栗原菜緒の年齢、経歴、ナオランジェリーの販売店は?気になる年収もチェック!

今回するのはランジェリーデザイナーの栗原菜緒(くりはら なお)さんです。
自身のブランドNAO LINGERIE(ナオランジェリー)でデザイナーをされている栗原さん。
テレビ系 番組『7RULES(セブンルール)』で放送されていたような意外な経歴で下着デザインをするようになった彼女に釘付けになった方も多いのでは?

スポンサーリンク

ここではそんな栗原菜緒さんの年齢や経歴や年収、そして”ズレない”が特徴のNAO LINGERIE(ナオランジェリー)の販売店舗について調査&紹介していきたいと思います。

栗原菜緒の経歴をチェック!

まずは栗原菜緒さんのプロフィールと経歴について迫ってみたいと思います。

栗原菜緒(くりはら なお)

生年月日   :1984年2月11日
年齢     :33歳
血液型    :B型
出身地    :東京都
最終学歴   :学習院大学卒

現在は日本ランジェリー協会の専務理事も勤めている栗原さんですが、その経歴は紆余曲折、波乱万丈!

大学時代に政治学を専攻して外交官を目指していた菜緒さんは大学卒業後に外交官になるため、試験の勉強をするべく就職せずに外務省の非常勤公務員(アルバイト)をしていました。

そんな中、知人から「好きなことをやればいい」と言われて頭に浮かんだのが『ランジェリー』だったのだそう。
栗原さんは中学の頃からランジェリーに興味を持ち、自称”ランジェリーおたく”として数え切れないほど買いまくったくらいなのだそうですよ。

そこで始めたのがランジェリー販売のアルバイト。
ですが、アルバイト中に自身が扱っていた”商品”についてギモンを感じて「それなら自分で作って売ることができないか?」
と思ったのだそうです。

そこからはブランドの立ち上げのためにマーケティング、リサーチや分析、報告書のまとめ、雑誌の編集、などのお仕事をしながら勉強し、28歳の時にはその仕上げにイタリアはミラノにランジェリーのデザインの勉強に行きました!

本当に好きなことを見つけてモチベーションを保ち、努力をし続ける姿勢は見習わなくては、と思わされますね。

そして帰国し、29歳の時にデザイナー兼経営者として、自身のランジェリーブランドNAOLINGERIE(ナオランジェリー)と製造販売をする『for Grace株式会社』を立ち上げました。

 

結婚はしているの?

そして気になるのがやはり”結婚”ではないでしょうか?

栗原さんは

一つだけ願いが叶うとしたら?   という問いに対して

幸せな家庭を築きたい

と回答されていました。
ということは現在はまだご結婚されていないのではないかな?と思われますね。

 

NAOLINGERIE(ナオランジェリー)販売店はどこ?

そしてそんな着けごこちがいいと評判のランジェリーの販売店ですが

ナオランジェリーの本店が銀座にありますが、完全予約制のプライベートサロンとなっています。

スポンサーリンク

ブランドオフィシャルページよりフォームもしくは電話で予約してお店に行きます。
お店では、フィッティング、お直しなどもお願いすることができます。

 

その他、新作発表会及び展示会での販売、そして楽天の販売ページでも通販で購入することが可能です!
新作発表会及び展示会での販売では栗原さんもいらっしゃっるそうなのでHPで日程をチェックしてみてください。

気になる年収はどれくらい?

 

とあるブランドの下着デザイナーの給料は募集などを見ると年棒制で240万円~480万円、他のブランドでは年収320万円 ~ 400万円とありましたが、これはあくまで、雇われのお給料。

ですが栗原さんはデザイナーですがそれとともにブランドの経営母体『for Grace株式会社』のCEO/代表取締役ということで経営者でもあります。
ここに関しては業績によって収入はピンキリだと思われますが、

  • 新規参入が難しい下着の業界で2013年から続く会社
  • テレビや雑誌などの多くのマスコミ露出

などを考えれば業績は間違いなく良いはずで、それに見合った収入を得ていると思われます。

年収8ケタは間違いないのではないかな?と推測できますね。
いえいえそんなの余裕でぶっちぎっている可能性も高いのでは!?

 

まとめ

今回は栗原菜緒さんの年齢や経歴、そしてズレないが特徴のNAO LINGERIE(ナオランジェリー)の販売店舗について調査してきました。

下着デザイナーになるまで様々なお仕事をされていたようですが、一つ一つが一見デザイナー、そして経営の仕事に関係無いようですが、実は全てがあってこその今ではないかと思います。

彼女の経歴をみているととにかく目の前にあることを全力でやる!ということが未来に繋がっていくような気がしました。

生き方から色々刺激を受けますね!

そんな彼女の真剣な姿勢がモノづくりに繋がって人気になっているのでしょう。
今後大手メーカーを脅かす存在になり、さらに世界にも羽ばたいていくこともありそうですね!!
今後も要注目です。

 

スポンサーリンク