80年代の懐かしいドラマのおすすめランキング、コレをチェックすれば間違いなし!


今からおよそ3〜40年前になる1980年代。
時代はバブル経済が最高潮の頃で日本は好景気に沸いていました。

そんな時代が反映された(?)当時のドラマには今見ても楽しめる作品が沢山。

スポンサーリンク

ここではそんな80年代の懐かしいドラマを10作品、独断でおすすめ順にランキングしました。

いずれも名作ばかりなので懐かしいドラマが見たい方には参考になると思いますので是非ご覧になって下さい!

『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で30日間無料おためしレンタル

80年代の懐かしいドラマのおすすめランキング!

それでは物語の概要やおすすめポイント、ご覧になった方の感想を含め順に紹介していきますね。

第10位 スチュワーデス物語

パイロットであった今は亡き父親の思い出を胸に、スチュワーデスへの道を進みだした高卒訓練生である松本千秋(堀ちえみ)。
訓練期間中に村沢教官(風間杜夫)との恋愛や、教官の元婚約者(片平なぎさ)からの嫌がらせ、そして訓練生寮「くれない寮」に住む仲間との友情や衝突を通して一人前のスチュワーデスに成長していく姿が描かれた作品です!

感想

「私はドジでノロマな亀」や「やるっきゃないっ‼︎」というフレーズが懐かしい!
そして真理子(片平なぎさ)の迫真の演技がスバラシイ。
今見るとあの義手が・・・(笑)
当時JALの全面協力を得ていたということで実際の訓練施設や旅客機などが登場するリアリティ。
めっちゃ豪華な画で旅気分が味わえたような気分。
しかし2人の最後が何だかね。

第9位 毎度おさわがせします

親の目を盗んでみんながこっそり観ていたドラマ!
パソコンやスマホがない&コンプラ緩め時代のギリギリ作品。

多摩ニュータウンを舞台に中学生の森のどか(中山美穂)と大沢徹(木村一也)、のどかの兄の森祐介(高橋和也)、佐野倉良太(江端郁世)などの中・高生が繰り広げるちょっぴちえっちなホームドラマ。

感想

リアルタイム時は小学生くらい、アイドルの男女がわいわい演じる青春ドラマっていう”体”でしたが結構きわどい内容だったかなと思います。
Hなものに触れる機会が他になかった時代なのでドキドキしながら観ていました。
初めての色々を経験していくような内容で自分もこの先あんなことしちゃうのかなぁ?なんてイケナイ妄想してました!
中山美穂のデビュー作なんですね。
この作品で初めてみてなんて可愛いコなんだろう、と思いファンになりました。
全国のPTAから反発があったみたいですが納得、それほど人気があったってことですね!?
今見ても面白いのかな?
気になるのでチェックしてみようかと思います。

第8位 西部警察

アクションやスタント、爆破などシリアスで壮大な刑事ドラマの決定版。
放送開始は1979年ですがその後1980年代に渡って永く放送されたのでランキングに入れました。

城西地区を管轄する西部警察署捜査課の刑事たちは、大門圭介部長刑事(渡哲也)率いる「大門軍団」の異名で犯罪者から恐れられる敏腕刑事がばかり。
そんな彼らを見守る捜査課長・木暮謙三警視(石原裕次郎)ら署員たちが悪と戦う刑事ドラマ!

 

感想

徹底したアクションシーンで刑事ドラマというよりは完全に活劇物といった趣だったかと。
今ではありえないような過激な表現が多く、好き嫌いがはっきり分かれるかもしれませんがとにかく刺激的です!
悪に対し一方的なスパルタ制裁はさすがに・・・
これは刑事ドラマというより特撮ヒーローの延長線上にある作品と自分は思って観ていましたね。
マシンXなどの特殊車両は刑事ドラマの枠をすでに超越していますしwww
逆にそれもあってかストーリーはあまり印象に残らないという。
スカッとしたい人に良さそうです!

第7位 ふぞろいの林檎たち

20歳前後の立場や環境、置かれた状況が違う男女8人が、学歴の劣等感など様々な問題にぶつかりながら成長していく姿を描いた青春ドラマ!
当時”学歴社会”というのが今以上にはっきり存在していた時代。
そんな中、4流大学に通う若者のリアルとそれでも強く行きていく姿を描いた作品です。

感想

当時ちょっぴり泥臭いリアルな憧れを持って観ていました。
しかし今改めて観ると学歴をがテーマ、そこから出る劣等感や現実など考えさせられる内容ですね。
親子の関係も昔っぽくて”こんな時代もあったんだなぁ”と。
人間模様がとてもよく表現されており、恋愛、仕事、家族それぞれが複雑に絡み合いとても現実味があります。
私の人生の教科書になった作品ですね。
ちょうど私の青春時代と重なったので余計そう思ったのかも知れませんが、本当に素敵な作品だと思います。

 

第6位 男女7人夏物語

旅行代理店ツアーコンダクターの今井良介(明石家さんま)が、朝起きるとベッドに知らない女が寝ていた。
その女性は神崎桃子(大竹しのぶ)。
初対面で意気投合したのだが酔って記憶を無くし泊めてたようだが…
もちろん桃子も記憶がなくって目を覚ますなり大騒ぎ!
というところから物語はスタート。

大人の男女7人の入り組んだ恋愛模様が描かれています。
後の90年代に大流行するトレンディドラマの先駆けとも言える作品ですね。
このドラマがきっかけで主演である明石家さんまとヒロイン役だった大竹しのぶが交際→結婚したことでも有名ですね!

感想

さんまさんと大竹しのぶがこの共演後に付き合ったそうですが、このやりとりを観ていると
撮影中からデキてたんじゃない?
というぐらいにぴったりあった掛け合い!
当時ラブコメというか本格的な恋愛ドラマがなかったのでハマりましたね。
そしてさんちゃんとしのぶが付き合ってもないのにこんだけ息ぴったりってホント運命じゃないかって。
離婚してしまったけど運命の相手だと思うんよ…
どうして離婚したんだろう…まじで凄く悲しい。

 

第5位 スケバン刑事

当時ヒモが鎖のヨーヨーが欲しくて街中のおもちゃ屋や駄菓子屋に探しに行ったっけ。

少年院に収監されていた麻宮サキはそこを訪れた警察内で強い権力を持つ「暗闇警視」に学校の中で起きる事件を
より深く捜査するため、潜入操作員としてサキをスカウトしに来た。
死刑囚の母の減刑と引き換えを条件に引き受けることになった。
桜の代紋が入った鉄のヨーヨーを持ち、学生刑事として事件を解決していくストーリー。

感想

原作が好きだった自分には受け入れられませんでしたね。
ストーリーの重さが全然無し。
しかも刑事というよりは段々忍者同士の戦いになっていった感じだし。
逆にツッコミどころ満載で面白いです!
特撮でも刑事ドラマでもない学園ドラマ笑
ヨーヨーなんですが、それでヘリを落としたのは驚きでしたね。
色んな意味で楽しめました。

 

第4位 スクール☆ウォーズ

荒れまくった不良だらけの川浜高校、そこにラグビー日本代表だった滝沢賢治が体育教師として赴任。
ラグビー部の監督に就任し適当・激弱だった同部を育てていくというストーリー。
熱い滝沢は本気で生徒と向き合い不良少年たちが改心し成長していく姿が見ものです!

感想

ありえないくらい荒れた学校ですが、当時は本当にそんな学校が本当にあったと聞き驚愕・・・
一応フィクションだそうですが、滝沢賢治にはモデルがいたそうでラグビー部自体も実際にモデルが有るのだそう。
派手さや熱さがネタにされがちですが生徒と教師の絆がとても美しく、現代に失われてしまった何かがココにあるような気がします。
心が乾いてしまったひとに是非観てほしいですね。
ルーキーズはスクールウオーズの現代版?という感じがします。
野球とラグビーという違いはありますが熱血指導では通じるかなと。
とにかく熱くなって、手に汗握って観ることが出来るのでおすすめです。

 

第3位 教師びんびん物語

銀座第一小学校に赴任教員歴3年の徳川龍之介(田原俊彦)は単純、理想主義の熱血教師。
家がない徳川は4年の担任で超豪華マンションで一人暮らしをする榎本英樹(野村宏伸)の家に居候。
統廃合問題で揺れる都会の学校、先生たちと小学生特有の繊細でありつつ生意気な子どもたちとの心あたたまる物語です。

感想

トシちゃんのウザいほどまっすぐでやや暴走気味なんだけど本人に悪気は無いというところ、さらに全体よりもより個人の自主性を押し通すことなどトシちゃんの人柄が、主人公のキャラにピッタリ合ってて凄く入り込めます。
都会なんだけど今よりゆったりな時間の流れを感じられたのもGOOD。
懐かしいだけでなくキャスト・ストーリーも良質な、よくできたドラマです。
教師と子どもたちのふれあいや成長、そしてその土地ののシビアな現実問題をいいバランスで織り交ぜてあり話としてよくできていた。
トシちゃんの一番輝いていた頃の作品というだけではなく、一つのドラマとしてとても素晴らしい作品だった。
もちろんトシちゃんファンじゃなくっても必見!

第2位 パパはニュースキャスター

独身主義のニュースキャスター・鏡竜太郎(田村正和)には酒を飲むと記憶が飛ぶ癖があった。
そんな竜太郎の元に12年前に飲んでいた時に口説いた3人の女性との間に出来た子供がいきなりやってきた。
国民的キャスターが突然3人の娘の父親になることで起こるドタバタ劇。
コミカルなホームドラマです。

感想

とにかく今ではありえない無茶苦茶な設定笑
本人はいたって真面目に演じているのに笑っちゃう(それも狙い?)そんな2枚目コメディを演じる田村正和の真骨頂ではないでしょうか?
”シリアス”ではないので気負わずに楽しめる明るい作品。

ストーリーはもちろん面白いんだけど脇役やゲストも豪華。
故逸見政孝さんや故美空ひばりさんをはじめダウンタウン浜ちゃん、お隣さんには所ジョージさんなどドラマでは観られない方々が多数。
最初は子どもたちを邪魔に思っていたのだが段々親子の絆が深まってくるところがイイ。

第1位   あぶない刑事

『あぶデカ』の名で親しまれるこの作品
横浜の港警察署捜査課のコンビ、タカこと鷹山敏樹(舘ひろし)とユージこと大下勇次(柴田恭兵)のコンビが織り成すアクション刑事ドラマ。
シリーズ通して大きな敵組織となる広域暴力団”銀星会”など
当時最先端のオシャレな雰囲気や笑いなど盛り込み人気を博した作品です!

放送された後に出演していた浅野温子・仲村トオルなどの出演者はブレイク。
2010年代まで(もちろん空いた期間はあるが)続編の制作がされたほど。

感想

バブル感あふれる雰囲気が懐かしくてたまりません。
木の実ナナや浅野温子のファッションも!!!
いい意味でムダというか遊び心があって楽しいですし。
やっぱりタカとユージのコンビは最強です。
今ではありえない爆破やアクションが懐い。
銃撃戦やバイクアクションなどこの時代の派手さが炸裂しています。
カッコよさのお手本です。

80年代の懐かしいドラマを無料で楽しむ方法

今回紹介した10作品ですが、VOD(ビデオオンデマンド)で楽しめるもの、そして実際にレンタルしなくては見られないものもあります。
そこでそれぞれの作品を楽しむことが出来るサービスをまとめました!

おすすめ順位 作品タイトル 観ることが出来るVODサービス
第1位 あぶない刑事 hulufod、ビデオマーケット、prime見放題
第2位 パパはニュースキャスター PARAVI、ビデオマーケット(ポイント使用)、 prime(課金レンタル)
第3位 教師びんびん物語
第4位 スクール☆ウォーズ
第5位 スケバン刑事 hulu、ビデオマーケット、fodU-next
第6位 男女7人夏物語
第7位 ふぞろいの林檎たち
第8位 西部警察 U-next、ビデオマーケット、prime(課金レンタル)
第9位 毎度おさわがせします
第10位 スチュワーデス物語

となっています。(本ページの情報は2019年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)

空白の教師びんびん物語、スクール☆ウォーズ、男女7人夏物語、ふぞろいの林檎たち、スチュワーデス物語、この6作品はVODサービスでは視聴することが出来ません(2019年5月現在の情報です。)

しかし!

それら6作品はTSUTAYAの宅配レンタルサービス『TSUTAYA DISCAS』でレンタル可能です!
最短翌日にDVDが届く&返却はポストに投函すれば OKというらくちんサービスです。
というか『TSUTAYA DISCAS』では今回紹介した全10作品がレンタル可能。

TSUTAYA DISCAS新規ご登録で動画見放題&定額レンタル8プランがおためし新規登録30日間無料で楽しめます!!!

しかも

TSUTAYAのCD/DVDが借り放題※で、ご自宅まで配送するサービスです。

※9枚目以降は旧作のみ対象となります。
※無料期間中、定額レンタル8のDVD新作は借り放題の対象外です。

出典:TSUTAYA DISCAS公式HP

ということで今回紹介した作品は”旧作”にあたるので期間中借り放題なんです。
この機会に宅配レンタルを是非お試し下さい!!!

『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で30日間無料おためしレンタル




関連記事