孫にあげたい夏のお年玉『お盆玉』!相場や由来は?

子供のころのお正月、両親に連れられ帰省した先での楽しみがお年玉だった、なんていう思い出をお持ちの方も多いはず。
一方で大人になると、出費が増えてしまうので親戚の子供と同じタイミングで帰省するのは避ける、なんていう話も聞きますね。
ところで近年、孫や親戚の子供にお盆にもあげる「お盆玉」!という習慣が浸透しつつあるのはご存知でしょうか?

スポンサーリンク

聞き慣れないお盆玉ですが、ここではお盆の帰省に備え、相場などについて知っておきましょう。

そこでついでに入れるぽち袋も紹介しちゃいます。

お盆玉の相場はどのくらい?

まだまだ新しい習慣のため、世の中にはっきりとした相場がある訳ではありませんがごく標準的な基準として

  • 小学生で1000~3000円
  • 中学生で3000~1万円
  • 高校生で5000~1万円

と幅はありますが、これくらいの額を渡している方が多いようです。

そこで金額の目安として、お年玉と同額にするもしくはお年玉より少なめにする、とお年玉を基準にしてそれより若干少なくしている方が多いようです。

参考としてお年玉の相場といわれているものを以下にまとめてみました。

  • 未就学児   1000円
  • 小学校低学年 2000円
  • 小学校高学年 3000円
  • 中学生    5000円
  • 高校生    5000円以上

もちろん地域差、あげる相手との関係性などありますが、おおよそこのくらいであれば間違いない!
という額です。
もちろんこの”必ずこの額”である必要はありません

ですが、やってはいけない事として
4がつくと縁起が悪いということで、4000円という金額は避けるべきである。というのがあります。

「お札の枚数が多いと厚みがでて期待感が高まるかな?」

なんて考えてはいけませんよ笑

子供からすれば金額の多寡にかかわらず、久しぶりに会う親戚にお小遣いをもらえるのは嬉しいもの。
相場は飽くまで参考に、無理のない範囲で用意するのがいいでしょう。

 

お盆玉のぽち袋

お盆玉が広まるのを手助けしたアイテムがお盆玉専用のぽち袋

紙製品を扱う会社がお盆玉用のぽち袋を作り、それを百貨店や郵便局が販売したことが広く認知されるきっかけとなりました。
一般的に販売されているぽち袋で用意するのも悪くありませんが、久々に会う孫や甥姪など親戚の子供たちにあげるなら、その袋にもこだわりたいですね。
購入するなら最寄りの郵便局が確実。最近はお盆玉の広まりに合わせ、雑貨屋さんなどでも取扱いが増えているようです。

郵便局

image1

出典:http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2014/00_honsha/0708_01_02.pdf

お盆玉を広めた立役者ともいえる郵便局のぽち袋です。

スポンサーリンク

ポップで可愛らしいもの、落ち着いたデザインのもの、また箔仕上げのちょっとリッチなものまで、誰を対象にするにも困らないラインナップです。

お好みの紙を使って手作りで

どうしてもしっくりくるものがなければ、自分でお好みの紙を使って手作りしてしまうのもアリですね。

着物のぽち袋


夏と言えば夏祭り。夏祭りと言えば浴衣ですね。こちらは「着物のぽち袋」のおり方として紹介されていますが、浴衣に見立ててお盆玉袋にしてしまうのはいかがでしょうか。良い夏の思い出になりそうです。帯と浴衣の柄でバリエーションも広がります。

ペンギンのぽち袋


小さいお子さんにあげるなら、こんな可愛いペンギンのぽち袋も喜ばれそう。鮮やかな青やペンギンの持つ涼しげなイメージが夏にぴったりです。

 

そもそもお盆玉とは?

そもそも聞きなれない『お盆玉』ですが、始まったのは2010年頃と言われる新しい習慣です。

この言葉は最近できたものですが、その由来は山形県の一部地域の習慣でした。

 

江戸時代、商家に来ていた奉公人はお盆に親元に帰ることができました。その際商家の人から奉公人に衣類や下駄を持たせる習慣があったそうです。

それが時代とともに変化し、昭和の初めごろにはお盆小遣いとして帰省した子供にお小遣いをあげる形になったと言われています。
この一部地域で行われてきた習慣が注目され、お盆玉として広まることになりました。

主に夏休みに帰省する孫に祖父母から渡す、という形で浸透しつつあるようです。

まとめ

いかがでしょうか。
大人としてはまとまった出費にもなり賛否あるお盆玉ですが、子供たちにとっては嬉しいもの。

何より喜んだ顔が見られるならこんないいことはありませんよね。
ご両親に余計な気を使わせないように額を気にしつつ渡せたらみんな笑顔!

お年玉と同じくらいメジャーになる日も近そうですね。

スポンサーリンク