新定番 確実なしゃっくりの止め方。ちょっぴりの我慢でびっくりの効果!

突然やってくる「しゃっくり」。
一度始まるとなかなか止まらなくて苦しいですし、静かな場所での「ヒック、ヒック」は周りに迷惑がかかってしまいますし、恥ずかしいですよね。

スポンサーリンク

 

これまで口コミやネットで様々な方法が紹介されてきた方法

  • コップの奥の方から水をのむ。
  • びっくりする。(させる)
  • 舌をつまむ。
  • 小さじ1杯の砂糖を食べる。

等ありましたが実際止まった!とい声もある反面、ぜんぜん・・・という声もあって確実性が低かったのが正直なところでしたが。
実際しゃっくりが出た時にとても効果的なみなさんに是非試してほしい方法を紹介します。

 

新定番しゃっくりをピタリと止める方法!

これまでの方法の複合ワザなのですがまさかの効果なんです。

kounen37
  1. 息を吐きます。
  2. 大きく息を吸い、息を止める。
  3. 息を止めるのと同時に両手の人差し指を耳にいれる。
  4. 痛みを感じない程度に強く押す。
  5. しばらく待つ。苦しくなったら息を吐いて下さいね。無理はしないで下さい。

たったこれだけですが実際試してみて下さい。実際筆者のまわり(自身も含む)でしゃっくりが発生したときこの方法を教えてあげて1〜3回この方法を行うと90%以上の確率で止まりました。(あくまで筆者統計ですが。)

なんでこれで止まるの?

それは横隔膜がけいれんすることによって起こっています。

タイミングとしては

・お酒を飲んだとき
・刺激が強いものを食べたとき
・喫煙したとき
・大笑いしたとき

なんかがあると思います。ではそれらのタイミングでどうして起こるのでしょうか?

 

それはというとしゃっくりの起こるタイミングにあるような行為が直接的に横隔膜に作用してけいれんを起こす訳ではないのです。

スポンサーリンク

そして「ヒック、ヒック」という音は

  1. 横隔膜がけいれんによって急に縮んで肺が急に膨らむ
  2. 肺が急速に空気を吸い込み、それに伴って声帯がキュッと閉まります。
  3. その声帯が閉まる音なのです。

 

なんでけいれんするの?

 

  1. 上記の行動のような強い刺激が中枢神経を刺激
  2. 延髄が興奮状態になる
  3. それによって延髄と繋がっている「横隔神経」と「迷走神経」が延髄からの間違った指示を受ける
  4. それぞれ横隔膜が急速に収縮し、声門が閉じてしゃっくりが起こってしまうのです。

ということはその延髄の興奮をおさめることでしゃっくりは止まるということなのですね。

では

 

どうして上で紹介した方法で止まるのかを説明していきます。

YUKA150701038569_TP_V

耳に指を入れるのは?

これによって耳と延髄の間に通っている神経に刺激を与えることになり、延髄の興奮をなだめるということなんですね。

そして

深く行きを吸って、止めるのは?

まず、息を深く吸うことで横隔膜が最大限下へ下がります。
次にそのまま息を止めるということでしゃっくり、つまり横隔膜の痙攣が起きそうになっても肺の中に空気がたくさん詰まってパンパンなので、横隔膜が動かないという訳。

 

この2つの作用によってしゃっくりを止めているんです。
なので一度でだめでも数回試して下さいと言ったのは、延髄の興奮を抑えるための時間ということなのです。

 

どうでしたか?
しゃっくりはだいたい知らぬ間に自然に止まってしまいます。でもどうしても今は・・・なんて時に
この方法はほんとうによく効くので試してみてください。&誰かが困っている時には教えて上げて下さいね!

 

スポンサーリンク