スタートアップ:夢の扉のキャスト相関図!視聴率から口コミ、続編の噂まで!

スタートアップ:夢の扉のキャスト相関図!視聴率から口コミ、続編の噂まで!

『スタートアップ:夢の扉』は2020年10〜12月に韓国で放送されたドラマです。

メインキャストの一人、キム・ソンホのビッグスキャンダルで話題になったりといろいろな意味で注目の作品!

ここではそんな『スタートアップ:夢の扉』の

・登場人物の相関図
・主要キャストのプロフ
・視聴率
・口コミ・評判
・続編の噂?

についてまとめました。

スタートアップ:夢の扉はこんなドラマ

このドラマはベンチャー育成機関『Sand Box』を中心に巻き起こる恋愛ヒューマンストリーなのですが、最初の設定が面白いんですよね!

そしてやはりジピョンとダルミとドサンの不思議な三角関係が見もの。

さらに物語の背景にある起業の裏側や投資についてなど、普通に生活していたら普段なかなか触れることがない部分も描かれていて興味深く楽しめます。

スタートアップ:夢の扉 – 相関図

相関図はこちらになります!

スタートアップ:夢の扉 - 相関図

ダルミの母・アヒョンは夫と離婚しインジェを連れて出ていき、財閥のドゥジョンと再婚しています。

ダルミは祖父のウォンドクの元で育った事などから姉妹には大きな心の隔たりがあります。

インジェが代表を務める『ネイチャーモーニング』はモーニンググループの会社の一つで彼女の秘書がサンス(ドゥジョンの息子)です。

→などちょっぴり入り組んだ人間関係がありますが、ドラマを見つつこの相関図をチラ見すればすぐ物語に入り込んでいけると思いますよ♪

主要キャストを深掘り

 

ソ・ダルミ役:ペ・スジ

1994年10月10日生まれ
ソウル公演芸術高校卒
身長  168㎝
血液型 AB型

2010年アイドルグループ『miss A』のメンバーとしてデビュー。

2011年にはドラマ『ドリームハイ』にヒロイン役で出演、その翌年映画『建築学概論』に出演し作品が大ヒット、”国民の初恋”と言われるほどの人気を博しました。

その後もアイドル歌手と女優業を並行していましたが2017年末にはmiss Aが解散、現在は女優として活動をされています。

代表作:ドラマ『九家の書』、映画『建築学概論』、映画『白頭山大噴火』

ナム・ドサン役:ナム・ジュヒョク

1994年2月22日生まれ
ソウル湖西芸術実用専門学校
身長  187㎝
体重 75kg
血液型 A型

学生時代バスケをしていたが怪我で断念、その時周囲から身長を活かし「モデルをやってみたら?」と言われ興味をもちました。

20歳の時、のちに通う専門学校主催の「1日モデル体験」に参加したことからモデル契約し活動開始。

その後MV出演などを経て2014年ドラマ「インヨ姫」で俳優デビュー。

そのルックスやスタイル、演技力の高さが評価され現在ではメインキャストでの作品参加がメインとなっている今が旬の人気俳優です!

代表作:ドラマ『恋するジェネレーション』、映画『安市城 グレート・バトル』、ドラマ『保健教師アン・ウニョン』

ハン・ジピョン役:キム・ソンホ

1986年5月8日生まれ
ソウル芸術大学 放送芸能科卒
身長  184㎝
体重 75kg
血液型 A型

2009年に演劇『ニューボーイングボーイング』でデビュー後地道にキャリアを重ねていき、2017年に『キム課長とソ理事』でドラマデビュー。

同じ2017年、ドラマ『トゥー・カップス~ただいま恋が憑依中!?~』での好演により『MBC演技大賞』で「新人賞」と「優秀賞」を受賞したことで広く知られるようになりました。

現在もドラマ出演と並行し、舞台活動も平行しながら活動されています!

代表作:ドラマ『海街チャチャチャ』、ドラマ『トゥー・カップス~ただいま恋が憑依中⁉~』

イ・へウォン役:カン・ハンナ

1989年1月30日生まれ
中央大学 演劇学科卒
身長  170㎝
血液型 O型

小さい頃からバレエをしていたが限界を感じ諦めたそんな高校時代に母から「演技はどう?」と勧められ、女優を志すように。

自主映画やウェブドラマに出演しながら地道に活動していきながら事務所にも所属、メジャー作品にも出演、助演から主演クラスへ昇格するなど徐々にステップアップしていきました。

女優としてのほか、ラジオやバラエティ番組、グラビアなどもするマルチなタレントとして活動されています!

代表作:ドラマ『知ってるワイフ』、ドラマ『サバイバー 60日間の大統領』

視聴率は?

客観的な評価基準の一つとなる視聴率も気になるところ。

最低 3.821%(第8回)
最高 5.424%(第5回)

でした。

ちなみに初回は4.278%、最終回は5.187%。

本国ではこの数字とは別に俳優たちの演技やOST、美しい映像と演出など好評であったそうですよ!

わたし的感想&口コミ!

16話すべて見終えた私の感想

子供時代のダルミとドサンというかジピョン(ハンチーム長ね)との文通が大きなキモになる背景ですよね。

ジピョンとおばあさんとの繋がりや文通からの”初恋”という部分から考えて、ダルミは結果的にドサンではなくジピョンとくっ付くのかな?と思ってました。

陰ながら支えてあげていてたり、時に冷静さを失って感情的になるところなんかも良くって、なんだかワタシ的にはジピョン推しだったというのがあります。

私みたいな人多いんじゃないかなぁ?と思うのですがどうですか?

そしてやっぱりダルミの真っ直ぐさには心打たれましたね。

あのおばあちゃんに育てられた子!っていう感じがとってもよく出ててよかったです。

それと同時にあのおばあちゃんの温かさが泣けるレベル涙

AIや起業といった難しめのテーマを扱いながらも分かりやすく噛み砕いていたり、恋愛に寄りすぎるわけでもなくいいバランスのドラマだったっと思います。

そしてもう一つ、音楽が良かったというところ。

もちろん、アップテンポなRed Velvedの『미래』や가호の『Running』もいいんだけど、個人的に


この曲が特に好き。

あとはスジちゃんが歌う


さすがもともと歌手ですよね、素敵!

世間の評価は?


まさにそれ!
このドラマを観て多くの人が感じることをこれではないでしょうか?


なるほど、私も悲しさもかんじましたがもどかしさを憶えましたね・・・


恋愛バリバリ!という感じじゃないので全然年齢関係なく観れますね♪


これはどっちが先でも後でも思ってしまいますって(笑)

「面白くない」といったネガティブな評価も1つ、2つあったと思いますが、全体的には好評価が圧倒的多数でしたね。

続編・シーズン2は?

最終回がなんだかちょっぴりぼんやりしたカタチで終わってしまったので続編およびシーズン2を期待していしまいそうですが、それはおそらくないかと思います。

その理由は流石に続編で16話は持たないでしょうから・・・。

あるとすれば”スピンオフ”かな?と。

まとめ

いかがでしたか?

ワタシ的には背景や設定が面白いの!というはもちろんですが、キャラに人間味がいい感じで出ていていて素敵だなぁとい感じた作品でした。

こちらの作品が気に入った方には

ダルミ→ペ・スジちゃんが出演するドラマ『バガボンド』や
ドサン→ナム・ジュヒョクが出演するドラマ『恋するジェネレーション』がおすすめです!

ではでは、また〜!

関連記事