ロタの予防接種2回と3回の違いを解説。結局どっちがいいの?

今の赤ちゃんは予防接種がいっぱい!生後2ヵ月を過ぎると予防接種ラッシュがやってきます。
生後2か月から受けられる予防接種には
定期接種である・HIBワクチン・肺炎球菌ワクチン、任意接種である・ロタワクチンとB型肝炎ワクチンがあります。いっぱいありますね~。

スポンサーリンク

任意接種であるロタワクチンには2回接種3回接種のものがありますが・・・。これらはどう違うのでしょう?2種類の違いや、それぞれにかかる費用などを調べてみました!

ロタワクチンとは?ロタウイルスの症状と特徴

ロタウイルスはロタウイルス感染症を引き起こすウイルスです。
感染すると嘔吐や下痢など急性胃腸炎の症状が出ます。
実はどの子も小学生までに一度はかかるといわれるほどありふれたウイルスなんです。
特に生後6か月~2歳の乳幼児の感染率が高く、しかも小さい子ほど重症化しやすいので任意なのですが、ぜひ予防接種はしておきたいところです。

そのロタワクチンには2回接種のロタリックスと3回接種のロタテックがあり、どちらも経口生ワクチンです。
弱毒化されたウイルスを腸内で繁殖させて免疫を作るもので、口からトロッとしたワクチンをぺちょぺちょ舐めて摂取します。

2回接種と3回接種の違い

この2つワクチン、臨床効果に違いがほとんどなく異なるのは回数と金額だけなのです。

ではこの2つ違いは一体どこにあるのでしょうか?
それぞれの特徴とともに見ていきましょう。

2回接種のロタリックス

最も頻度の高いロタウイルス1種類で作られたヒト由来ワクチンです。
1種類ですが交差免疫性が高いので他の種類のロタウイルスにも効き目があることが分かっています。
1回1.5ccずつで、ヒト由来のため腸内繁殖もスムーズです。
そのため2回接種で充分免疫が作られます。

接種は1回目が生後2か月・2回目が4週間後の生後3か月に行うのが一般的です。
*ロタワクチンは4週間開けないと次が打てません。

接種には期限があるので要注意。

  • 1回目は生後20週まで
  • 2回目は生後24週まで

3回接種のロタテック

5種類のロタウイルスで作られたウシ由来のワクチンです。
5種類のロタウイルスの効くわけですが、先述の通りロタリックスも他のロタウイルスをカバーできるので実際の効果は双方さほど変わりません。
ロタテックはウシ由来ですのでロタリックスに比べ腸内繁殖がスムーズでないので3回摂取します。また1回の摂取量も2ccと少し多いです。(微々たるものですが)

スポンサーリンク

接種は1回目が生後2か月・2回目が生後3か月・3回目が生後4か月と、4週間ごとに行うのが一般的です。

こちらも接種期限があります。

  • 1回目は生後24週まで
  • 2回目は生後28週まで
  • 3回目は生後32週まで

成分由来、接種回数そして一回の量など違いが微妙にあるのですね!

接種にかかる費用

 

予防接種
二回接種のロタリックスは1回12,000円~15,000円、三回接種のロタテックは1回8,000円~10,000円です。
金額は病院によって多少の違いがあるようですがトータルでは両方とも24,000円~30,000円ほどで、あまり変わりません!

決して安いものではありませんが、こどもの健康は何にも代えられません。自治体からのこども手当などを利用して接種するなどし病気を防いで上げてください。

予防注射で気を付けること

一人目のお子さんの予防接種だと、知らないことが多く戸惑うこともありますよね。
そこで気をつけておくべきことを行く前飲んですぐ飲んだ後とそれぞれまとめておきました。

行く前に気をつけておくべきこと

・ロタワクチンは経口ワクチンなので予防接種の前はお腹いっぱいにしないといいでしょう。
上手に飲む子もいますが、よだれでたくさんこぼれても多少飲んでいればちゃんと腸内で増えるので大丈夫だそうです。

飲んですぐにはここを気をつける

・飲んだら縦抱っこで、口から出てしまわないようにしましょう。30分ほど病院で様子を見てから帰りましょう。

接種後に気をつけること

・生ワクチンのウイルスは、免疫ができる1週間ほど便に混じって排出されます。おむつ替えのときに手について、家の人に感染することがあるので手洗いをまめに行いましょう。

ロタリックスもロタテックも免疫の持続力は3年間続くことが確認されています。
しかしより長く持続させたいなら最終接種が遅いロタテックのほうがいいかも
病院に通う手間や赤ちゃんの負担を考えたら2回接種のロタリックスが楽です。

さいごに

病院によっては取り扱いが決まっているところもありますが、もし選べるなら効果や費用はあまり変わらないのでママやお子さんの都合で好きなほうを選びましょう♪

スポンサーリンク