新米史官ク・ヘリョンのキャスト相関図、最終回のあらすじ&感想から評価まで!

『新米史官ク・ヘリョン』は2019年に韓国で放送されたテレビドラマです。

韓国では”顔天才”と言われる超イケメン、チャ・ウヌが出演しているということで興味を持たれた方も多いのでは?

ここではそんな『新米史官ク・ヘリョン』の相関図や主要キャストについて紹介、最終回のあらすじ&感想から評価までまとめていますのでご覧になってみてください。

新米史官ク・ヘリョンってどんなドラマ?

このドラマの始まり&かんたんあらすじは

19世紀の朝鮮王朝時代、26歳の独身で自由な生き方を望むク・ヘリョンは兄の決めた結婚を史官(歴史文章の記録をする官職)になることで回避。

そして世子(次期王)の弟のトウォン大君は身分を隠し”梅花”という名で恋愛小説を執筆、人気を博していた。

恋愛小説なヘリョンはひょんなことからトウォン大君と出会うのだが、その正体を知らぬまま始まる不思議な関係。

史官として宮廷でまさかの出会いから2人の関係が展開していくというロマンス時代劇!

となっています。

「時代劇ってどうしても微妙、というか苦手で・・・」という方でもいざ観ていくとしっかりハマっちゃうと思います。
なんて言ってもチャ・ウヌがイケメンすぎて。

ストーリーの中で聞き慣れない単語が色々出てきますがそちらについても次項で相関図とともに解説していくのでご安心を!!!

新米史官ク・ヘリョンの相関図

登場人物の相関図がこちらになります。

ではポイントや物語中にと登場する難しい言葉についていくつか解説していきます。

相関図右上の大妃」は先代王の妃になります、ですので現在の国王の母ということになります。

現在の王は左議政とともに先代王を謀反の末命を奪い王になりました。
ここについても物語がありますのでお楽しみに!

芸文館は先程紹介しました史官が所属する国王とその周辺の動静の記録、議事録の作成を行う機関です。

痘瘡(とうそう):天然痘のこと、現在は完全に根絶した病気です。

廃主:地位を失った王のこと、このドラマでは先代の王を指す。

主要キャストを深掘り

ク・ヘリョン役:シン・セギョン

1990年7月29日生まれ
身長 164cm
中央大学演劇映画学部休学中
血液型B型

小学2年生のときに歌手ソ・テジによる曲「Take Five(テイク・ファイブ)」のポスターのモデルに起用されデビュー。

幼いころからこんな憂いのある表情を・・・。
どうやら広告代理店で働いていた母のつながりで推薦、抜擢されたのだそうですよ。

女優としては2004年映画『マイ・リトル・ブライド』でデビュー、その後映画やドラマなど多くの作品に出演しています。

現在では女優であると同時にYouTuberとしても活躍されているんです。

自身のチャンネルではお料理や愛犬のお朝散歩などプライヴェートな様子がたくさん見られます。


砕けた感じでまたドラマとは違った雰囲気で良き。

代表作:ドラマ『明日に向かってハイキック』、ドラマ『匂いを見る少女』

イ・リム役 – チャ・ウヌ

1997年3月30日生まれ
身長 183cm
体重 67kg
血液型B型

彼は韓国の6人組アイドルグループ「ASTRO」のメンバーでビジュアル担当!!

その容姿ゆえ「すべてのガールグループの警戒対象1号」と言われるほどで韓国アイドル界でもトップクラスの”顔天才”として有名。

この「僕たちの復讐ノート」でも本人役としてイケメン枠での出演!!!

現在は成均館大学校演技芸術学科に在学中でアイドルであるながら俳優としても本格的に活動されています。

代表作:「私のIDはカンナム美女」

イ・ジン役:パク・ギウン

1985年2月13日生まれ
身長 183cm
体重 69kg
血液型O型
慶北外国語大学卒

高校卒業後の2005年に日本の映画『怪談 壱 「病院怪談」』でデビュー!

その後多くの映画やドラマに出演され、広告モデルなどとしても活躍されています。

こちらはスマホのCM

JOYもびっくりのハーフ顔!!!しかしハーフではないそうなんですよ。

代表作:映画『チーズイン・ザ・トラップ』、ドラマ『ラメインターン』、ドラマ『リターン』

ミン・ウウォン役:イ・ジフン

1988年10月29日生まれ
身長 181cm
体重 70kg
翰林大学体育学科中退
血液型A型

もともとは体育教師だったになるのが夢だったそう、軍隊にいた20歳の時ミュージカル「李」を観劇し俳優に興味をもち、除隊後演技学院に。

12012年にドラマ『学校2013』で俳優デビューされました。

その後ドラマ、映画、そしてバラエティ番組などで活躍されています。

MBC演技大賞ではこの『新米史官ク・ヘリョン』で水木ドラマ部門賞を受賞されています。

というかこの方ヒゲが無いと全然印象が違うんです

 

この投稿をInstagramで見る

 

이지훈(@88leejihoon)がシェアした投稿


イケメンすぎる・・・(汗)

代表作:ドラマ『99億の女』、『姉は生きている』

新米史官ク・ヘリョンの最終回(20回)あらすじ

※ネタバレ注意

先代の王は身分にかかわらず、曙来院で皆が学習し能力の高い者が出世できる世を目指そうとしていた。

しかしそれに反発していた現王と左議政はキリスト教を布教及び西文化を伝搬させようとしたという罪を着せ、謀反を起こし先代の王を殺害。

その時の記録が見つかりヘリョンは真実を明らかにするために立ち上がる。

まず緑嶼堂(ノソクダン)に軟禁されていたトウォン大君が殺害されてしまう恐れがあると感じたヘリョンはそこから救い出した。

大妃側の人間が集まる場所にたどり着いた2人、そこでこれから始まる計画を決起したのだった。

宮中で行われる大勢の人がいる宴の最中、ジェギョンが廃主の密書は偽物でありそれは左議政の指示で書き換えられたものと王に上申、証拠を提示した。

反論する左議政の元にトウォン大君が登場、自分は大君ではなくただのイ・リムだと、そして

「20年間自分を殺さなかったのは廃位が間違っていたと分かっていたからでは?」

と王に詰め寄った。

「筆を止めろ、でなければ首をはねる!」という王だったが史官達は書き続ける。

クリョンは首をはねても真実は人を伝っていくと王に言った。
その言葉に史官達が集まるが絶体絶命の危機。

そこで世子が立ち上がり罪を糾弾。

追い詰められた王は推鞫庁(チュグクチョン – 特別捜査班)の設置を約束、左議政は断罪されることになった。

その後・・・

大妃に世子を降りるとイ・ジンは言ったが、そこにリムが現れ自分は大君を降りると言った。

リムが次の王に!と思っていた大妃は納得できないが…。

3年後

芸文館には平和が戻っていて相変わらずクニョンも働いている。

ソン・サヒは退職し子供に文字を教えていた。(おそらく機密を守らなかった事から)

その後父の墓のもとにいたミン・ウウォンだったが王の命により史官に復職。

世子であったイ・ジンは王となり『曙来院』を復活させ国の未来のために政治を行っていた。

そしてイ・リムは売れない旅行作家になり旅していた。

漢陽に旅から戻ったリムはヘリョンのもとへ、2人はお互いが自由でありながら支え合う間柄となったのだ。

– 終わり –

ネタバレ感想!

途中(12〜15)あたりの中だるみはあったものの、最後はきちんとハッピーに終わってよかったと思います。

確かにハッピーなんだけどリムはどうやって大妃を説得したのかな?と当時からすれば正当な世継ぎが普通の暮らしに!ってのはありえないのでちょっと引っかかってしまいましたね。

そしてヘリョンとも交際し一緒には暮らしているものの結婚はしていないみたいでそこもね(笑)

私は時代劇って正直”あんまり…”なんだけどそこまでヘヴィな内容じゃないし、コミカルな面があるので見やすくて良かったです。

あと無駄に血が流れないから!ってのもあるかも。

確かに意味がわからない言葉がちょこちょこ出てきますが、ここで一度覚えちゃえばもうこれからは大丈夫だし!

新米史官ク・ヘリョンの視聴率

気になるこのドラマの視聴率ですが

最低 第2回3.7%
最高 第5回7.3%

でした。

韓国ではチャ・ウヌとシン・セギョンの演技力が至らないという評価、そして固定ファン層による視聴率での結果という味方があるようです。

だとしてこの視聴率であればとても多くのファンがいる!と言えると思います。

新米史官ク・ヘリョンの評価は?

言うまでもないですが


という声が続出、感想のうちチャ・ウヌが”かわいい”とか”かっこいい”の声が8割以上だったと思います。


確かに見やすく仕上げられているのが分かります。
演技としての存在感は確かにミン奉教ありますよね!?


なんだか最後少し駆け足になっていたような気がしないでもないかも。。


こんな見方もアリですね!
たとえば”史官”について調べていくと、その仕事がとっても神聖で重要な職業であったことなど何気に歴史についても知るきっかけになったり。

まとめ

チャ・ウヌやシンのかっこよさ&セギョンの美しさ、韓流時代劇の中でも見やすい作品としてもおすすめな『新米史官ク・ヘリョン』。

登場人物が多いので関係把握に相関図を参考に見ていけばかなりスムーズにストーリーに入りやすいかと思います、参考にして頂けたら幸いです!

関連記事