ノースフェイスのジップインジップはワークマンとの接続が最強だった件

ノースフェイスのジップインジップはワークマンとの接続が最強だった件

おしゃれで使い勝手のいいノースフェイスのマウンテン(ライト)ジャケット。

寒い時期に”インナー”を装着できるジップインジップの機能が付いているのですが、純正品のインナーは高価なのでちょうどいいものを色々探していたのですが、とうとう見つけてしまいました!

こちらではそんなジップインジップを色々試した末にワークマンにたどり着いたのでその詳細について

・装着できるモデル
・おすすめポイント
・装着の様子

を紹介していきます!

ユニクロやワークマン編も参考にしてみてください↓

マウンテンライトジャケットのジップインジップにしまむらダウンとワークマンで悩んだ結果…!

マウンテンライトジャケットのジップインジップにしまむらダウンとワークマンで悩んだ結果…!

2020.12.14
マウンテンライトジャケットのジップインジップ用にユニクロのフリースが大正解だった件!

マウンテンライトジャケットのジップインジップ用にユニクロのフリースが大正解だった件!

2020.10.22

ワークマンでノースフェイス・マウンテン(ライト)ジャケットにジップインジップできるモデル

ワークマンでマウンテン(ライト)ジャケットに接続できることが確認できたのは

・REPAIR-TECH(R)洗えるフュージョンダウン シームレスミドルジャンパー
・AERO STRETCH ブルゾン
・AERO STRETCH ベスト
・エアロポンプウォームベスト
・ヒーターボアフリースベスト
・Wind Core(ウィンドコア) ヒーターベスト

この6つ。
(※他にも装着できるものがありましたが、フード付きのため除外しました)

実は昨シーズン、ワークマンに行った時マウンテンライトジャケットに接続できるのは

AERO STRETCHブルゾン↑のみ(フード無しのみだと)だったんですが、今シーズンは装着できるものがかなり増えていたんですよね!

というのもワークマンではアウターとインナーをファスナーで接続する”ATTACHMENTシステム”というジップインジップと同じようなシステムが登場

なんとファスナーがノースフェイスのジップインジップと同じ規格のものが採用されたんです。

ワークマン”AERO STRETCH ベスト”を購入、その理由は?

いや〜、色々な商品を見ててぜ〜んぶ欲しくなり迷いました(笑)

私はこれまでユニクロのフリースやしまむらのダウンもマウンテンライトジャケットに装着してきましたが、今回はこれまでの手持ちのモノや経験を踏まえAERO STRETCH ベストをチョイス、購入しました!!!

というのもこれまでジップインジップが出来る

ユニクロ→ファーリーフリース
しまむら→ダウンジャケット

を購入しいたのですが、袖がもこもこしないように

「ベストのものがあればなぁ」

とちょうど思っていたからなんです。

といってもワークマンではマウンテン(ライト)ジャケットに装着出来るベストだけで

・AERO STRETCH ベスト
・エアロポンプウォームベスト
・ヒーターボアフリースベスト

と3種類あるのですが、AERO STRETCH ベストにしたのは3つの理由があって

・エアロポンプウォームベスト
2,900円という値段、いちいちポンプで空気を調節しなければいけない

・ヒーターボアフリースベスト
3,900円という値段、バッテリーが必要、ボタンが前面にあるのでジップインジップすると温度調節できない

それに対し

・AERO STRETCH ベスト
1,900円、それでいて暖かさは保証済み!

ジップインジップするならこの『AERO STRETCH ベスト』がベスト(笑)と判断しました!

ちなみにノースフェイスの純正ジップインジップ対応の『バーサミッドベスト』は現在販売終了、ベストならやはりこちらがおすすめ

”AERO STRETCH ベスト”サイズ選びが重要

はいはい、まだページを閉じてワークマンに直行してはいけません✗。

このベストを購入の際はサイズ選択が重要なんです!

マウンテン(ライト)ジャケットよりも2サイズ上のベストを購入しましょう←ココ。

これまでユニクロフリースやしまむらダウンはもちろん、ワークマンでも

・REPAIR-TECH(R)洗えるフュージョンダウン シームレスミドルジャンパー
・AERO STRETCH ブルゾン

ならマウンテン(ライト)ジャケットよりも1サイズ上でちょうど良かったのですが、このベストはそうではないの注意してください!!!

ジップインジップでAERO STRETCHベストを装着

やり方は簡単で左右のジップを連結させるだけなのですが・・・

MサイズのマウンテンライトジャケットにLLサイズのベストを実際に装着しても

ベストのほうが3〜4cmほど短い感じなんです。

ですがベストは袖が広く取られているので腕の通りは問題なし!

装着した状態で下から覗くと

身幅はちょうどいいくらいなんですよね。

ベストをもっと大きいサイズにすると丈は長くなるのでジップ上部の収まりは良いかもしれません、しかし身幅が増すことで内部がモコモコしすぎちゃったんですよね(実際試してみました)

やはりベストは2サイズ上にするのが良いかと思います!

実際コレでも首元までちゃーんと包まれてとても暖かくていいですよ♪

ダウンもワークマンが最強かも!?

昨シーズンはジップインジップ用にしまむらダウンを購入したのですが、ダウンも先程ちらっと紹介したワークマンの”REPAIR-TECH洗えるフュージョンダウン シームレスミドルジャンパー”がおすすめです。

その理由はクオリティと値段!

しまむらダウンはたしかに暖かくて安いのですが値段が6,000円以上、しかしフュージョンダウン シームレスミドルジャンパーは2,900円と半額以下。

それでいて暖かさや着心地はそれほど変わらない感じなんです。

ちなみにこちらはマウンテン(ライト)ジャケットよりも1サイズ上がベストですので注意!

まとめ

ということで、ノースフェイスでジップインジップはワークマンが最強っていうのは間違いないと思います。

私はベストを購入しましたが、選択肢がたくさんあるので用途に合わせてサイズの合うものを選んでみてください!

この記事が皆さんの参考になりましら幸いです、では~!

関連記事