カンガルー肉がダイエットにいいって本当?その味は?

スポンサーリンク

オーストラリアではよく食べられていて、今世界中のトップアスリートにも注目されているという話題の「カンガルー肉 」がダイエットにもとってもいいって知っていましたか!

ここではカンガルー肉のどんな成分がどのようにダイエットに効果的なのか?そしてどんな食べ方をしたらいいの?そして実際食べてみたらこんな味だった!という声を紹介したいと思います。

カンガルー肉のどんな成分がダイエットにいいの?

まずはこの比較をご覧下さい!

(生肉100グラムあたり)

カロリー たんぱく質 脂質
カンガルー 105kcal 22.4g 1.1g
牛肉 290kcal 18.4g 23.3g
鶏肉 205kcal 17.3g 14.6g

日本食品分析センター四訂食品分析

このように”超低脂肪肉”とも言われているカンガルー肉は我々が普段よく口にする牛肉、鶏肉と比べても「高タンパク」で「低カロリー」なのですがそれに加えダイエットにいいと言われている”ある”栄養素が含まれています。

それが

共役リノール酸

サプリメントとしても売られている「共役リノール酸」ですが、
これは体内で生成できない栄養素脂肪を身体に蓄積しないように分解代謝を促進してくれる不飽和脂肪酸の一種です。

既にこの成分で摂取する事で体脂肪が実際に減ったという研究データも数多く出ており脂肪を燃やす効果がかなり期待できます。

脂質の酸化を防ぐ効果を持っているのでアンチエイジングにも役立つということ、そして先にもあるように代謝を促進するという事で筋肉の増強にも効果があると言われています。

多価不飽和脂肪酸

カンガルー肉にはそれと同時に魚や植物に多く含まれている「多価不飽和脂肪酸」が含まれていることによって血をサラサラにする効果も期待できるのです。

アスリートや健康にダイエットをしたい方にはピッタリな食材ですね。
お肉をお腹いっぱい食べたい場合にもカロリーが少ないのでオススメです。

食べ方は?どんな調理方で頂くの?

しかしまだ”あの”元気にぴょんぴょん跳ねるカンガルーを「ホントに食べるの?」とお思いの方も多いはず。

「高タンパク」で「低脂質」という事でやはり赤身が多くさっぱりしていますが、特有の”クセ”があります。
この感じ方は人それぞれ、『旨味』とも『臭み』ともとれるでしょう。

素材の味をそのままステーキで頂いたり

スパイス等を上手く使いハンバーグにしても美味しいです。

味は美味しいの?

とはいっても未知の味実際食べた方々の声をのぞいてみましょう。


シンプルに食べても美味しいと評判!


など美味しい!という声に対し


という声もありました!
ですが全体的に『おいしい!』という意見が多数。

コレを機会にダイエットにも効果的な「カンガルー肉 」、是非一度お試しになってみませんか!?

スポンサーリンク