(FumiShun Base)フミシュンベースって何者?日本人?

子どもたちが今一番憧れる職業YouTuber。
出尽くした!と言われながらもまだまだ新しいスターがどんどん登場してきていますよね。

今回調査していくのはYouTubeのチャンネル(FumiShun Baseフミシュンベース
フィリピンでブレイクし、今逆輸入という形で日本でもじわじわ人気が高まってきている人気YouTubeチャンネルです

スポンサーリンク

そんな(FumiShun Base)フミシュンベース・fumiyaさんの年齢や、なぜフィリピン?ってか日本人?などについて調査していこうと思います。

(FumiShun Base)フミシュンベース・Fumiyaってどんな人?

まずはプロフィールをまとめてみました。

本名    :山海ふみや (さんかい ふみや)
生年月日  :199x年x月x日 (23歳)
出身    :静岡県浜松市
最終学歴  :専門学校卒
身長    :170cm

お名前の通り完全な日本人です。

YouTubeを始める以前はmixchannelというアプリで動画配信していました。
女装したり、有名な曲を口笛で吹くなどの日常の”遊び”的な動画を多数UPしていました。
それらの動画は現在も残っていてファン(YouTubeでいう登録者数)は6000人に届きそうなほど!

それと並行して2015年からYouTubeも開始。
それからおよそ2年後の2017年5月、Fumiyaさんはフィリピンへ留学

理由は

日本人が作る意味のある洋服を作って海外に売りたい。

その為に海外で勝負するために必要なものはなんだと考えた時、英語力でした。

そして留学に行くことを決めました。

とブログで話していました。

渡比後、当初はYouTubeへそれまでと同様に”日本語で”フィリピンでの生活の様子を投稿していました。

しかしフィリピンへ渡って1ヶ月後辺りから英語を使い、サムネも英語の”フィリピンに向けた日本人の動画”の投稿を開始

日本人の視点から見た女優の印象やフィリピンフードの感想を拙い英語で伝える姿がフィリピン女子の間でバズり登録者数が激増。
本格的な動画投稿から1年ほどで20万人を突破しています。

登録者の多くは日本人ではなくフィリピン人ということでコメント欄はほぼ英語になってます!!!

そして動画自体も英語率高めですが字幕があるので大丈夫、日本人でも楽しめます。
というかフィリピンって何だかおもしろそうだな!?って感じますよ。

ちなみに現在は留学を終え東京に住んでいる模様です。

スポンサーリンク

フィリピンでは

テレビ出演も果たしています!

またフィリピンで人気急上昇中のブランド「Don’t blame the kids」のモデルもされています!

これって渋谷ですね!?

このようにYouTubeで動画発信をしつつ、日本・フィリピン両国のイベントに参加したり、マニラやセブでファンミーティングを開いたりしています。
それともともとの目的であった自身のブランド設立も少しづつ進んでいるようで、動画内でもオリジナルなTシャツを着てる事も。
もともとオシャレなFumiyaさんなのでどんなアイテムが登場してくるのか楽しみですね!?

その他、生配信もよくやっているのでチェックです!

現在YouTubeの他、インスタツイッターフェイスブックといろいろなSNSを使いこなしているところもさすがですね!

余談ですがフィリピンではメッセージのやり取りはLINEではなくFacebookメッセンジャーというアプリなんだそうですよ。
日本の間であまり使われなくなったフェイスブックを使っているのはそれもあるのかな?

弟もイケメン

動画を見ているとFumiyaさんには弟2人と妹が1人いるようです。
その弟さんは顔出ししているのですが、これまたイケメン。

ちなみに真ん中の弟、裕弥さんは180cm以上もあるのだとか!?

Fumiyaさんは身長170cmとのことですが、すごい身長差ですね。
御本人は成長期にきちんと睡眠を取らず夜更かししていたたかだとか・・・(笑)

まとめ

現在登録者数がどんどん伸びていっているFumiShun Base・Fumiyaさんは動画内では陽気で明るいキャラクターのイケメンですが、もともとしっかりとした自分の夢やビジョンがある事、そして今はそれだけでなくご自身がフィリピンと日本の架け橋になりたい!とハッキリ公言してそれに向けて活動しているところがかっこいいですね。

誰かに似ているなぁ?と思っていたら萩原聖人さんに少し似てるかも。そう思いませんか?

100万回を超える再生数の動画も出てきて更に勢いに乗るFumiShun Base、フィリピンでの認知度が高いチャンネルですがこれから日本でどれだけ大きくなっていくかとても楽しみですね。

YouTubeを通して多岐に渡る活動をしているFumiyaさん、今後もその動向を追いかけていこうと思います!

スポンサーリンク




関連記事