それでも僕らは走り続けるのキャスト相関図!劇中の曲・ostまでまとめ!

『それでも僕らは走り続ける』は韓国で2020〜2021にかけ放送されたドラマです。

韓国ドラマの王道をいくロマンチックコメディ作品、ミジュとソンギョムの微妙な距離感が何とも微妙でやきもきする”きゅん”満載な作品です(笑)

ここではそんな『それでも僕らは走り続ける』の

→キャスト相関図
→曲・OST
→視聴率

などをまとめました!

それでも僕らは走り続けるはこんな作品

このドラマどんなドラマなのか?というのを簡単に説明すると

ひょんなことから知り合った短距離陸上選手のキ・ソンギョム映画翻訳家オ・ミジュ、この2人がそれぞれの自分の信じたる愛に向かい走り続ける!

というストーリー。

ソンギュムがピュアすぎて心洗われます、ホント。

↑の2人の行方はもちろんのこと、同時に少女時代のスヨン演じる財閥常務ソ・ダナと、美大生イ・ヨンファのロマンスも並行して展開していくのも大きな見どころ。

この4人の感情の揺れや仕事、そして生き方についてまで心を繊細に描かれていることで観ていて入り込み共感できる部分が多いのではないかと思います。

そしてLGBT、モラハラ、いじめなどの社会問題にもほんのり触れているというところもポイント!

”波乱の恋愛ストーリー!”といった激しいラブロマンス感じではなく、良くいえば穏やかな、言い方を変えればフラットでナチュラルな展開、ハラハラドキドキは無いけれど心温まる作品です。

それでも僕らは走り続ける・相関図

韓国公式の相関図を日本語訳、一部改正したものです!

それでも僕らは走り続けるの相関図

ストーリーはソンギョムとミジュの2人、そしてダナとヨンファを軸に展開。

ミジュと同居しているメイは映画配給会社の社長、ミジュはそんなメイからお仕事を頂いたりしています。

そんなメイは終盤意外な誰かと♡に!!!・・・すみません、余談が過ぎました(笑)

ダナとヨンファですが、韓国で最近流行りの”年上女性×年下男性”の設定になっています!

それでも僕らは走り続けるのキャストを深掘り

 

オ・ミジュ役:シン・セギョン

それでも僕らは走り続けるのキャストを深掘り1

1990年7月29日生まれ
身長 164cm
中央大学演劇映画学部休学中
血液型 B型

子役として小学2年生から芸能活動をされている彼女、それから様々な映画やドラマ作品、広告などに出演しています。


MVにも出演されています、昔からとても可愛らしい。

しかし2006年映画『シンデレラ』以降、2年間活動を休止してその間を高校生として普通に勉強したり、遊んだりして過ごしたのそうです。

その後再び活動開始し現在までコンスタントに作品に出続け活躍されていますが、本人曰くその休んだ2年間が自分にとって貴重な時間だったのだそうですよ。

”普通”を知るって大事ですよね、なんだか分かるような気もしますよね。

今作では翻訳家の役でしたが、セギョンさんは実際に小さな頃から英語が好きで字幕なしで映画を見ながら英語の勉強をしていたそうでとても流暢に英語を使うことができるのだそうですよ!

代表作:ドラマ『明日に向かってハイキック』、ドラマ『新米史官ク・ヘリョン

キ・ソンギョム役:イム・シワン

それでも僕らは走り続けるのキャストを深掘り2

1988年12月1日生まれ
身長 175cm
60kg
郵送情報大学実用音楽科卒
血液型 B型

2010年にデビューしたアイドルグループ『ZE:A』のメンバーでリードボーカルのポジションのイム・シワンさん。

2010年からドラマには出演しているもののチョイ役、役者として本格的活動は2012年ドラマ『太陽を抱く月』にオーディション応募→抜擢されてからでした。

そのドラマ『太陽を抱く月』が視聴率40%超えの大ヒットを記録、そこから俳優としても精力的に活動されています。

そして現在は『ZE:A』は解散していないもののほぼ休業状態のようです。

歌っているところもご覧になってみたい方へ、↓こちらはファンミーティングの様子


きれいなお肌と、爽やかな表情が素敵すぎますね!

代表作:ドラマ『ミセン~未生~』、ドラマ『太陽を抱く月』

ソ・ダナ役:チェ・スヨン

それでも僕らは走り続けるのキャストを深掘り3

1990年2月10日生まれ
身長 172cm
48kg
中央大学 (公演映像創作学部卒
血液型O型

彼女は日本でも人気のアイドルグループ『少女時代』のメンバー”スヨン”であることはもちろんご存知ですよね。

2002年、テレビ東京の番組「ASAYAN」内のから誕生した2人組『route0(ルート・ヨン)』で日本デビューし2003年まで活動していました。

その後練習生としてレッスンをしながら過ごし、2007年8月、「少女時代」のメンバーとしてデビュー。

歌手活動と並行しドラマや映画にも出演するなど女優としてだけでなく、その他にもバラエティ番組絵の出演やラジオ、MC、モデルなど幅広く活動されています。

現在はアイドル時代の事務所SMエンターテイメントを退所し、役者が数多く所属するサラムエンターテイメントに移籍されました、ということはもう歌手活動はしないのかな!?

そしてスヨンさんはかつて日本でも活動されていた事もあって日本語がとてもお上手です。


もうネイティブ並みですよね!

余談ですがドラマ内ではダナ=スヨンさんのスタイルがすごく良かったのが印象的でしたよね、彼女はいくら食べても太らないのだそうですよ、羨ましい!!!

代表作:ドラマ『だから俺はアンチと結婚した』

イ・ヨンファ役:カン・テオ

それでも僕らは走り続けるのキャストを深掘り4

1994年6月20日生まれ
身長 180cm
建国大学卒
血液型B型

2013年のウェブドラマ「放課後、幸せか不幸せか」でデビュー。

その後はドラマを中心に映画やバラエティ出演、広告モデルなどで活躍されています。

代表作:ドラマ『ノクドゥ伝~花に降る月明り~』、ドラマ『最高の恋人』

劇中の曲・ost!

劇中で使われた曲(OST)を紹介していきます!

Part 1 LUCY – “Run To You”

Part 2 Kei, JOOHONEY – “Ride Or Die”

Part 3 Solar – “Blue Bird”

Part 4 ペク・ジヨン – “My Light”

Part 5 SURL – “あなただったらいいな”

Part 6 2F – “Sorry”

Part 7 THE BOYZ – “Priority”

Part 8 キム・ナヨン – “君はどこに”

Part 9 JEONG HYO BEAN – “Starlight”

Part 10 ユジュ – “‘Falling”

Part 11 Cherry B – “‘フリフリ”

Part 12 イム・シワン – “‘私とあなた”

こちらがドラマ内で流れた曲・OSTとなっています。

注目はやはり”12″の主演するイム・シワンが歌った『私とあなた』、こんな優しい声で歌われたらとろけてしまいますよね。

もちろん他も素敵な曲ばかり!ぜひ聴きながらドラマの余韻に浸ってみてください!

気になる視聴率

気になるこのドラマの視聴率ですが

最低 – 2.145%(第1話)
最高 – 3.772%(第8話)

でした。

韓国では視聴率はそれほど高くはなかったものの、最近多い刺激的なドラマに比べこの作品は暖かく感性的な作品と内容的には好評だったようです。

確かにゆったり見られるいいドラマだと思います!

まとめ

いかがでしたか?

ゆったりとした雰囲気と、美しいミジュ&素敵なソンギョムのなんとも言えない距離感の2人がたまりませんよね。

この記事でみなさんがより一層ドラマを楽しめたら幸いです!

ではっ。

関連記事