24時間テレビ、有吉反省会で相撲したアリーナボイコワってどんな人?

夏の終わりの24時間テレビ!
今年の24時間テレビはトライアスロンやスペシャルドラマ、人気番組のスピンオフなど特別企画の目白押しで目が離せませんが、その中でも気になるのが深夜時間帯のバラエティ。

深夜26:40ごろから始まった『今夜人生が変わる!?アイドルだらけの有吉 生 反省会』、そこに出演したウクライナ出身の女子相撲選手であり、元世界王者のアリーナボイコワ(アリナボイコワ)さんが一体どんな人なのか気になったんです!

スポンサーリンク

ここではアリーナ・ボイコワについて深く掘り下げていこうと思います。

アリーナ・ボイコワのプロフィール

アリナ・ボイコワ(アリーナ・ボイコワ)

生年月日  :1985年1月12日 (33歳)
身長    :164cm
体重    :64kg
最終学歴  :タラス・シェフチェンコ記念キエフ国立大学
星座    :山羊座
出身    :ウクライナ リウネ州ベレーズネ地区ゴロディーシェ村
階級    :軽量級
趣味    :刺繍、旅行、映画、音楽鑑賞

国内外での成績からアマチュア相撲のウクライナ名誉スポーツマスター、サンボの国際クラススポーツマスター、柔道のウクライナスポーツマスターの称号を授与されています。

運動を本格的に始めたのは13歳の時、スポーツクラブに誘われ、レスリングや水泳などからスタートしたアリーナさん。
様々なスポーツを体験する中でも心を奪われたのが格闘技でした

実はウクライナでは相撲が人気!?

昭和の大横綱『大鵬』はウクライナ出身の父と日本人の母のハーフ。
それもあってか(?)相撲人気の高い国なんです。

アリーナさんは相撲はもちろんですが、ロシアの軍隊格闘術『サンボ』、柔道など、打撃のない組み技主体の格闘技にのめり込み、トレーニングをストイックに打ち込みながら体得、大会などで好成績を挙げ頭角を現していきました。
それから

2004年欧州サンボ選手権大会軽量級 優勝
2004年サンボワールドカップ軽量級 優勝
第16回ヨーロッパ相撲選手権大会軽量級 金
第3回世界女子相撲選手権大会軽量級 優勝
第5回世界女子相撲選手権大会軽量級 優勝
第8回世界女子相撲選手権大会軽量級 優勝
第9回世界女子相撲選手権大会軽量級 優勝
ワールドゲームズ2005デュースブルク大会相撲競技 金
ワールドゲームズ2009高雄大会相撲競技 金

とこれまで多くの大会で優勝及び金メダルを獲得しています。

これまで13回開催されている『世界女子相撲選手権大会』(ちなみに直近の第13回大会は2018年に開催されたばかり)で4度優勝されているアリーナさん。

実は『世界女子相撲選手権大会』って階級が4つあって

  • 無差別級
  • 重量級、80kg以上
  • 中量級、80kg未満
  • 軽量級、65kg未満

となっています。
すべての階級の中でも4度優勝しているのはアリーナさんだけ、もはやレジェンドクラスの強さというわけなんです。

24時間テレビでは

24時間テレビで対戦した『ぱいぱいジャパン』の3人の体重は

  • ぱいぱいでか美 44kg
  • 大橋ミチ子   105kg
  • 才木玲佳    50kg以下

と全員体重がバラバラ。
3人はこんな感じ↓

スポンサーリンク

やはり相撲選手権王者の中でもの軽量級王者が”ちょうどいい感じ”なのかもしれませんね。
ぱいぱいさんは細すぎるし、才木さんは筋肉質で『戦えそう!』と思ったのですが、身体が小さく軽い(汗)
大橋さんは体格は申し分なく体重差40kgとあってこれは”イケる”でしょ!と思ったのですが・・・ね。

それでもやはり世界王者(元)が余裕で勝ってしまうのは当たり前ですよね。

アリーナさんの好きなタイプは?

アリーナ・ボイコワさんの好きなタイプは元プロボクサーで世界王者の『コンスタンチン・チュー』さん。

彼女より15歳年上で

こんな感じの方!
というか強い女性は強い男性が好きなんですね!?

そんなアリーナさん、現在はまだ結婚されていないようですよ!

まとめ

今回は女子相撲元世界チャンピオンのアリーナ・ボイコワさんについて色々調査してみました。
相撲だけでなく組み技格闘技全般得意というのがすごいですね。

いろいろ調べてたら女子格闘技に興味が出てきちゃいました。

気になる選手が見つかったら紹介していこうと思います。
それでわっ!

スポンサーリンク




関連記事