恐竜くんのプロフィール、本名や学歴、講演料はいくらか調査してみた!

今回紹介するのは今話題の人物『恐竜くん』です。

スポンサーリンク

その名の通り、さかなくんをはじめカブトムシゆかりさんなど専門的な分野をもったタレントさんかな?
と思ったのですがやはりというか本格的な知識を持った方です。

そんな恐竜くんのプロフィール、本名や学歴、講演料はいくらなのか調べてみましたのでご覧ください!

恐竜くんのプロフィールをチェック!

恐竜くん

本名    :田中真士(たなか まさし)
生年月日  :1981年12月30日
出身地   :東京都
血液型   :AB型
最終学歴  :カナダ・アルバータ大学理学部卒
好きな映画 :ジュラシックパーク、ジュラシックワールド

6歳の頃に上野にある国立科学博物館のエントランスで見た恐竜の骨格に一目ぼれし恐竜に目覚めました。

その後も興味は薄れる事なく高校時代にはカナダに留学。
留学先のアルバータ大学はカナダでは5本の指に入る大学といいわれるほどの名門大学で恐竜の研究が盛んなんだそうです。

大学時代は古生物学を中心に広くサイエンスを学んだそうですよ。
そんな「恐竜くん」の恐竜くんの知識は確かなものです!

卒業後には改めて「恐竜くん」としての活動を開始しました。
「さかなくん」の事務所に「恐竜くん」という名前を使っていいか許可を直接取りに行ったら快くOKしてくれたんだそうですよ!

現在は、恐竜展や恐竜イベントの企画、恐竜や古代生物に関するトークショー、恐竜イラストの制作や恐竜関連の執筆・出版講演会テレビ、ラジオ出演など幅広く活動しています。

クラウドファンディングで1,000万円集めて全長約12m、高さ約5mのティラノサウルスの骨格『パーフェクト・スタン』を買ったという恐竜くん。
自身が企画するイベントなどで展示している他、レンタルも行っているそうですよ!

スポンサーリンク

本当に恐竜が好きなのが分かります!ふむふむ。
さかなくんやでんじろう先生のような感じですよね。

欧米ではこういった職業は「サイエンスコミュニケーター」と言われ一つの職業として社会的に認識されています。
日本においてはその認知度はもう少し・・・というところでしょうか!?

恐竜を伝えるサイエンスコミュニケーターという海外ではロバート・T・バッカーさんやその弟子のグレゴリー・S・ポールさんという方がおられますが、恐竜くんもこの方々にからも影響を受けているかもしれませんね。

講演料はいくら?

全国各地で恐竜に関する講演を行っている恐竜くんですが、
「地元に呼びたい!」
という方も多いはず。

そこで調べたところ講演の価格は応相談とのこと・・・

 

そこで参考にですが、現在恐竜くんはTwitterのフォロワーが3000弱ほどですが、近いフォロワー数の方を何名か調べてみたところ21~30万円のところに多かったです。
気象キャスターの天達武史(あまたつ)さん等がそうでした!

そこで上の価格帯、30~60万円の方になるとよく”テレビで見る”方がかなり多いので、正直現在はまだそこまでの価格でなさそうかな、と思いました(失礼)。

実際価格は知名度によってかなり左右されるかな?という印象ですので講演を依頼するなら今のうちかもしれませんね。

今後急騰する可能性もあると思います!

まとめ

今回は恐竜くんについて色々調査してみました。
これまでの経歴からも恐竜に関する知識は確かな恐竜くん、すこしづつメディアにも登場している上に恐竜ブームの現在イッキにブレイクするかもしれませんね。

恐竜は今でもどんどん新しい発見があって”実は毛が生えていた!”なんてことも近年分かったり。
古代の巨大生物にはロマンがありますね。

これからの活動にも注目していきたいと思います!

スポンサーリンク