偉大な誘惑者のキャスト・相関図、気になる結末や曲、視聴率まで!

偉大な誘惑者のキャスト・相関図、気になる結末や曲、視聴率まで!

『偉大な誘惑者』は2018年に韓国で放送されたテレビドラマです。

この作品は低視聴率や撮影中ジョイちゃんのRedVelvet平壌公演不参加(?)など本編以外の部分でも色々話題に!!!

ここではそんな『偉大な誘惑者』の

・”オリジナル”キャスト・相関図
・最終回の結末!
・曲・OST
・気になる視聴率

についてまとめました!

偉大な誘惑者ってどんなドラマ?

『偉大な誘惑者』はフランスの小説家コデルロス・ド・ラクロによる1782年に出版された作品『危険な関係』が原作で、フランス革命が起こる前の乱れた上流社会のなかで起こる恋愛ゲームが描かれた作品です。

『危険な関係』はこれまで様々な国でその時代に合わせたストーリーにリメイクされているんですよ。
2003年、主演がペ・ヨンジュンの映画『スキャンダル』もそのひとつ。

『偉大な誘惑者』では原作と現代の財閥と庶民とのラブストーリーという王道設定を踏襲しミックスしたストーリーとなっています。

偉大な誘惑者のキャスト・相関図

人物相関図がこちらになります!

偉大な誘惑者のキャスト・相関図

正直第1〜3回くらいまで登場人物が多い&名前が色々出過ぎて訳が分かんなくって、何度も観るのを諦めそうになりました…

ここには出てきませんがシヒョンの母、テヒの父も物語を色付ける重要人物なので要チェックです。

シヒョンの母(チェ・ジナ)
夫であるシヒョンの父・ソグはテヒの母を忘れられない。

妻でありながらやるせない気持ちがなんとも…

テヒの父(クォン・ヒョク)
愛する元妻のテヒの母はシヒョンの父・ソグのことが好き。

→この2人の存在が物語におおきなうねりを与えています。

偉大な誘惑者の主要キャスト深掘り

このドラマの主要4人を深掘りし紹介します。

クォン・シヒョン役:ウ・ドファン

偉大な誘惑者の主要キャスト深掘り1

1992年7月12日生まれ
B型
檀国大学校公演映画学部卒
身長 180㎝

お父さんが若い頃演劇をしていた影響で自身も小さな頃から興味をもち映画をよく見ていたのだそう。

2011年、『来た来た、マジで来た』の端役でデビュー、その後多くの映画やドラマに出演されています。

ドラマ2016年「ウチに住む男」が先に放送され、新人俳優として注目を浴びました。

代表作:ドラマ「君を守りたい~SAVE ME~」、ドラマ「ウチに住む男」

ウン・テヒ役:ジョイ

偉大な誘惑者の主要キャスト深掘り2

1996年9月3日生まれ
ソウル公演芸術高等学校卒
身長 167㎝

彼女の本業はアイドル。
2014年にデビューした『Red Velvet』という人気5人組アイドルの一員です。

女優として演技初挑戦した作品がこの『偉大な誘惑者』の1年前に放送された「彼女は嘘を愛しすぎてる」です!

そしてドラマ出演はこの2本のみ。

やはり”アイドル”が本業ということでソッチのほうが忙しいんでしょうね!?

そんな『Red Velvet』のMV↓

この中のジョイちゃんは黒髪ロングでおでこを出してます。

 

チェ・スジ役:ムン・ガヨン

偉大な誘惑者の主要キャスト深掘り3

1996年 7月10日生まれ
A型
成均館大学在学中
身長 169㎝

ドイツ出身の彼女、両親がともにドイツ留学中に出会ったからなんですって。

2006年に映画『師の恩』で子役としてデビュー、その後多くの映画、ドラマに出演されています。

2020年に放送されたドラマ「女神降臨」では主演、要チェックです!

代表作:ドラマ「女神降臨」、ウェブドラマ「うちの隣にEXOが住んでいる」

イ・セジュ役:キム・ミンジェ

偉大な誘惑者の主要キャスト深掘り4

1996年11月1日生まれ
B型
中央大学 公演映像創作学部演劇専攻学科在学中
身長 173㎝

アイドル練習生として芸能界入りしましたがレッスンの一環で演技を学び2014年のドラマ「ロマンスが必要3」でデビューするという異色のスタート。

そこからドラマ、バラエティ番組、ラジオや映画など幅広く活動されています。

代表作:ドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』、『浪漫ドクター キム・サブ2』

物語・最終回の結末は(ネタバレあり)

韓国では全32回でしたが、日本での放送・配信では全23回となっています、その最後(第23回)についてあらすじと結末です。

最終回(23話)あらすじ

アジトにてテヒを庇い頭を殴打され昏睡状態になってしまったシヒョンだったが、テヒの看病のもと15日ぶりに目を覚ました。

しかしテヒは目覚めたシヒョンとは会わずに彼の前から去ったのだ。

そして5年後

留学から戻り設計会社に就職したテヒは仕事の虫として毎日を過ごしていた。

スジの母は犯した罪を償い再スタート、そしてスジはプロのチェロ奏者として活動していた。

セジュは札幌の居酒屋でオーナーとして仕事に生きていた。

演奏ツアーで札幌公演後、スジにはある住所が書いた花束がその先はセジュの店だった。

テヒは自身が設計した建物を訪れテラスに行くとそこにはシヒョンが、その建物の依頼主はシヒョンだったのだ。

その結末は?

スジとセジュ、テヒとシヒョンそれぞれが再会を果たしたところでドラマは終了。

その後はもちろんそれぞれが結ばれ幸せになったのだろうと思われます。

結末は良くも悪くもありきたりですが、ハッピーエンドになり良かったですね。

偉大な誘惑者の曲・OST

ではOSTを紹介!

まずは韓国ドラマのほのぼのシーンでありがち(失礼)なアコギ&女性Voの曲が↓


MOMOLANDの『Hug me』です。

”ありがち”と言いましたが、目を閉じて聴くとドラマのシーンが蘇ってくる良曲です♪

次はテヒを演じたジョイちゃんが歌うこちら↓

さすが歌手です!!!

joyちゃんが『偉大な誘惑者』の1年前にドラマ初主演した作品はこちら↓

[韓国版]彼女は嘘を愛しすぎてる・ドラマ内の歌の曲名やOSTについて!気になる視聴率も

[韓国版]彼女は嘘を愛しすぎてる・キャスト相関図と主要出演者プロフまとめ

2020.11.29

是非ご覧になってみてください

お次はアイドルグループSEVENTEEN(セブチ)のメインボーカル・ドギョムが歌うこちら。

じわるいい曲です!

最後はヤン・ダイルの『With you』です。

ヤン・ダイルさんは2018年に「ごめん」で大ブレイクした実力派シンガソングライターです。

落ち着いた雰囲気の4曲、どれも素敵ですね♪

偉大な誘惑者の視聴率

このドラマは視聴率が振るわず厳しい結果だったことでも話題になりました。

その数字はというと

最低視聴率 1.5%(29回)
最高視聴率 3.6%(初回)

初回が最高で徐々に落ちていったという…(汗)

その理由について韓国では

  • わかりにくいストーリー
  • 一貫性のないキャラクターの行動・発言
  • 財閥3世と一般庶民という設定に食傷気味

と言われているようです。

個人的にも「う〜ん」と思うところはいくつかあって・・・

スジって初めはギヨン(弁護士見習い)が好きでチームでテヒを懲らしめる!って話だったのに、自ら振ったシヒョンを好きになったりして意味不明。

ギョンジュ(テヒの親友)がセジュを諦めるに至ったきっかけもなんだか曖昧だったり。

他にも色々”?”というところがあったんですよね…。

個人的にジョイ(テヒ)ペンなので完走できましたがそうでなかったら途中で脱落したかもしれませんね(汗)

まとめ

『偉大な誘惑者』は”最高!”とは言えませんが独特な雰囲気で見どころもたくさんありました。
なんだかんだ頑張って(笑)最後まで観てよかったです!

シヒョン役のウ・ドファンは現在入隊中ってことで除隊後の作品が楽しみです!

JOYちゃんもこの後ドラマ出演されていないので早く次回作が見たいですね。

ではっ

関連記事