100日の郎君様の最終回(16話)〜エンディングのあらすじと感想!

100日の郎君様の最終回(16話)〜エンディングのあらすじと感想!

物語の大詰めである最終回(16話)、完全に記憶を取り戻し全てをハッキリさせるべく立ち上がったユルの行方がどうなるのか?

ここではそんな最終回〜エンディングのあらすじと感想、気になるその後を勝手に妄想(笑)もしてみましたのでご覧になってみてください!

100日の郎君様の最終回(16話)のあらすじ

※ネタバレ注意

自身の資金調達のために明と女真の戦争を焚き付けたチャオン、そこに国の代表としてユル(ウォンドゥク)を行かせることで罠にハメ命を奪おうとしていました。

同時にホンシムをも捉えているとも伝え、断らせず戦場に行かざるを得ない状況に。

ジェユンの家に身を置くヨン氏に話を聞きに行くとホンシム(ユン・イソ)は「感謝する」と書いた手紙を残し消えてしまったという。

ユルに対し王は戦場に行くことを引き留めるが、ユルはどうしても戦場に行かなくてはいけない!と伝え出発。

向かう途中引き留めに現れたジェユンをも振り切り一人で戦場へ。

戦場となった村は多くの人が犠牲になり荒れ果てた様子、そんなユルが刺客に囲まれ大ピンチに陥るがジェユンが助っ人に現れ制圧、やはり命を狙われているのは確実だった。

その頃チャオンは”あちら側”の戦地でユルを戦死に見せかけ命を奪う算段を立てていた。

中継地点に着き、そこでユルへ届いたのは「女真の陣へ一人で来い!」という明らかにジェユンからの罠の手紙だった。

翌日、邑城(ゆうじょう)の門を一人でくぐり中へ入ったユル、そこにチャオンそして刺客が現れ命を奪おうとしてきたのだった。

しかし今回はユルも弓の援軍をあらかじめ用意、状況はイーブンに。

そこで一旦は膠着したが、チャオンは剣を取りユルもそれに応じ最後の一騎打ちが始まった。

その戦いを制したのはユル、その場でチャオンは命を落としたのでした。

その先にいたホンシムと再開したユルは「一緒にいたい」と気持ちを伝えるが、ホンシムはこれまで兄がユルにした事(兄のこと)などがよぎり本当の気持ちを伝えられずその場を立ち去ってしまう。

行き場を失った世子嬪、その兄であるスジは都を離れることに。

ホンシムは両班の地位、以前の名前を取り戻したがソンジュ村へ戻って以前のように生活していた。

一方ひたすら王の代わりに政治を進める事になり仕事に打ち込むユル、世間や周りからは世継ぎとして結婚を期待されるのだが本人はその気が無いようだった。

父である王はユルに女性を送り込むが全く興味を示さない…

国の未来を危惧した王はジェユンに相談し”ある案”を実行することに!

ある日ユルジェユンがソンジュ村へ嫁を取りにいくという手紙が届いた。

そこで”ピン”ときたユルは居ても立ってもいられずソンジュ村へ、そうイソ(ホンシム)のもとへ急いだのです。

ちょうどソンジュ村では王の命令のもと”また”集団お見合いが開かれることに。

そこにイソをはじめジェユンユルも参加、しかし結果はイソジェユンがマッチング!その訳はやはりイソは過去のこと(兄のことなど)を気にし本心を開放できないでいたから。

しかし納得できないユルイソに近づき「なくした書物を探して欲しい」という仕事を依頼。

イソが見つけたその書物はユルの日記、そこには深いイソへの思いが綴られていたのだ、それを読んだイソは涙を流しユルへの思いを再確認したのだった。

家に帰ったイソ、そこに訪れたユル

2人はキスを交わし結ばれたのでした 〜END〜

100日の郎君様の最終回の感想

100日の郎君様の最終回の感想

最終回ですが大きく分けてチャオンとの決着、ユル・イソとの結末の2点に分けて話したいと思います。

チャオンとの決着

チャオンとの決着ですが、最後の”罠”って罠ってほどでもなかったような…。

おそらく素直で実直なユルですから1人でやってくると思ったんでしょうが、さすがにハメられると分かっていてそれはないですよね。

そしてチャオンがイソを捕えていた!というのは嘘だったのかな?わざと捕らわれたフリをしていたのか?たまたま邑城にいたのか?その辺がモヤッとしててう〜ん。。。

まぁ結果チャオンはしっかり負けて命を落とし、うまく収束したのでよいんですけどね。

最期チャオンがユルを刺そうとしたように見えたシーン、手にもたせた手紙は王に渡った「子供たちに罪を問うことはしない。これは国王としての命令だ。」というアレですよね。

最後まで憎らしくってここは逆に良かったなと。

ユル・イソとの結末

ユル・イソの結末ですが、邑城で再会しユルが「一緒になろう」と伝えた時に断ったイソですが、ちょっとえぇぇぇ!って思いました。

確かに兄ムヨンのせいでユルが命を落としかけたりしたものの、ユルはそれも仕方ないと分かっていたはず。

ユルの申し出に応える事で、”申し訳ないという気持ちの精算”ができるように思うのですが、そんな単純というか都合のいい話じゃないんですもんね(汗)

まぁ結果その後、ソンジュ村でお見合い失敗からの依頼→熱い日記→エンディングと描くことでよりユルの強い気持ち&どんでん返し感がより演出されたのは事実ですが。

なんだかんだ最後の最後にみんな丸く納まってよかったです!

最終回〜その後が気になる

しかしながらその後どうなったのかな?と気になるところがありました。

ユルとイソの結婚

2人の幸せな様子が見たかったなぁと、そしてイソの王妃姿も美しいだろうなぁって思うんです(笑)

宮廷内で繰り広げられるツンデレも見たい!

ジェユンのこと

ジェユンも独身でいい年齢なので彼の幸せな様子がみたかったなぁという願望。

仲の良かった妓生のエウォルと♡なんて…流石にそれは色々難しいのか(汗)

じゃなくてもいい人柄でイケメンですし絶対モテるはずですよね(笑)

ユルの義弟ソウォンや義母である王妃

母はアレですが、ソウォンは賢いのでその後どうなったのかな?と。

ユル&イソに子供ができればやがてその子が王位を継ぐことになるはずで、きっとドラマの”その後”も跡目問題は起こったりしたのかもしれませんね!?

→などなど気になることがたくさんありますよね。

相関図や主要キャスト→こちら
気になるムヨン・セジャビョン・トンジュについて→こちら

ぜひご覧になってみてください!

まとめ

100日の郎君様の最終回のあらすじから感想、その後について書いてきました。

感想について、大まかに言えばもちろん満足!なんだかんだ言いながらとっていいドラマだったと思います。

”その後”や”続編”は実際難しいと思うので色々妄想して楽しむのが○かなと!

ではでは〜。

関連記事