20代におすすめっ90年代〜平成初期の懐かしいドラマを想い出順にランキング!

時代は令和に変わりましたが皆さんいかがお過ごしですか?
そんな今ここでは”あえて”平成を振り返るべく懐かしいドラマを見てみるのはいかがでしょうか?

90年代といえばドラマがエンターテイメントの中心!
と言っても過言ではないほど沢山のドラマが生まれ、ヒットしていました。

スポンサーリンク

ちょうどその頃生まれた20代の方々には懐かしさとともに、新鮮さを感じるかもしれませんね!?

ここではそんな90年代〜平成初期の懐かしいドラマを想い出順にランキングしました!

『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で30日間無料おためしレンタル

↓80年代のおすすめ懐かしいドラマ↓

80年代の懐かしいドラマのおすすめランキング、コレをチェックすれば間違いなし!

2019.05.06

20代にもおすすめの90年代〜の懐かしいドラマランキング!

それでは物語の概要やおすすめポイント、ご覧になった方の感想を含め順に紹介していきますね。

第10位 南くんの恋人

漫画原作の作品でこれまでに4回もドラマ化された作品。
その中でも1994年にドラマ化された第二作目、今をときめく武田真治が”南くん”をつとめた時の作品がここにランクイン!
歴代作品の中でもこちらがいちばん評価が高いですね。

女子高生だったちよみ(高橋由美子)が事故の衝撃で、身長16センチの小ささになってしまう。
そんなちよみと恋人の南 浩之(武田真治)の秘密の同棲生活がスタート、そんな2人の恋の物語!

感想

ジャンルとしては、ファンタジーですよね。
泣く所までは行きませんでしたが、まあまあジーンと出来たドラマですかね。
そして最後がとても残念。。。
彼女が小さくなってしまう、というのが斬新。
それまで恋愛ものは見たりしなかったのですがこれは見ていました!
ツッコミどころはたくさんあるけど、フワッとした雰囲気はこのキャストならではじゃないかな?
すっごく面白い!って訳じゃないけどたまにふと思い出す、そんなドラマ。

第9位 101回目のプロポーズ

最終回では36.7%という今では考えられないような視聴率。
武田鉄矢の「僕は死にましぇん!」というセリフはその年の流行語大賞にもなったという社会現象を起こした作品です。

真面目だけが取柄の中年サラリーマン達郎(武田鉄矢)。
これまでお見合いで99回断られ100回目に会ったのがチェロ奏者の薫(浅野温子)だった。
もちろん断られる達郎だったがどうしても諦めきれず薫に猛アタックを続けるが・・・

というストーリー。

感想

”恋の病”という言葉はコレを言うんだなと。それほど見事な武田鉄矢の演技が印象的。
純粋な気持ちが見た目やスペックを越え人を惹きつけると 感動しました!
とってもベタな展開でしたがソレもまた良し。
さらにいいところで流れるチャゲアスのSAY YESが名曲すぎた!
勧められてちゃんと初めてみたが最高。
武田鉄矢と江口洋介の兄弟愛がすばらしく、無償の愛が尊すぎて、涙涙の感動😭
泣いたり、怒ったり、悔しがったり、そんな感情表現を全力でしちゃう人は、素直に素敵だなと思った。

第8位 あすなろ白書

大学で出会った5人で作った『あすなろ会』というサークル。
その5人が学校生活をともにしながら恋愛、退学、別れ、死、同性愛、卒業、帰郷などで いずれバラバラになってしまう。
しかしお互い忘れられなかったなるみ(いしだひかり)と掛居(筒井道隆)は・・・

という恋愛&青春ストーリー。

感想

主役じゃないものの取手役のキムタクが最高にカッコいい。
そしてヒロインに振られるキムタク。
これをみて一気にファンになりました。
むしろ筒井道隆や西島秀俊の印象が薄い…。
ただ観ているだけで切なくなるドラマ。
キムタクの、「俺じゃダメか?」は名ゼリフ!
イチバンの胸キュンを頂きました。

第7位 高校教師

生物教師として日向女子高校へ赴任した羽村隆夫(真田広之)生徒である二宮繭(桜井幸子)との禁断の恋の物語。
同性愛や近親相姦など社会的など禁断のテーマを描いた衝撃的な作品としても話題になりました。

 

感想

羽村先生を観ていると切なすぎて・・・
それで気づかないうちに感情移入しちゃっていました。
そして京本政樹の鬼畜っぷりが凄くて背筋が凍りました。
とにかく見て下さい!
純心、寂しさ、バイオレンス、とにかく作品全体で暗い雰囲気。
そこに森田童子の歌。
何より真田広之の演技が凄い。
心に焼き付くドラマです。

第6位 家なき子

貧しい小学校6年生の相沢すず(安達祐実)、は養父である相沢悟志が母親に暴力を振るう様子を発見。
そんな養父を殺害するために自分の住むアパートに放火!
それにより『家なき子』となり養母に引き取られる事からますます波瀾に満ちた人生に。
壮絶な環境の中強く行きていく少女の物語。

感想

今見ても衝撃的でありえないような事ばっかり起こるその内容はやはり凄い。
父はもちろん、母もなんだかんだダメで救いようがないという。
最初いい先生だった保阪尚希が悪者になって現れたのも(泣)
これだけ救いようのない環境ってシャレにならない。
やっぱり「同情するなら金をくれ!」というフレースですね。
便所おにぎりがとにかく衝撃的でした。
これだけ派手なイジメシーンは今じゃ考えられない。
というかよくよく考えるとすずのお母さんは手術費用が子供に用意できると信じてっるっておかしくない?

第5位 王様のレストラン

倒産寸前だった高級フレンチレストラン「ベル・エキップ」を亡き父親から相続した原田禄郎(筒井道隆)が伝説のギャルソンたちと立て直すストーリー。
一風変わった設定ながらコメディ・恋愛・感動すべてを詰め込まれている三谷幸喜の代表的作品。

 

感想

コメディタッチでシーンはほぼ店舗内にもかかわらず、テンポが良く全く飽きることなく最後まで観られます。
個性的なキャラクター、ストーリー、音楽すべてが最高です。
近頃の三谷作品に批判が多いのはこの頃の作品が良すぎたからだと思う。
何度も観ていますが、その度に新しい発見があるドラマ。
コミカルタッチなんだけどうまい具合にシリアスな話も盛り込んでいてそのバランスが秀逸。
一話完結なんだけどすべてが上手くつながっていて最後まで飽きずに観られます。
文句なく面白い、おすすめ!

第4位 金田一少年の事件簿

人気漫画原作の実写版

名探偵・金田一耕助を祖父に持つ高校生・金田一一(堂本光一)による本格推理ミステリードラマ。

感想

堂本剛の一番いいときがココにあります。
そして凝ったトリックと意外な犯人、ストーリーがしっかりしていてドキドキしながら楽しめますね。
原作とは所々違いますが、それを気にさせないで見せてくれます。
事件のシーンがグロくて当時とても怖かった記憶がある。
しかしそれによって緊迫感が感じられ、同時にわくわくした。
音楽、BGMも良くとても良くできているドラマだった。
ちなみに松潤・亀梨版は本当に残念でならない。

第3位 古畑任三郎

警部補・古畑任三郎(田村正和)が事件を解決していく一話完結の推理刑事ドラマ。
物語前半で大物ゲスト犯人の犯行シーン、その後に古畑が犯人を追い詰めていくというそれまでになかった新しいスタイル。
「誰が真犯人なのか?」ではなく、「真犯人をどうやって追い詰めるか?」という斬新な切り口で人気を博しました。

感想

刑事コロンボのオマージュ?って言われているみたいだけど、そっちを知らない。
犯人が意地悪な感じでやってくると古畑も意地悪になっていくところが面白い。
田村正和はこのドラマのために生まれてきたんじゃないか?と思うほどハマっている。
いつ何度見ても面白いドラマです。
第1回のゲストから中森明菜って凄すぎるし、なんだか外国のミステリーっぽいし。
今泉や西園寺のキャラも最高。
家族で何度見たかわからないくらい楽しませてもらいました。

第2位 GTO

元ヤンの鬼塚英吉(反町隆史)は『若い生徒と・・・』という不純な動機で高校教師に。
しかし学級崩壊寸前のクラスの担任になって鬼塚はまっすぐで豪快なそのスタイルで生徒たちを更生させる。
という学園ドラマ。

後に反町隆史はこのドラマで共演した松嶋菜々子と結婚したというのも有名なエピソードですね!

感想

やっぱり鬼塚先生はほんとうにいい先生だなぁって思う!
生徒の気持ちを分かっている、って言うよりは鬼塚先生が自然と生徒と同じ目線に立っている所が良い。
生徒も凄く味があっていいドラマ。
金八より英吉でしょ。
今こんな教師がいたら大問題になっているけど、鬼塚は間違いなく教師として必要な大事なものを持っています。
毎回最後にボロ泣きしながら見ていました。
ほんとにイイ!

第1位 ひとつ屋根の下

両親を事故で失った柏木家。
それぞれ違う親類に預けられバラバラになっていた兄妹だが、長男の達也(江口洋介)は婚約した事を伝えるために
7年間会っていなかった兄妹に会いに行った。
それから徐々に兄妹達は達也の家に集まり家族としての絆を取り戻していく、というホームドラマの名作中の名作。

感想

アットホームドラマと言われていますが、内容的にはかなりドロドロしています。
その辺が”野島作品”ってところなんでしょうけど・・・。
結果的に不幸やドロッとした部分があるからこそ家族の絆が際立ったのかな?と。
それにしても兄弟が似てなさすぎて草。
厳しい現実があるんだけど、家族が明るく照らすことで困難を乗り越え傷付きながら大きくなっていく、平成の作品ですが昭和な香りがする作品。
それぞれのキャラが個性的で、とても素晴らしかったです。
再放送をしてほしいですが、出演者の方々に様々な事情があり過ぎて難しいのでしょうかね。

90年代〜の懐かしいドラマを無料で楽しむ方法

今回紹介した10作品ですが、VOD(ビデオオンデマンド)で楽しめるもの、そして実際にレンタルしなくては見られないものもあります。
そこでそれぞれの作品を楽しむことが出来るサービスをまとめました!

おすすめ順位 作品タイトル 観ることが出来るVODサービス
第1位 ひとつ屋根の下 fod
第2位 GTO fod(ポイント利用)
第3位 古畑任三郎 fod
第4位 金田一少年の事件簿
第5位 王様のレストラン fod
第6位 家なき子  hulu、ビデオマーケット(ポイント利用)、U-next、ビデオパス
第7位 高校教師  hulu、ビデオマーケット(ポイント利用)、fodU-next、ビデオパス
第8位 あすなろ白書
第9位 101回目のプロポーズ  fod
第10位 南くんの恋人

となっています。(本ページの情報は2019年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT Hulu、FOD,各サイトにてご確認ください。)

金田一少年の事件簿、あすなろ白書、南くんの恋人、この3作品はVODサービスでは視聴することが出来ません。(2019年5月現在の情報です。)

しかし!

『あすなろ白書』、『南くんの恋人』以外の8作品はTSUTAYAの宅配レンタルサービス『TSUTAYA DISCAS』でレンタル可能です!
最短翌日にDVDが届く&返却はポストに投函すれば OKというらくちんサービスです。
というか『TSUTAYA DISCAS』では今回紹介した全10作品のうち8作品がレンタルor視聴可能。

『あすなろ白書』、『南くんの恋人』の2作品は現在VOD、レンタル共に利用できるサービスはありませんでした(汗)

TSUTAYA DISCAS新規ご登録で動画見放題&定額レンタル8プランがおためし新規登録30日間無料で楽しめます!!!

しかも

TSUTAYAのCD/DVDが借り放題※で、ご自宅まで配送するサービスです。

※9枚目以降は旧作のみ対象となります。
※無料期間中、定額レンタル8のDVD新作は借り放題の対象外です。

出典:TSUTAYA DISCAS公式HP

ということで今回紹介した作品は”旧作”にあたるので期間中借り放題なんです。
この機会に宅配レンタルを是非お試し下さい!!!

『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で30日間無料おためしレンタル




関連記事