辛い二日酔いにならないために、飲む前と飲んだ後の対策をしっかりと!

友人と、家族と、素敵な異性と・・・
楽しく頂くお酒はとても美味しく、気分もアガりますよね。しかし度を越えて飲み過ぎてしまうと次の日とっても辛いのが”二日酔い”。
もう二度とお酒を飲みたくない!と心に誓うもまた再び・・・
そうならないための二日酔いの原因と対策をここで紹介していきましょう。

スポンサーリンク

飲んでいる間はいいのですが、問題は翌朝です。

さて、大半の場合、楽しくなるために飲んでるわけですから別に問題はないわけです。ですが、朝起きるとアレアレ、何だかおかしい、ムカムカ吐き気がしたり、ズキズキ頭痛がしたり、これらは二日酔いの代表的な症状ですね。

二日酔いのメカニズムとは?

実はこの二日酔いと一言でくくられていますが、原因は様々のようです。

アデノシンが原因

日本酒に多く含まれる物質で血管拡張作用があります。この作用が長く続くと血管が炎症を起こしズキズキとした頭痛の原因となります。

脱水が原因

アルコールには利尿作用があり体内の水分が失われるため脱水症状になってしまうことがあります。それにより頭痛吐き気食欲不振が起こってしまうのです。

低血糖が原因

アルコールの分解の為肝臓がグリコーゲンを作るのが追いつかずに起こるのが低血糖です。
これが頭痛だるさの原因になります。

アセトアルデヒドが原因

肝臓でアルコールを分解する際に生じる物質で、それがさらに分解され酢酸になるはずが肝臓の働きが追いつかずアセトアルデヒドが血中に戻り頭痛だるさ吐き気が起こってしまいます。

胃酸過多が原因

アルコールは胃酸の分泌を促しますが、飲み過ぎによって胃酸が出過ぎた場合、吐き気食欲不振下痢が起こります。

 

人によってこれらの原因が複合的に作用して二日酔いとして襲ってくるのです。
自分の二日酔いがどんなタイプなのかおおまかにでも分かると対策もしやすくなりますね。

二日酔いにならないために

man-622050_1280

まず当たり前なのですが

スポンサーリンク

飲む量をうまく調節する。

これが出来れば誰も苦労しませんが一番有効な方法はコレなのです。

お酒の間にジュースやお茶を挟んだり、アルコール濃度の低い物にするのも一つの方法ですね。
アルコール以外の水分を摂取する事に寄って脱水症状を防ぐ効果があります。

 

空腹では飲まない

空腹の状態だとそのままアルコールが吸収されてしまうのでそれを防ぐために飲む前に胃袋に何か入れておくといいです。

そして油分で胃から、デンプン質、蛋白質で小腸から、繊維質で大腸から、それぞれアルコールの吸収を抑える効果が期待できます。

肝臓のアルコール分解を助ける成分の入った物を摂る

貝類イカタコナッツ玉子豚肉ごま、グレープフルーツ、柿、トマト

これらの食品にはアセトアルデヒドの分解を促進させる成分が多く含まれているので飲んでる間におつまみとして、割もの等にオススメです。

飲んだ後に

petbottle_sports

そして飲んだ後そのまま寝るのはオススメできません。

次の日の朝の脱水症状は水分や糖の不足から起こります、これらを解決するするためカロリーオフのではない、スポーツドリンクをたっぷり飲むことです。
とても吸収されやすくなっているので、スポーツの後だけではなく、飲んだ後にも最適というわけですね。ノンカフェインの栄養ドリンクも良いですよ。

そして「ヘパリーゼ」のような「ビタミンB15」を含んだ肝臓の働きを高める効果のあるドリンクや、胃酸の過多を抑える胃腸薬も上手くあわせる事によって二日酔いの軽減につながります。

やってはいけない事

二日酔いの防止法というわけではないですが、逆に絶対だめなこともあります。

まずは長風呂。先ほどのお話とも関連しますが、これにより、さらに発汗が促され、脱水状態に拍車をかけ、とても危険です。サウナなんてもってのほかです。

また、頭痛がするからといって頭痛薬の服用はNG。風邪から起こる頭痛とは違うので、全く効果が期待できないばかりか、睡眠を促す成分が含まれているため、仕事中に車の運転をされる方には特に危険です。
楽しい&美味しくてついつい飲み過ぎてしまうお酒ですが健康にも注意しうまく付き合っていきたいですね。

スポンサーリンク