aNcari Room (アンカリルーム)って何者?本名、年齢、仕事や彼氏が気になる!




今回紹介するのは”aNcari Room (アンカリルーム)”というYouTubeチャンネルです。

こちらのチャンネルはベトナム関係の情報チャンネル。
ベトナムにお住いのAkari(あかり)さんが現地から発信するリアルな情報が評判となりじわじわ登録者数が増え、現在5万人オーバー!

ここではそんなaNcari Roomのあかりさんについて本名年齢仕事、彼氏の有無などについて調査してみました!

aNcari Room 概要
チャンネル名:aNcari Room
チャンネル登録日:2016/03/27  チャンネル登録者数50,000人(2019年2月現在)




aNcari RoomのAkariって何者?本名・仕事は?

YouTubeチャンネル『aNcari Room』は主である”Akari(あかり)”さんが実際に住んでいるベトナムの観光情報や生活について、時にあかりさんは歌ったりもしています。

ユーチューブチャンネル開設は2015年03月、それからゆっくりなペースですが動画投稿を続け少しづつ登録者数を増やしています。

素朴な雰囲気のあかりさん。
穏やかな雰囲気で話している様子を見ていると癒されますよね!?

それではあかりさんについて見ていきましょう。

Akari(あかり)さんプロフィール

 

 

View this post on Instagram

 

Akariさん(@ancariroom)がシェアした投稿

本名      :中谷茜理 (なかたに あかり)
生年月日    :1993年
出身地     :大阪府八尾市
最終学歴    :立命館アジア太平洋大学アジア太平洋学部卒
身長      :不明
体重      :不明
趣味      :ギターを弾くこと
所属      :無所属

大学時代に仲良くなった親友がベトナム人。
そこでベトナムに興味をもったあかりさん。

ベトナムでの現地採用を目指し大学を卒業されてすぐの2016年5月、ベトナムのホーチミンに渡越しました。
大学時代に仲良くなったというベトナム人の方の実家にホームステイされているんだそうですよ。

ベトナムに渡って始めの1年は語学学校に通いベトナム語をみっちり勉強されたそうです。
その頃からYouTubeへの動画投稿をスタート!

発信していくことで今後何かお仕事につながればいいな!という思い、そしてベトナムと日本の架け橋にという思いからだったのだそうです。

ちなみにあかりさんのお母様は台湾人、お父様は日本人なんだそうで大学時代にはプログラムで韓国やタイ、スイスやエクアドルなどに行っった他、休学し1年間ニュージーランドに留学をしていた等、とてもグローバルな方。
ベトナムの次はお母様の生まれ故郷である台湾に行く予定なのだとか。

日本語、英語、中国語、ベトナム語も話せる語学堪能なあかりさん

チャンネル名の由来は?

お名前が”あかり”さんなのにチャンネル名が”aNcari Room(あんかり るーむ)”という事で「あれっ?」と思った方も多いのではないでしょうか?

『aNcari Room』は名前の『akari』が『An ca-ri』とベトナム語でカレーを食べるという意味に聞こえるのが面白いと思って名付けたんだそうです。

現在のお仕事は?

 

View this post on Instagram

 

Akariさん(@ancariroom)がシェアした投稿


2018年、”aNcari Room”の動画にも出演されているユエンさんと、さらにもうひとりの方とで現地法人を設立されたという情報がありました。

日本とベトナムを繋ぐ事を目指し活動をされているようで文化交流イベントや、あかりさんが日本人にベトナム語を教えたり、インフルエンサーとして企業案件の紹介な色々な事をされているようですね!

あかりさんは結婚している?彼氏は?

質問動画で

「恋人はいますか?」

っという問いに対し否定せずに”意味ありげな表情”を見せていたあかりさん。
別のコメントであった

「もし良かったら付き合ってください」

に対しはっきり

「むりっすw」

と返答(笑)
ここまでハッキリと返すところはさすが国際感覚を持った方というか、はっきりしていて気持ちいですね。

勝手な想像ですが、すでに2年以上ベトナムに住まれていて言葉も話せるということで彼氏がいてもおかしくなさそう、と思うのですが実際はどうなんでしょう!?

まとめ

今回はベトナムから発信されているユーチューブチャンネル”aNcari Room (アンカリルーム)”について色々調査してきました。

ベトナムに魅せられたことから、実際に現地に住み、そして発信する!という行動力はすごいですね。
見習わなくてはと思いました。

最近は動画の投稿頻度が少し低いのが残念ですが、無理せずなが~く続けていってくれたらユーザーとしては嬉しい限りです。

そんな日越の架け橋になっている彼女をこれからも応援していこうと思います!




関連記事