おうち麺tvって何者?出身は青森のどこ?職業、本名、収入が気になる!

今回紹介するのは”おうち麺tv”というYouTuberさん。

2018年の7月から動画投稿を始めまだそんなに若いチャンネルながら勢いがありどんどん登録者数を増やしているチャンネルです。
なによりかのさんがいいキャラでファンが増えていますね。

スポンサーリンク

ここではそんなおうち麺tvさんについて出身は青森のどこなのか?本名や職業やYouTubeでの収入を調査してみました!

おうち麺tv 概要
チャンネル名:おうち麺tv
チャンネル登録日:2018年03月1日    チャンネル登録者数:56000人(2018年12月現在)

おうち麺tvって何者?

YouTubeチャンネル『おうち麺tv』はラーメンを家でイチから作るチャンネルになっています。

スープから麺まで全て手作りで日本のあらゆる種類のラーメンを調理。
しかもその行程はどれも本格的でお店で出されているものと”ほぼ”変わらないの仕上がりということで、その飯テロ効果もあり人気がどんどん高まっているチャンネルです。

一切顔出しをしないスタイル、調理時に入る本人の説明が訛っていることも特徴でそこが親しみやすさのポイントにもなっていると思います。

一時期、食材や麺などを投げることで「食べ物への愛が感じられない」というコメントがありました。
しかしそんな声も拾いしっかり動画に反映させている点なども好感が高まっている要因の一つになっていると思います。

おうち麺tvのプロフィール

引用:https://www.youtube.com/channel/UClWCfrjyjNvHrpjHCr2Ub0Q/videos

出身地/在住  :青森県青森市
趣味・特技   :ラーメン作り
(名前、生年月日など分かり次第追記します。)

となっています。
お姿がほぼ見えないので年齢はあくまで予測ですが、ファッションや調理時に見える手のお肌の感じからすると20代から30代前半くらいかな?
と想像できますね。

ラーメン作り、というか調理技術はもちろんなのですが、動画を見ていて一番気になる(悪い意味じゃないよ)のがその独特の訛りです。

初めて聞いた時東北地方か九州地方か、いずれにせよ中央からかなり遠い地域の方言であることは何となく分かりました。
視聴されている方もやはりその訛りが気になったようでコメント欄は作ったラーメンに対する賛辞だけでなく

「○○の方にお住まいの方ですか?」

といったコメントがちらほら。

そんなコメントにも

青森県民と返答されていました。

調べてみるとどうやら青森県青森市にお住まいのようですね。

青森といえば数々の名店がある煮干し系ラーメンの本場。
そんな煮干しのラーメンを作った際も

スポンサーリンク

「地元のラーメンですから」

と仰っていたので間違いありませんね。
青森といえば煮干しラーメンもそうですが、「味噌バター牛乳カレーラーメン」も有名だったような。
それもいつか登場するかもしれませんね!?

職業、本名、収入は?

本名、職業、収入この3つ、いずれも調べても分かりませんでした。

はじめはこのラーメンを作る様子から飲食店関係及び調理師かな?
と思い、実際それぞれのラーメンづくりのプロ(お店をされている方)に見せてみたところこれは”ハイアマチュアもしくは素人の可能性が高そう”との意見を頂きました。

家庭のキッチンで作っているから?と思ったのですが、そうではなく麺やスープなどどうやらどれも”惜しい”作り込みなんだそうでです。

自分には十分美味そうに見えますが、やはりプロにしかわからない何かがあるんですね。

そして気になるYouTubeでの収入ですが、2018年12月現在、広告が入っておらず未だ収益化されていないので収入は今の所はないようですね。
ぶっちゃけ広告はないほうが見やすいですが、広告収入をラーメンの素材や器具のレベルアップや技術の習得に当ててより面白い動画を作っていってくれればとも思いますね!

SNSでの声

そんなおうち麺tvについて世間の声をチェックしてみました。

確かに職人っぽく制作に打ち込んでる感じが良いですよね!?
さらに調理時の音がマニアにには人気のようですね。

それと津軽弁のギャップがまた視聴者の心を掴んでいるのですね。
確かに津軽弁ってなんだか癒されますね。


こんな意見もありました。
ラーメンの種類にも限外があるのでラーメン制作にまつわる解説や、再度メニューの制作なんかも今後あるかもしれませんね。

まとめ

今回はYouTubeチャンネル『おうち麺tv』について色々調査してきました。

自宅でイチからこれだけ色々なラーメンを作れるって凄いですよね!?

日本各地にはまだまだいろんなラーメンがあるので今後どんなラーメンが出てくるのか本当に楽しみです。
今後の活動(ラーメン作り)に期待です!

ではまたお会いしましょう。

スポンサーリンク




関連記事