出場権を得ます。
準決勝までに敗れた棋士は昇級者決定戦にまわります。決勝進出者2名と昇級者決定戦の優勝者2名が5組に昇級できます。

このランキング戦で優勝した藤井聡太将4段は今回の決勝トーナメントに出場します。
そして今回の決勝トーナメントは

決勝トーナメント

ランキング戦1組から5名、2組から2名、3・4・5・6組から各1名が出場するトーナメント戦です。
トーナメントの配置はランキング戦での成績を元に自動的に決まります。
挑戦者決定戦は三番勝負です。
3組以下の出場者が竜王に挑戦した場合は、七番勝負で敗れても1組に昇級します。

となっています。

対局は午前10時開始予定で持ち時間は各5時間、ということは26日夜には決着するのではないかと思われます。

そしてこの試合の解説会が東京・大手町:読売新聞ビル3F[新聞教室]で当日17:45~終局まで行われます。

藤井聡太&増田康宏のプロフィールや成績は?

それではそれぞれのプロフィールから見ていきましょう。

藤井聡太四段のプロフィールは?

藤井聡太

307

棋士番号 307
生年月日 2002年7月19日(14歳)
出身地 愛知県瀬戸市
師匠 杉本昌隆七段
竜王戦 6組
順位戦 C級2組

藤井聡太棋士のプロフィールはこのような感じになっています。
史上最年少棋士として14歳2ヶ月12日にプロデビュー以来公式戦28戦無敗連勝!

圧倒的な成績です。

スポンサーリンク

あの羽生善治棋士でさえデビュー初年度の1986年度に40勝14敗(勝率一位)、という成績。
藤井棋士は史上かつてないスケールの棋士である事は間違いありません。

今回の対局は単独日本一ということで過去最高の気合いで臨むはず。
研ぎすまされた一手で勝利を掴めるか?

増田康宏四段のプロフィールは?

 増田康宏

297

棋士番号 297
生年月日 1997年11月4日(19歳)
出身地 東京都昭島市
師匠 森下 卓九段
竜王戦 5組
順位戦 C級2組

となっています。

16歳でプロ入りした増田四段、ここまで勝ち上っているということで若いですが実力は本物です。
2014年のデビューからこれまで81勝32敗と勝率は71%、これはかなり高い勝率です。

そして現在19歳、将棋界には10代の棋士は二人!その二人の十代対決ということで今回の対局はそこにも注目されていますね。

藤井聡太&増田康宏の対戦成績は?

実は増田四段は、AbemaTVオリジナル企画、2017年3月放送に放送された「炎の七番勝負」第1局で藤井四段と対局し、敗れています。(非公式試合)

増田四段は生まれて初めて年下に平手で負けた試合としてこれはかなり大きく記憶に残っているそう。
今回の対局はかなり気合いを入れて臨んでくると思われますので勝敗はかなりもつれるかもしれません。

藤井聡太&増田康宏の結果速報!?

試合結果の速報についてはリアルタイムで追記していきたいと思いますのでご了承ください。

藤井四段が勝負メシに注文したのは、みろく庵の「豚キムチうどん」!
増田四段はミニとんかつ定食を注文していました。
昼食をすでに終え鋭気を澄まし勝負に挑んでいるようすです。

 

昼食の休憩が終わり、午後の対局が始まりました。
ここから対局がより白熱していくと思われます。

夕食休憩に入りました。
藤井四段は夕食にワンタンメンを注文。

再び対局が始まりました。

藤井四段の勝利!歴代最多となる29連勝をデビュー以来、無敗のまま達成しました。

まとめ

6月26日午前10時からに第30期竜王戦の決勝トーナメント1回戦、藤井聡太増田康宏戦が行われます。

単独日本新記録がかかるこの対局ですが、対戦相手の藤井聡太四段も以前の負けをバネに相当対策をしてくるはずです。

良い対局になることが予想されます。今から明日が楽しみですね!

スポンサーリンク