神戸のマスク在庫・入荷店舗情報!売り切れはいつ終わる?




まだ終わりの見えない新型ウイルスの猛威、このままでは中国や韓国だけでなく日本でも爆発的に感染者が増えるのか?と戦々恐々の日々ですね。

そんなウイルスの予防に必需なのがマスクですがそんなマスクも品薄・・・。

ココでは神戸でのマスク在庫入荷店舗情報や売り切れがいつまで続くのか?

そして品薄であるマスクを購入するための対策などをお話していきます!




神戸のマスクの在庫・入荷店舗状況

兵庫県神戸市では現在


このように薬局では入荷の目処が立たないとの声があったり


庶民の手になかなか届かない状況が続いています。

しかし


100均のダイソーで見かけたという声もありました。

その他にも三宮周辺の薬局で少量ながら売っていた、という報告がいくつか見られました。

神戸でのマスク売り切れ店舗


であったり、

といった状況。
売り切れとありますが、入荷もあり行列が出来ている店舗もあるということで”全く無い”という訳ではないようですね。

神戸三ノ宮周辺でマスク入荷予定のある店舗は?

先程のツイートにもあったように三宮周辺のドラッグストアにはマスクが入荷しているのが報告されています。

三宮駅から徒歩圏内には

・スギ薬局
・マツモトキヨシ
・サンドラッグ
・ココカラファイン
・コクミンドラッグ
・ダイコクドラッグ

といった多店舗展開している大手ドラッグストアがいくつかあります。
その他にも100均の「ダイソー」で売っていたという報告がありましたが、三宮付近には3店舗

・ダイソー 三宮センター街店
・ダイソー 阪急オアシス神戸旭通店
・ダイソー 三宮センター街店

ありますのでチェックしてみてはいかがでしょうか?

神戸ではマスク盗難が勃発


去る2月18日、神戸市内の赤十字病院からマスクが医療用マスク6千枚が盗難されました。

しかし実はそれだけで無いようで


同様の盗難がその他にも起こっています。

おそらくメルカリなどで転売されていると思うと許せません!!!

神戸のマスク不足はいつまで続く?

現在国内のマスクが不足している、という事で今までにない増産体制を進められています。

ここから週に1億枚、来月には計6億枚の供給を目指すと発表がありました。
しかし国民一人ひとりに行き渡るようにするには単純計算でも1週間に”1億3千万x7日間=週8億枚は必要になる計算”になります。

目一杯増産されてもまだまだぜんぜん足りない状況です。

しかもこの先は花粉の時期とも重なるという事でまだまだマスク不足は解消されない可能性が高いと思われます。

そう考えると早くとも売り切れ状態が落ち着くのは4月以降になりそうです。

このままウイルスの終息が見られないとGWにまでも続くかもしれません。

マスク不足の対策

使い捨てマスクが不足していますが、洗えるマスクであればまだ入手することが可能です。


もちろん日々のお手入れ(洗浄)が必要になります。



こちらも洗うことにより再利用することが可能のマスクです。
密閉性が高いので容易で高い効果が期待でき、フィルター交換も出来るというマスクです。

使い捨てマスクの値段が不当に釣り上げられているので洗えるマスクも考えてみてはいかがでしょうか?

一度購入してしまえばなくなる心配から開放され、いくらかは焦りが解消されるかと思います。

 

そしてマスクだけではなく、自身のカラダがウイルスにかからないためにマスク以外の予防法も考えてみましょう
より深刻な被害を受けているのは子供やお年寄りなど免疫力が低い方々、自身の免疫力を上げることも意識するべきです。



マスクだけでなくウイルスに感染しにくいカラダづくりも意識していくと良いでしょう。

神戸のマスク・現状まとめ

他県同様マスクは不足していますが、三宮では入荷している店舗もある模様です。

センター街にお近くの方は覗いてみると良いと思います。

時間がない場合や離れた地域の方は使い捨てではなく、洗って使えるタイプのものも検討してみてはいかがでしょうか?




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です