東京オリンピックが延期・中止出来ない理由は?過去の事例を見つつ考える!




昨年末、中国「武漢」で発見された新型ウイルスはアジアから世界各国へ広がり現在”パンデミック”と言われる世界的感染爆発状態に突入しています。

しかし折しも今年はオリンピックイヤーでありその開催地は私達の国”東京”ということでその開催も危ぶまれています。

しかし日本には東京オリンピック延期出来ない理由が…

今回はそんな東京オリンピックが延期・中止出来ない理由についてお話していきます。




過去オリンピック延期・中止の事例

これまでオリンピックの延期・中止は3度ありました。

第6回(1916)ベルリン 中止

1916年のベルリンオリンピックは、第一次世界大戦のために中止されました。

第12回(1940)東京 中止

そして1940年東京オリンピックは日中戦争が起こったことなどから開催の2年前・1938年に実施を返上

それにより開催候補次点だった「ヘルシンキ」で行われる予定に変更するも第二次世界大戦起こったことで中止になりました。

第13回(1944)ロンドン 延期

こちらも第二次世界大戦のために延期になり、4年後の1948年に行われました。

 

いずれも戦前及び戦後とかなり昔の事ですね。

ロンドンオリンピックは延期されましたが、その開催は4年後。

今現在、数ヶ月の延期もあり得る?と言われている中、さすがに4年は遠すぎますよね・・・。

 

東京オリンピック延期・中止できない理由

オリンピックの延期・中止による影響で一番大きいのは経済的な理由がやはり一番大きいです。

東京オリンピックが中止だとすべてがパー!

すでに国のオリンピック関連支出は1兆円を超えていると言われていますが中止であればもちろんすべてがパー!

延期になっても追加負担が生じる・予定された収入が得られないという事から日本経済への影響は免れないと見られています。

それによりマクロ的にもさらなる株価下落など国全体への経済的影響は計り知れません。

  • 放送権
  • 広告スポンサー
  • チケット

などなど。

そのほか身近なところだと最近では選手村に事前合宿が来ないことなどもすでにニュースになっていますね!?

そういった選手村事業、それに関わる産業など計り知れない影響があります。

延期は欧米のスポーツシーズンに被る可能性

そこで”数ヶ月の延期”という案が囁かれていますが、それでは欧米のスポーツシーズンと被ってしまうことが問題。

東京オリンピックの期間は、7月24日~8月9日ですが

9月10日・NFL(アメリカンフットボール)の開幕
10月下旬・NBA(米プロバスケット)の開幕
8月以降 欧州サッカーリーグの開幕

と重なってしまうと

  • 放送権問題
  • 海外からの観戦客の減少
  • 当該種目の主力選手の参加問題

他に見るものがあると視聴者が分散するので放送権の価格が下落、観戦客が減ることでに収入減、主力目玉選手の参加が減る競技では見どころが少なくなると放送・集客にも響くなど、計り知れない影響が考えられます。

さらに広告収入にも大きな影響が発生することは間違いないです。

今回の東京オリンピックの経済効果は30〜40兆円とも言われていますが、中止はもちろんのこと、延期でもおおきな影響は免れないのが現実です。

オリンピックが延期すると困るという声

オリンピックが延期すると困る!というリアルな声を色々な角度から見てみましょう。

色々な利権が絡んでいるんです。


もはやどう転んでも困らない人はいない状態。

”最悪”をさけるために誰かが犠牲になってしまうこともあるかもしれない、と考えると政府やオリンピック委員会、など各所揉めてなかなか着地点が見つからないのも仕方ないといえますね。


と個人的な事情の人も(笑)

参加選手が出場辞退を発表し始めている

フェンシング男子ドイツ代表のマックス・ハルトゥング選手は予定通りにオリンピックが7月24日に開幕する場合は出場を辞退すると発表しました。
理由については

「練習ができず(五輪に)照準を合わせることができない」

とのことで現在欧米で広がるウイルスのせいで練習が満足にできない状況が明らかになりました。

この様に今の状況で満足に練習が出来ないというケースは他にも多いと思われるので今後こういった選手が他にも出てくる可能性はありそうですね。

コレではオリンピックを開催しても・・・となりそうです。

東京オリンピック中止・延期の場合チケットは?

もしオリンピックが中止・延期の場合気になるのがチケット!

何口も応募しやっとゲットしたチケットですが、中止や延期で見られなくなるのであればしっかり対応して欲しいところですが・・・。

「新型コロナによる中止は不可抗力であり払戻しはしない」とするオリ・パラ組織委員会の発表は波紋を呼びましたが、ここは今後状況に合わせ柔軟な対応に変わっていく事を願うばかりです。

まとめ

過去にはこういった理由でオリンピックの中止や延期は起こったことがないため、混乱しているのが実情だと思います。

ウイルスがここで終息下としても影響が0になることはもはや難しい状態。

どうやっても何かしら影響が出るのは間違いないので中止・延期が難しいんですね。

いち早いウイルス終息と、なるべく被害を受ける人が少ない形で落ち着く様になる事を願うばかりです。




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です