鳥取の大盛り店「べるしい」のピラフやパスタが凄い!閉店の理由は?

鳥取でおよそ40年も愛された大盛り・デカ盛りレストラン『べるしい』。

しかし先日地元民に惜しまれつつ閉店してしまったのは記憶に新しいところです。
先日放送された「マツコ会議」で取り上げられたことで知った方も多いのでは?

スポンサーリンク

ここではそんな『べるしい』の超大盛りピラフやパスタ、カツカレー画像や閉店の理由など調査していこうと思います。

『べるしい』の大盛り・デカ盛り画像

全国からデカ盛りファンが訪れる聖地として知られた”べるしい”。
そのメニューは実際どれほどなのでしょうか?

画像で見てみましょう。

スペシャルカツカレー大盛り

人気メニューのカツカレー大は1200円(複数名で食べる場合は1700円)。
どうやら[大]はお米4合以上ということでそこにルーや大量の揚げ物が乗るとそれは恐ろしい量ですね。

オムライス・パスタ


オムライス大は1000円(複数名で食べる場合は1500円)、ほうれん草と生ハムのパスタ大は1240円(複数名で食べる場合は1740円)。
どちらも恐ろしい量ですね(汗)

体育会系大学生でも苦戦しそうなほどの量。

ピラフ


ピラフ大は1000円(複数名で食べる場合は1500円)。

こういうのって写真だとどうしても大きさが伝わりにくいですが、それでもかなり大きく見えるので実際目の前にするとかなりヤバそうですね!?
そして同じ量でも一人で食べる値段と複数名で食べる値段が違っていたですね。

確かにお店としては大きいのをシェアされると売上が立たないですもんね(汗)
仕方ないといえば仕方なかったのかもしれません。

そして『べるしい』が人気だった理由はその量はもちろんのこと、やはりいちばんは”味が美味しいから”。
ただ量が多いので”飽きてくるかも”という声もありました。

さすがにそれはしかたないような・・・。

そもそも『べるしい』って?

鳥取県鳥取市にある洋食レストランです。
鳥取市出身のオーナーは大学卒業後に帰郷、洋食店や洋菓子店などで修業し1979年7月に独立し、鳥取駅近くで『べるしい』をオープンさせました。
店名の「べるしい」は「食べる」と「おいしい」から取ったのだそうです。

スポンサーリンク

もちろん普通盛りは”常識的な”盛りなのですが、開店数年後から始めた大盛りが多すぎることで話題になり人気に。
10年ほど前に現在(といっても閉店してしまいましたが)の場所に移転し営業していました。

閉店の理由は?

 

閉店の理由は体力の限界だそうです。

オーナーの谷口昌さんは66歳ということでそれも仕方ないのかもしれませんね。
飲食店はとっても重労働で拘束時間も長く実は肉体労働。

そんな訳でやはりキツかったのだと思います。
息子さんなどが跡継ぎを・・・?

とも思ったのですがそのような予定もないそうでとても残念ですね(汗)

昨年末の『閉店のお知らせ』以降、Xデーが近づくにつれ行列は日々膨らんでいったみたい。
最終日の11月3日はなんと最大4時間待ちだったそうですよ。

SNSでは

やはり惜しまれる閉店。
息子さんやお弟子さんなどが跡を継いだりできればよかったのでしょうけどね。

30年も通われていたということで相当な常連さんですね。

驚異の4時間待ち。
相当な行列だったようですね。

まとめ

今回は去る11月3日に閉店してしまった『べるしい』について色々調査してきました。

鳥取県内のみならず、他県からも多くのお客さんを集めていた人気店ということで閉店はとても残念ですね。
SNSNを見ても本当に多くの方に愛されていた事がわかります。
ですが、体力の限界・・・といえば仕方のないことかもしれません。

すでに閉店してしまい店長さんはゆっくり過ごされているかと思いますが、”誰かが”突然継ぐことになってリニューアルオープン!なんてサプライズが起こってくれたらと願うばかりですね。

スポンサーリンク




関連記事