風水でみる鏡のレイアウト、この配置はNG!

風水で、鏡はとてもパワーのあるアイテムです。水の意味を持ち、反射し、モノを映す特性を使って運をぐっと良くしたり、悪い気を跳ね返したりします。けれど使い方を間違えると逆に悪い気を増幅させたり呼び込んだりするので要注意。

スポンサーリンク

引っ越しやお部屋の模様替えの時には、どんな鏡をどの位置に置いたらいいのか迷ってしまいますよね。鏡は置く位置や方角、形で意味が変わってしまいます。
そんな風水における鏡のレイアウトを検証してみました。

玄関先の鏡の置き方。

image1

玄関に鏡があるとお出かけの時に服や髪をチェックできて便利なものですね。
玄関は風水ではとても重要な場所。恋愛運、金運、健康運、仕事運などすべての運は玄関から入ってきます。
そんな玄関に置く鏡ですから置き方にもやはり気を使いたいものです。

玄関に置く鏡は、入って右側にあると人気、名誉、地位運が上がるとされています。また入って左側だと人間関係を良好にし、金運が上がるとされています。
けれども左右両方に置いてしまうと合わせ鏡になってしまうのでこれはいけません。また玄関正面に設置するのも入ってきた良い気を跳ね返してしまうのでよくありません。

鏡の大きさは30cmより大きいもので、形は円か楕円形がいい運気を集め人間関係をよくします。
八角形だと金運が上がります。できればフレームはゴールドか黄色がいいでしょう。

四角い鏡は角が運気を反射するとされ、玄関にはあまりよくないようですね。
また、風水で使う凹面鏡には良い気を集める効果があるとされていますが、強い風水アイテムで気を乱反射する働きもあるので、玄関には不向きです。

リビングや寝室に鏡を置くときの注意点

鏡は、どの位置に置いたらいいのかというより、どの位置を避けたらいいのかを考えたほうがわかりやすいです。ですので、風水におけるNGな鏡の置き方をご紹介します。

スポンサーリンク

合わせ鏡

鏡の中に鏡が移る合わせ鏡は、風水では忌み嫌われる置き方です。合わせ鏡は絶対に避けましょう。

ドアの真正面

玄関もそうですが、ドアの真正面に鏡があるのはよくありません。とくにトイレのドアはNG!健康運がダウンし家全体の運気を下げてしまいます。

天井に鏡

あまりないと思いますが、天井に鏡を設置するのもよくありません。○○ホテルなんかに良くある感じのソレですね。
下にいる人の運気を下げてしまいます。

寝室の鏡

特にベッドが映る位置はよくありません
寝姿が鏡に映ると眠りを妨げるので、寝室の鏡は使わないときは布をかけておくなどの対策が必要です。

窓に向いた鏡

玄関の正面かNGなのと同じで、外からの良い運気を跳ね返してしまいます。
また、不快な景色が映らないようにしましょう。

風水で見る鏡の上手な使い方

image2

鏡は使い方によってはとても力の強い風水アイテムですから、上手に取り入れていきましょう。

鏡には観葉植物やきれいな花などが映り込むようにすると相性がよく運気をあげます。外に元気な植物や綺麗な川があるなら、鏡に映して自然のエネルギーを家に取り込むことができます。

鏡はいつもきれいに磨いておきましょう。
曇ってほこりがついていると運気をさげるのでよくありません。特に洗面所や浴室の鏡は美容運に影響するのでピカピカにしましょう。
また、欠けたり傷がついた鏡は処分しましょう

割れた鏡を使うのは縁起が悪いの?それとも不幸の身代わり?

2016.10.12

リビングやダイニングに鏡を置くなら、ダイニングテーブルの正面が良い効果が得られます。
また、フルサイズの大きな鏡で部屋全体を移すことで部屋に広がりを持たせ運気を呼び込みます。

鏡に暗闇が映るのはよくありません
夜は布をかけておくと効力を失うので安心です。

いかがでしたか?風水で扱いのむつかしい鏡ですが、お部屋の模様替えやお引越しの時は、鏡NGの場所を念頭にいれてレイアウトすると運気が開けますよ。ぜひやってみてください♪

スポンサーリンク